LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

効果を生かす方法は?スクラブの選び方と正しい使い方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「スクラブって、どういう基準で選んだら良いのかわからない…」
「そもそも、どんな効果があるんだろう…」

スクラブを使ったケアに興味を抱くと同時に、疑問や不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あるいは「話題になっていたから実際に使ってみたものの、 正しく使えているのかよくわからない…」という人もいるかもしれませんね。

スクラブ

そこで今回はスクラブの効果をはじめ、セレクトの仕方などについて詳しくご紹介していきます。

スクラブで得られる効果

スクラブは角質ケアアイテムの1つです。特に、ボディケアとして活用している方が多いのではないでしょうか。

そのスクラブケアで得られる効果として魅力的なのは、古い角質を落とすことで肌がツルツルになり、肌をなめらかに保つことができること。古い角質を落とすことができると、肌のザラつきやくすみなどの対策ができますよ。

スクラブ

正常な状態の肌は本来、ターンオーバーにより古い角質がはがれ落ちるようにできています。しかし、ターンオーバーのサイクルは、加齢やストレスなど様々な要因で乱れやすく、古い角質が肌の表面に残ってしまうことも。

肌の表面に古い角質が残ったままになっていると、メイクのりが悪くなってしまったり、吹き出物などの肌トラブルを引き起こしてしまったりします。スクラブによるケアは、こうした肌悩みの対策にもつながるのです。

スクラブの効果的な使い方と注意点

ここでは、スクラブの使い方や注意点をお伝えします。

清潔な肌を、優しくなでるように

スクラブを使用する際は、マッサージを施すようにするのがマスト。

マッサージといえども押し込むのではなく、あくまで優しくなでるくらいの力加減で行うことが大切です。同じ部分を何度もこすったり、力が強過ぎたりすると、肌に刺激を与えてしまうので注意しましょう。

顔のスクラブケアをする女性

また、スクラブを使用するときは、肌を清潔な状態にしておくことが大切です。

肌が汚れた状態で使用すると、肌トラブルの原因になるほか、スクラブの効果を半減させてしまう可能性も。タイミングとしては、シャワーをした後などが最適でしょう。

注意点

傷やニキビなどがあるとき、肌荒れしているとき、炎症があるときなどは控えるようにしてください。デリケートな部分や、皮膚が薄い部分への使用もおすすめできません。

また、スクラブケアを頻繁に行うのも控えましょう。

頻繁にスクラブをすることで、古い角質だけでなく、外部刺激からお肌を守るために必要な角質まで落としてしまうこともあるからです。その結果、吹き出物ができてしまったり、赤くなったりと肌トラブルにつながってしまう可能性があります。

スクラブの種類と特徴

スクラブにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴があります。それらを理解することで、使う部位やご自身の肌質に合わせたお手入れができるでしょう。

今回は代表的なソルトスクラブ、シュガースクラブについて解説します。

ソルトスクラブ

ソルトスクラブ

黒ずみや角質除去に使用されることが多いスクラブです。ボディに使うと、肌の引き締め効果も。塩なので粒子は大きめで、少し粗く感じます。

また、塩は体を温める効果があるといわれているため、血行促進に期待が持てるのもソルトスクラブの魅力のひとつです。血行促進により、新陳代謝アップも期待できるでしょう。

さらに、ソルトスクラブの中には、オイルとスクラブが混ざったタイプのものもあります。スクラブケア後の乾燥が気になるという方でも、オイルによってうるおいのあるツルツル肌へと導いてくれるでしょう。

シュガースクラブ

シュガースクラブ

粒子が小さいため、肌に負担がかかりにくいのが特徴。保湿効果も期待できるスクラブです。

砂糖は保水力が高いという魅力もあるため、うるおいを与えながら、肌のザラつきなどを取り除いてくれます。優しく角質ケアができるので、肌が敏感になりやすい方でもトライしやすいアイテムといえるでしょう。

スクラブの選び方のポイント

スクラブを使う女性

スクラブは、基本的に角質ケアとして使われるアイテムです。間違ったセレクトをすると、せっかくお手入れをしても、かえって肌にダメージを与えてしまう場合があります。

スクラブによる肌への刺激を避けるためには、最適なタイプをセレクトすることが大切。それでは早速チェックしていきましょう。

使う部位や肌質から選ぶ

顔など肌がデリケートな部分にはシュガースクラブをセレクトするのがおすすめ。シュガースクラブは水などに溶けやすく、粒子も小さいため、肌に負担がかかりにくいといわれているからです。

一方、肘やひざなど、ボディの角質ケアを目的とするなら、ソルトスクラブがおすすめ。角質ケアに加えて肌の引き締めも期待できます。薄着になり、肌の露出も増えるこれからの季節、肌のキメを整えてなめらかな肌に整えるスクラブケアは外せませんね。

効果で選ぶ

「肌のうるおいを守りながら優しく角質ケアをしたい」という場合は、シュガースクラブがおすすめです。砂糖には、肌を柔らかくしながらも、保水力があることから保湿効果も期待できるというメリットがあります。

血行促進や肌の引き締めを狙うボディケアには、やはりソルトスクラブがおすすめ。粒子が大きく粗いとはいえ、血行促進効果に伴って新陳代謝もアップさせることが期待できます。

香りで選ぶ

スキンケアで重要とされるのは、一般的にはそのアイテムの効果効能ですよね。ただ、いかに心地良い環境でお手入れを行うかということも大切です。

スクラブの香りも、バニラ、ムスク、フルーティーなどさまざまなものがあります。その日の気分に合わせて選ぶのも良いですし、香りが持続するスクラブもあるので、女子会やデートの前日などに使うなど、目的に応じて香りから選ぶのもよいでしょう。

心地良い香りに包まれながらケアをすることで、スクラブケアの時間が、極上のリラクゼーションタイムになるはずです。

まとめ

スクラブで角質ケアをするなら、顔、ボディなど使う部位によって、セレクトするアイテムを変えるのがマスト。使い方を間違えると、肌の負担となってしまうこともあるので、それぞれの特徴を知ってから使うことがおすすめです。

またタイプによっても期待できる効果はさまざまですし、香りにも豊富な種類があります。スクラブをスペシャルケアのアイテムとして、またはリラクゼーションアイテムとして活用するなど、ご自身にとってベストな使い方を見つけてみてください。

ライタープロフィール

美肌研究家 杉本 由美

薬事法管理者・コスメ薬事法管理者・コスメコンシェルジュ・アンチエイジングアドバイザー
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌づくりの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師を務めた経験も持つ。

【あわせて読みたい】
触れたくなるような柔らか肌を叶える、ボディスクラブ3つ
すべすべスッキリボディに!ソルトスクラブのつくり方
週1回で愛されうるツヤリップに!簡単スクラブパックのやり方
【#美金 vol.14】女を磨くスクラブでしっとりツルピカ肌に♡

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

【参考】
塩の美容効果 – 塩の専門店 塩屋 まーすや

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら