LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

ポイントは黄金比!失敗しない眉メイクのコツ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

テクニックが必要で、苦手意識を感じる人も多い“眉メイク”。でも一方で、眉はその人の人相や年齢・感情などが現れる箇所でもあり、印象を大きく左右するとても重要なパーツです。

整え方やバランスが難しいというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、押さえるべきポイントを知っているだけで、格段にキレイに仕上がるようになりますよ。

眉を描く女性

今回は、そのお手入れ方法から描き方のポイントまでご紹介していきます。

眉の黄金比とは…

まずは、どの角度から見てもキレイな理想形の作り方です。眉がキレイに見えると言われている「黄金比」を意識してみましょう。

・眉頭の位置
基本は小鼻の端から真上に上がった延長線上に。2、3mm内側にすると、ホリが深くなり鼻が高く見える効果があります。

・眉山の位置
黒目の外側と目尻の間におさめます。描き始めるとき、眉山に設定する所にアイブロウペンシルで少し印をつけておくとわかりやすいです。

・眉尻の位置
基本は、小鼻と目尻(もしくは口角と目尻)を結んだ延長線上に設定します。少し長めにするとフォーマルな印象に、短めにするとカジュアルな印象に仕上がります。

お仕事時のオフィスメイク、プライベートのカジュアルメイク…と、シーンによって少し調整するとぐっと垢抜けた眉に仕上がります。また、少しカーブをつけ、眉山を眉頭より少し上にしてあげることで、フェイスラインが引き締まって見え、いきいきとした印象になりますよ!

顔型別!自分に似合う眉の形

基本のバランスは黄金比を意識して描きますが、ご自身の顔の形に合わせて少し角度や太さ、濃さなどを変えるとさらに洗練された印象に仕上がります。顔型別のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

メイクをした女性

・丸顔タイプ
丸顔さんは、柔らかい印象を活かした、ゆるやかなアーチ形の眉がよく似合います。太さはあまり出さず、すっきりとした印象に仕上げましょう。

・面長タイプ
大人っぽい印象の面長さんは、直線的な眉が似合います。眉山のカーブが控えめのストレート眉にすることで、顔の縦ラインをカバーする効果も期待できます。太さを出しふんわりとした眉に仕上げましょう。

・逆三角形タイプ
このタイプは、シャープな印象をカバーする、ふんわりと丸みのある眉がおすすめです。眉山には、なだらかなカーブをつけ、少し短めにするとバランスよく見えます。

・ベース型タイプ
こちらのタイプも直線的な眉が似合いますが、面長さんとは違い、眉山をなだらかに描いた平行眉がおすすめです。角ばった眉山を作るとエラ部分も目立ちやすくなってしまうため、アーチを作ることで、エラ部分をカモフラージュさせましょう。

眉を整える基本道具はこの4つ!

ではここから、具体的なお手入れ方法をお伝えしていきます。使用する道具は、主に下記の4つ。これらは必ず準備しておいてくださいね。

14810E90-3F72-4B10-904E-9EF26B3E20E0

・スクリューブラシ
・眉専用のハサミ
・毛抜き
・カミソリ(電気シェーバー)

眉カットの手順

ここ数年は自眉を活かした自然な眉がトレンドなので、抜き過ぎたりカットし過ぎたりせず、できるだけ今ある眉を活かしましょう。ただ、あまりにも長過ぎたり、かけ離れたりしている毛は処理します。

その際、すっぴん眉ではどこを処理すればいいのかわかりにく、バランスが取りにくいので、理想の形を描いてから整えるのがおすすめです(描き方は次の項目でご紹介します)。

また、“眉頭”と“眉の上部”はカットしたり抜いたりすると不自然な印象になりますので、この2点の処理はNGです。

(1)スクリューブラシで毛の流れを整える

B114A486-B7AF-429B-8FFB-8646830B3F42

まずは、スクリューブラシで毛の流れを整えてからお手入れを始めます。
眉頭はボリュームがあると立体的に見えるため、軽く上向きに。中央部分から眉尻にかけては、毛流れに沿って整えます。

(2)長すぎる部分をハサミでカットする

A51CC0CB-6018-4599-AF24-EA4C9B6B7ADD

理想の形からはみ出ている部分を眉専用のハサミでカットします。
カットするのは、基本的に眉の下側部分のみです。カットし過ぎると眉の立体感がなくなってしまうので要注意。片側の刃を肌に垂直に当てたままハサミを動かします。

(3)余分な毛を抜くor剃る

unnamed (2)

理想の形から大幅に離れている毛のみ、抜くかカミソリ(電気シェーバー)で剃るなどして処理します。
抜いたほうが長持ちしますが、今後生えてこなくなるというリスクがあるので、生えている場所やバランスを見ながら処理しましょう。

(4)周りの産毛を処理する

unnamed (1)

最後に、眉の周りの産毛を処理しましょう。産毛がなくなると眉がすっきりとした印象になります。処理後は、しっかりと保湿し肌のケアを行ってくださいね。

眉の描き方の手順とポイント

ではここから、具体的な描き方の手順です。使用するアイブロウペンシルやアイブロウパウダーの色は、“髪色と同じもしくは少し明るめ”を選ぶと洗練された印象に仕上がりますよ。

(1)スクリューブラシで毛流れを整える

まず描き始める前に使用するのが、スクリューブラシです。眉頭は毛が元から上向きに生えている箇所なので、その流れに沿って上向きにとかします。続けて、中央部分は横へ、眉尻はななめ下に向かってとかし、毛流れを整えましょう。

(2)アイブロウペンシルで足りない毛を描き足す

アイブロウペンシルは、ペン先ができるだけ細めのものがおすすめです。1本1本毛を足すよう描くことができ、自然な印象に仕上がります。また、眉尻がすっと細くキレイだと、とても美しい印象になりますよ。

自眉が薄い人は、軽くアウトラインを作ってから始めると描きやすいです。反対に、自眉の毛量が多く濃い人は、足りない部分を足していくだけでOKです!

unnamed

一度ペンシルを眉に乗せたら、眉(地肌)からペン先を離さないように左右に動かしながら色を足していきます。眉尻は、細くスッと払うように。

また、描き始める前に、フェイスパウダーやパウダーファンデーションを眉の上に軽く乗せておくと、肌がさらさらになり皮脂崩れを防いでくれますよ。

(3)アイブロウバウダーでふんわり眉に

chh0hzA-1200

最後は、アイブロウパウダーで色を足しふんわりとした眉に仕上げます。アイブロウパウダーは、地眉が薄いという人にぜひ使ってみてほしいアイテム。2色もしくは3色入っているものを使用すると、色味の調整がしやすくおすすめです。

濃淡は、中央部分が最も濃くなるようにしっかり色を乗せ、眉頭が最も薄くなるようにすると自然に描けます。

DA7102C7-7BCC-44F0-9A4D-1B6F032F0A76

ブラシは、一方向ではなく毛の流れに逆らって動かすことで、地肌にもしっかり色がつき、どこから見てもキレイな眉に仕上がります。

理想通りの形にならない場合は自眉を活かして!

眉を整える女性

眉の黄金比や顔型別に似合う形はご紹介した通りですが、あまりにも元の眉がこのルールから外れているという場合は、無理に近づける必要はありません。

大幅に形を変えると、顔の表情や筋肉を動かしたときに不自然な印象になってしまいます。自眉の毛流れや位置を活かしつつ、理想の形に近づけるのがベストです。自眉がとても濃いという人は、やや明るめの眉マスカラを最後に使って、色を髪と合わせてみるといいですよ。

眉を整えると印象もUP!

眉を描く女性

眉は、その人の顔全体の印象を大きく左右する重要なパーツです。黄金バランスを意識し、整え方、描き方のポイントをマスターすると、ぐっと垢抜けた雰囲気になりますよ!

自分の持つ眉の特徴を活かしつつ、理想の眉を手に入れてくださいね。

ライター紹介

上田麻里

美容ライター/日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ/美容薬学検定1級/IOTA オーガニックコスメ検定
様々なWEBメディアにて美容記事を執筆。集英社MAQUIA公式ブロガーとしても活動中。本当に効果のある美容法を、理系大学出身・製薬会社勤務の経験から理系目線で追求し、“健康美”をテーマに情報発信をしている。

【あわせて読みたい】
私の眉毛は消えません!眉ティントのやり方とおすすめアイテム3選
ナチュラル仕上がり!ふさふさ眉毛が叶う神眉コスメ3つ
顔型別にアドバイス!陰影で叶える小顔メイクの基本
基本の「き」からプロが伝授!すっぴん風メイクのやり方まとめ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

【参考】
福井美余さんメイクセミナー(日本化粧品検定協会開催
渋谷の森クリニックの『ヴィーナス比』 – 渋谷の森クリニック

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

メイク・ファッションの最新記事はこちら