LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

ストレスケアや紫外線対策に!食べなきゃ損な旬フルーツ3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

いよいよ全国的に梅雨入り。むしむしジメジメとしたこの時期は、心身ともにストレスを感じやすくなりますよね。でも、できることならストレスを溜め込まない「ごきげん美人」でいたいもの。

さくらんぼ

そこで今回は、初夏のストレスケアや紫外線対策におススメの旬フルーツを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

アンデスメロン

ひとり暮らしだと大ぶりなメロンをひと玉買うのはためらわれますが、小ぶりで値段も手ごろなアンデスメロンなら大丈夫。

5月から7月が旬のアンデスメロンは、程よい甘味と果肉のかたさが特徴的。食べる分だけ切り分けて、残りはラップでぴっちりと包んで冷蔵保存しておけば2〜3日でおいしく食べきることができます。

メロン

小分けにカットすれば冷凍保存も可能。牛乳やヨーグルトと混ぜてスムージーにするとおいしいですよ。
メロンの上品な甘さと香りで心身ともにリラックスできるはず。カリウムも豊富なのでむくみ予防にも◎

さくらんぼ

酸味と甘みのバランスが良い国産サクランボも初夏が旬のフルーツ。リンゴ酸やクエン酸、ブドウ糖など果糖類を含んでいるため疲労回復効果が期待されています。

さくらんぼ

また赤血球の働きをサポートする葉酸や、細胞老化を防ぐ抗酸化力の高いポリフェノール類も豊富で貧血予防や紫外線ケアにもおススメです。

真っ赤でコロンとした見た目も可愛いサクランボはSNS映えもばっちり。日々の疲労回復や紫外線ケアのため、日々の食卓に積極的に取り入れたいですね。

デラウェア

ジューシーな果汁がおいしいぶどう類の中でも、この時期おススメなのが小粒な「デラウェア」。大粒のぶどう類は8月から9月頃が旬ですが、デラウェアは初夏から夏にかけてが旬。果糖類やブドウ糖が豊富なので、疲労回復効果が期待されています。

ぶどう

デラウェアは種もなく、口の中でつるっと簡単に皮を外せるので包丁要らずで手を汚すことなく頂くことができます。皮の色素成分には抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富です。

皮ごとミキサーにかけてジュースにしたり、細かく刻んだ皮をオリーブオイルや白ワインビネガーと合わせてドレッシングにすれば効率よく抗酸化成分を取り入れることができます。


旬の食材をおいしく楽しくいただいて、カラダの中からキレイと元気を磨きましょう!

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    ▽食べて内側からキレイに!食べ痩せ記事をもっと見る
    間食を味方にして!ヘルシースナッキングの最新トレンド3つ
    朝の代謝UPとダイエットに◎!5分でつくれる朝スープ3つ
    薄着の季節に備えて!ダイエット中におすすめの春野菜3選
    低糖質と低脂肪、痩せるのはどっち!?見直したいダイエット法

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
    今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
    カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
    「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

    【参考】
    ※蒲池桂子,川口 由美子/著(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)
    ※三輪 正幸/監修(2012年)「からだにおいしいフルーツの便利帳 (便利帳シリーズ)」(高橋書店)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら