LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

メイク崩れを防ぐ秘訣は、朝にアリ!? とっておきのスキンケア法とは

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

蒸し暑い夏には多くの人が悩まされる「メイク崩れ」。せっかくキレイにメイクしたのに、昼過ぎに鏡を見たらメイクがどろどろに崩れていた、という残念な経験をしたことがある方も多いでしょう。

そんな残念なメイク崩れは、朝のスキンケアを一工夫するだけで防ぐことができるかもしれません。今年の夏はメイク崩れとは無縁でいられるように、とっておきのスキンケア法をご紹介します。

スキンケアをする女性

メイク崩れの原因は汗や皮脂だけではない!?

メイク崩れの原因は、大半は汗や皮脂と思われがちですよね。もちろん汗や皮脂もメイク崩れの大きな原因の一つですが、もうひとつ忘れてはならないものがあります。それは「乾燥」です。

日焼けをした女性

夏は汗や皮脂などで肌表面が潤っているように感じますが、実は肌内部は水分が不足していることも。

また夏だからと、保湿ケアを怠ってしまうことも水分不足を引き起こしてしまう原因の一つです。

肌が乾燥すると、「乾燥している! 大変だ、水分の蒸発を防ぐぞ!」と皮脂を過剰に分泌してしまい、メイク崩れの原因となってしまうこともあります。

肌に適度な水分と油分が満ちていれば、皮脂が過剰に分泌されることを防ぐ効果が期待できます。なので、メイク崩れを防ぐためには“朝のスキンケア”がキーポイントになるのです。

どろどろメイク崩れを防ぐために

メイク崩れの原因は、水分と油分のバランスが崩れてしまうことにあります。
このバランスを保つために、メイク前のスキンケアで化粧水で水分を、乳液・クリームで油分をたっぷり与えてあげることが必要です。

どろどろメイク崩れを防ぐために

化粧水は、1度づけではなく数回に分けてなじませましょう。理想は化粧水だけで肌がもちっとするくらい。

乳液やクリームはいつもよりもたっぷりとつけてマッサージをしながらなじませると、保湿ケアだけでなくむくみケアもできて一石二鳥です。

また、目の下や小鼻のキワなどメイクが崩れやすいパーツには手のひらの面ではなく、指先を使ってなじませましょう。

目の下は乾燥や動くことによって、小鼻のキワは皮脂の分泌が多く崩れやすいパーツです。
これらのパーツは、指を使って細かくスキンケアをなじませることがメイク崩れを防ぐコツです。

スキンケアが終わったら、5~10分程度時間をおいて水分と油分を肌にしっかり馴染ませてからメイクを始めましょう。


朝は何かと忙しく、スキンケアも適当になりがち。しかし、朝こそ水分と油分をたっぷり丁寧になじませることでメイク崩れを防ぐことができます。
ちょっぴり早起きをして、スキンケアを丁寧にすることを意識してみてくださいね。

ライタープロフィール

美容ライター・剱持百香

外見だけでなく内側からも美しくなりたいという想いを抱き、日本化粧品検定をはじめとする美容資格を取得。 コスメ、スキンケアの最新情報や『紫外線マスター』として徹底的なUV対策・美白ケアの重要性を発信中。

【保有資格】
日本化粧品検定1級/化粧品成分検定1級/色彩技能パーソナルカラー検定初級

    【あわせて読みたい】
    ▽気になるメイク崩れの予防法をチェック!
    化粧崩れにサヨナラ!顔汗を止めるツボ6つ
    【検証】新・プリマヴィスタの化粧下地は、どれくらい崩れない?
    こんなの欲しかった!“崩れ方がキレイ”なベースと崩れにくいパウダー4つ
    メイクが崩れやすくなる3つのNG行動と崩れないメイクテク

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
    たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
    お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
    たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイク・ファッションの最新記事はこちら