LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

なんとかしたい毛穴の悩み!解消法&おすすめの化粧品

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

気になる肌悩みのなかでも上位にランクインするのが「毛穴悩み」。
適切なケア方法を知らないまま間違ったケアをしてしまうと、余計に毛穴悩みを加速させてしまうことも……。

そこで今回は、メイクアップアーティストである筆者が毛穴悩みの解消法と、毛穴ケアにおすすめの化粧品をご紹介します。

20180514LBR

毛穴とは

毛穴は皮膚を守るためにあり、顔だけでも約20万個あると言われています。

主な役割は、空気中に漂うホコリやウィルスなどの外的刺激から皮膚を保護すること。

毛穴から分泌される皮脂によって肌の表面に膜をつくることで、外的刺激から肌を守ったり、肌内部の水分の蒸発を防ぐバリア機能を担ったりしています。

また、毛穴は皮脂だけでなく汗も分泌し、体内で不要になった老廃物を排出してくれます。そのため、適度な運動をすると、汗とともに老廃物が身体の外に出るため、肌をよりよい状態へ導くことが期待できます。

毛穴の悩みの種類と悩みが出やすい場所、デメリット

毛穴悩みには、いくつか種類があります。ここでは主な毛穴悩みの種類をお伝えします。

20180514LBR

つまり毛穴

毛穴悩みの中でも多く耳にするのが、この「つまり毛穴」。

皮脂分泌の活発な鼻の頭などには特に起こりやすく、皮脂と古くなった角質が毛穴に溜まって硬くなった「角栓」により、毛穴が詰まってしまった状態を指します。

こうした汚れを放っておくと酸化が進み、黒っぽく色が変化することも……。

これがいわゆる「いちご鼻」と呼ばれる、毛穴の黒ずみが目立つ状態です。角栓をそのままにしておくと毛穴の広がりを大きくしてしまう可能性もあるため、日頃のお手入れでしっかりと落とすことを意識しましょう。

黒ずみ毛穴(メラニン毛穴)

ここでいう「黒ずみ毛穴」は、毛穴につまった汚れが酸化して黒くなるものとは違い、過剰なメラニンの生成が原因となり、毛穴ひとつひとつがシミのように黒ずんで見えてしまう毛穴悩みを指します。主な要因は、紫外線を長時間浴びること。

メラニンによる毛穴の黒ずみは、汚れとは異なるため、洗顔等で落とすことができません。そのため、できる前からしっかりと予防することが必要です。

開き毛穴

「開き毛穴」は、オイリー肌の人に多く見受けられる毛穴悩みです。
皮脂腺の働きが活発だと、過剰な皮脂分泌によって毛穴が押し広げられてしまい、毛穴が開いて目立ちやすくなります。

皮脂腺の働きは遺伝による影響もあるため、改善は難しいですが、適切なスキンケアを行うことで過剰な皮脂を抑える対策をしていきましょう。

たるみ毛穴

「たるみ毛穴」は、毛穴のエイジングサインの一種。肌のハリをつかさどる真皮の弾力が失われることにより、毛穴がだるんとたるんでしまった状態です。

頬やほうれい線の横に多く見受けられ、毛穴が雫のようなかたちに広がって見えてしまいます。

たるみ毛穴も、目立つようになってからでは改善が難しいので、できる前から対策を行うことが大切です。

クレーター毛穴

「クレーター毛穴」は、ニキビや毛穴の汚れを無理矢理押し出した結果、炎症を起こしてしまった跡が大きくへこんで凹凸が目立つ状態の毛穴悩みを指します。

基本的にセルフケアできれいな状態に戻すことは難しいため、美容皮膚科での治療を視野にいれたほうがよいでしょう。

毛穴の悩みの原因

毛穴の悩みの原因については、「過剰な皮脂分泌」「乾燥」「加齢」「紫外線」「ニキビ」と大きくわけて5つが挙げられます。

20180514LBR

過剰な皮脂分泌

過剰な皮脂分泌は、オイリー肌の人や、ホルモンバランスが乱れた際に起こりやすくなります。

皮脂分泌が過剰になると、皮脂と古い角質、メイク汚れなどが混ざって、毛穴づまりを引き起こすリスクがアップしてしまいます。

乾燥

乾燥は、肌のキメが乱れ、肌内部の水分が逃げやすい状態を引き起こします。うるおいが不足した肌は、ハリを失ってしぼんでしまうので、毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

また、肌の水分が足りない状態だと、肌はうるおいを守ろうとして皮脂を多く出そうと働きます。
そのため、乾燥していたはずがなぜかテカリやメイク崩れが気になるという状態に。これを「インナードライ」と呼びます。

このように、肌のうるおいが不足することで毛穴が目立つだけでなく、皮脂分泌が過剰になってしまいより毛穴の悩みやその他の肌悩みを増やすこともあるのです。

加齢

年齢を重ねるほど、肌は乾燥しやすくハリや弾力が奪われがちになり、肌のたるみにつながって毛穴もたるみやすくなります。

加齢を止めることはできませんが、エイジングケアを早めに意識することで、数年後の肌に違いが出てくるでしょう。

紫外線

波長が長く肌の奥底にまで届きやすいと言われている「UV-A波」は、肌のハリや弾力を保つコラーゲン繊維やエラスチン繊維にダメージを与えてしまいます。
ハリを失った肌はたるみやすくなるため、たるみ毛穴の原因に。

また紫外線が当たることでメラニンがつくられ、黒ずみ毛穴の原因になることも考えられます。
日焼け止めや日傘・帽子などをうまく使い、強い紫外線から身を守ることを徹底しましょう。

ニキビ

思春期ニキビや大人ニキビ。種類は違っても、ニキビは毛穴悩みの原因となります。ニキビを潰してしまったり刺激を与えてしまったりすることで、ニキビ跡がクレーター状に残ってしまうことがあるからです。

ニキビに悩む女性

ニキビは立派な肌トラブルのひとつ。自己判断せず、まずは皮膚科を受診して適切な治療を受けましょう。また、長年繰り返したニキビ跡などは、普段のケアだけでは治らないこともあります。そういった場合は、美容皮膚科での治療も視野に入れるとよいかもしれません。

毛穴の悩みの解消方法

毛穴は、一度広がってしまうと、すぐにもとに戻すことは困難になります。もちろんきちんと対策をすれば少しずつ改善されていきますが、できることなら避けて通りたいもの。

一方で、ブツブツとして目に見える毛穴汚れや角栓は今すぐにでも取り除きたくなりますよね。

完全保存版!いちご鼻を毛穴レスに育てるプチプラテクまとめ

例えば、コンビニエンスストアやドラッグストアでも気軽に買うことができる、ピタッと鼻に貼るタイプの「毛穴パック」。

確かに汚れの吸着力はよいのですが、汚れを吸着させるとともに、本来剥がしてはならない角質も一緒に剥がしてしまい、乾燥などの原因になることがあります。

また、無理矢理汚れを吸着させて取っているため、汚れが取れた毛穴はポッカリと口を開けたような状態に。

鼻パックをしている女性

そのままの状態で放置してしまうと、汚れは開いたままの毛穴に入りやすくなり、水分も逃げやすくなってしまします。

そのため、毛穴パックは、目に見えて手っ取り早いケアアイテムではありますが、その分肌への負担も大きいため、余計に肌悩みを悪化させてしまうリスクもあるのです。

スキンケアをしている女性

一見困難に思える毛穴悩みの解消方法ですが、実は意外とシンプル。それは「基本に忠実である」ということ。
肌をきれいに保つための基本は、「汚れをきちんと落とすこと」「必要な水分をしっかりと補うこと」「油分で保護をすること」です。これらを徹底しておこなえば、肌はきちんと応えてくれます。

ここからは、1〜2週間に1回程度取り入れていただきたい、毛穴対策のスペシャルケアをお伝えします。

自宅でできる簡単毛穴スペシャルケア

1:ホットタオルを気になる毛穴部分にあて、しばし待ちます。じんわりとした暖かさと蒸気で毛穴を開かせます(※ホットタオルでのヤケドに注意をしてください)。

2:ホットタオルがぬるくなったらタオルを取り、気になる毛穴部分にクレンジングオイルを優しくクルクルとなじませます。

3:適度になじませたら、ぬるま湯でしっかりとすすぎ、清潔なタオルでしっかりと水気をふきとりましょう。

4:化粧水や、乳液またはクリームでしっかりと保湿ケアをして終了です。

スペシャルケアは、やればやるほどよいのでは? と思いがちですが、実はその逆。ケアもやりすぎてしまうと肌に負担がかかるため、頻度には気をつけましょう。

毛穴の悩みの正しいスキンケア

ここでは、普段から意識したい、毛穴悩み対策にとって大切なスキンケアのポイントをお伝えします。

クレンジング・洗顔

毛穴の悩みにとどまらず、美しい肌を目指すためには、きちんと汚れを落として必要な水分や油分をしっかりと補うことが欠かせません。
しかし、いくらきちんと汚れを落とすためといっても、クレンジングや洗顔で肌をゴシゴシこするのはNGです。

こうした摩擦は肌の乾燥をまねき、毛穴トラブルはもちろん、シワなどのエイジングサインの原因にもなってしまいます。また、過剰な洗顔も乾燥のもと。良かれと思って洗浄力の高い洗顔料を頻繁に使用してしまうと、肌には非常に大きな負担がかかっているのです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

もともと乾燥肌で時期的にも敏感なときは、朝洗顔にも工夫が必要です。
毎回洗顔料を顔全体に使うのではなく、皮脂が多く分泌されやすい「Tゾーン」や「あご先」だけにふんわりと泡をのせ、ゆらゆらと泡を揺らすように洗ったら肌全体をぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。この方法は、本来肌に必要な水分や油分をとりすぎずにケアをすることができるためおすすめです。

保湿

洗顔後は、化粧水や乳液、クリームなどの基礎化粧品で保湿をします。
化粧水をつける際は、手でつける場合は特に、適量を複数回に小分けして肌になじませ、余すことなく保湿することを心がけましょう。

仕上げは、乳液やクリームなどの油分を多く含んだアイテムで肌を保護します。
こちらもただ多量に塗ればよいというわけではなく、適量を手に取り、両手の手のひらに伸ばして軽くあたためてから顔を押さえるようにフタをしてください。軽く上からプレスするように、額・頬・あご等順番にのせていきましょう。

小顔の女性

また、毛穴を引き締める作用があるといわれているビタミンC配合の美容液なども効果的です。その際は、化粧水でしっかりと水分補給をしたあとで美容液を使用し、そのあとに乳液やクリームで保護するという手順がおすすめですよ。

ただし、肌が敏感になっているときや肌トラブルが起きている場合は、化粧水と乳液orクリームといった最低限の保湿ケアにとどめるのが吉です。肌に赤みやかゆみなど、何らかの異常を感じた場合は、自己判断せずにすぐに皮膚科医へ相談しましょう。

毛穴の悩みの間違ったスキンケア

先述のとおり、クレンジングや洗顔時のゴシゴシ洗いはNGですが、ほかにも気をつけていただきたいことがあります。

皮脂分泌が多いオイリー肌の場合、スキンケアをすると肌がベタつくと感じる人も少なくないと思いますが、だからといって、化粧水も何もつけずに、洗いざらしのまま過ごすというのは絶対にやめましょう。

保湿をする女性

肌にとって大切なのは、水分と油分のバランスです。オイリー肌の場合、とにかく油分を取り去ればベタつかないだろうと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

水分が不足することによって、肌はうるおいを守ろうとして余計に皮脂を分泌するため、ベタつきを感じやすくなる場合もあるのです。

こういった場合は、さっぱりタイプの化粧水を使用する、また、クリームではなく乳液を使用し、量を調整して使用するという点に気をつけてお手入れをおこなうとよいでしょう。

毛穴の悩みにおすすめの化粧品

最後に、毛穴の悩み対策におすすめの化粧品をご紹介します。

洗顔料

毛穴ケアにおすすめのアイテムが、「酵素洗顔料」。
通常の洗顔では落としきれない、肌に蓄積された古い角質や毛穴の汚れなどを泡と一緒にきれいに洗い流してくれます。

また、酵素洗顔を使って洗顔すると、古い角質や毛穴の汚れなどをすっきりと洗い落とすことができるため、ニキビのできにくい肌に整えることも期待できるでしょう。

洗顔をする女性

洗顔時は、泡立てネット等でしっかりと泡立てた状態で洗い上げましょう。モコモコの泡を顔につけたら、手で肌をこすらずに、肌に触れるか触れないかくらいにとどめ、泡の弾力で洗い上げることを意識します。肌をこすったからといって、汚れがより落ちるというわけではないので注意してくださいね。

化粧水

化粧水には、肌にうるおいを与える「保湿化粧水」と、肌を引き締める「収れん化粧水」があります。

保湿はあらゆるお手入れの基本なので、まずは、自分の肌に合う保湿化粧水でしっかりと保湿ケアをおこないましょう。
水分で満ち足りた肌は、肌のキメが整い、毛穴がキュッと引き締まるので、保湿は毛穴悩み解消の要でもあります。

化粧水をつける女性

手でつけるかコットンでつけるかは肌状態によっても異なりますが、肌状態が敏感なときはなるべく手で保湿するほうが吉。

平常時は、コットンを使用したコットンパックも効果的なので上手に使い分けていきましょう。

収れん化粧水は、肌のべたつきが気になるときや化粧崩れしやすい方におすすめのアイテム。さっぱりとした使用感が心地よいですが、より清涼感を演出するためアルコールが多く含まれているものがあります。

「アルコール=悪」ではありませんが、やはり肌への負担を考えると、決して軽くはありません。そのため、肌が敏感に傾きがちな方や乾燥が気になる方は避けた方が良いでしょう。

メイク下地

特に毛穴が気になる部分に関しては、「ポアカバー」と呼ばれる、毛穴を目立たなくさせる下地を部分的に使用するとよいでしょう。

毛穴の凹凸を下地が埋めてくれて、ファンデーションの毛穴落ちを防いだり、ツルッとしたベースメイクに仕上げることができます。

化粧品を手に取る女性

どんなメイクアイテムを使った場合でもそうですが、毛穴をしっかりと埋めて美しく見せるアイテムは、特に意識してクレンジングをする必要があります。

毛穴をカバーするアイテムも、しっかり落とすことができず毛穴に残ってしまえば、毛穴トラブルの原因になってしまうかもしれません。

使用するアイテムやクレンジング剤とのかねあいなどもチェックしながら、しっかりと洗い上げるように心がけましょう。

まとめ

メイクをした状態でも毛穴が目立って気になってしまうという女性は多いはず。ツルッとした陶器のような美しい肌になるためには、日頃の毛穴ケアを徹底することが大切です。

今日明日やったからといって、すぐに毛穴がキュッと引き締まるわけではありませんが、コツコツと毛穴の目立たないツルッと美肌を目指しましょう!

ライター紹介

黒木絵里

メイクアップアーティスト
東京モード学園メイクヘア学科卒業。 外資系化粧品メーカー2社を経験後、株式会社アッシュ(HAIR MAKE Ash)のクリエイティブチームに所属し、ヘアショーや撮影等のメイクを担当。社内メイク講師をつとめ、同社にてメイクセクションを設立。 現在は、一般の方のメイクレッスン、美容師向けのメイク講習をはじめ、企業のメイクセミナーやディレクション業務やコスメ監修、美容記事執筆監修をおこなっている。

【あわせて読みたい】
▽毛穴対策についてもっと知りたい方はこちら!
憎き毛穴の黒ずみやたるみ毛穴、どうすればいい?ケア方法2つ
毛穴が気になる大人の肌に。海外で話題の「歯ブラシ型メイクブラシ」の使い方
なんとかしたい!頬のたるみ毛穴 & 鼻の黒ずみ毛穴のケア方法
コツコツ続けて毛穴レスな肌に!お家で出来る黒ずみケア

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
「くるりんぱ」のやり方とアレンジをヘアメイクが伝授!
三つ編みアレンジ自由自在!ヘアメイクが教える基本のやり方
まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら