LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

「疲れたな」と感じたら!10分でできる塩焼きそば #ヘルシー残業ご飯

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

責任のある仕事を任されることが増える30代は、何かと疲労が溜まるもの。毎日を忙しく過ごしつつも、しっかりご飯で身体をいたわってあげましょう。

今回は疲労回復に◎なアスパラガスを使った簡単塩焼きそばをご紹介します。

アスパラガスと海老の塩焼きそば

タイムスケジュール

タイムスケジュール

疲労回復に◎!10分で完成のアスパラガスと海老の塩焼きそば

春の疲労回復におススメの野菜といえばアスパラガスです。アスパラガスに含まれている「アスパラギン酸」には身体のスタミナをつけて疲労を回復する効果が期待できるといわれています。

アスパラガスと海老の塩焼きそば

アスパラギン酸は穂先の部分に多く含まれているのだそう。アスパラガスは加熱時間も短く、和洋中問わず使える野菜ですので、春は料理に加えて身体をいたわってあげましょう。

<材料>1人分

タマネギ 4分の1個
アスパラガス 3本
そら豆 適宜
むき海老 50g
あさり 50g(事前に塩抜きしておく)
クレソンなどの葉野菜 適宜
ニンニク 2分の1かけ
中華蒸し麺 1袋弱(お好みで※野菜が多いので3分の2の量でもお腹いっぱいになります)
オリーブオイル 適宜
赤唐辛子 1本
白ワイン 大さじ2
顆粒鶏がらスープの素 小さじ1
塩・コショウ 適宜

<作り方>

1. タマネギは皮をむいて薄切りに、アスパラガスは、はかまの固い部分を切り落とし斜め切りにする。そら豆はさやから出して薄皮からも出しておく。
2. オリーブオイルを入れたフライパンにみじん切りにしたニンニクと半分切り種を出した赤唐辛子を入れ、弱火で炒める。香りがたったら1の野菜、あさり、海老、白ワインを入れ蓋をする。
3. あさりの口が開いたら中華麺、鶏がらスープの素を入れさらに炒める。
4. 全体に火が通ったら完成。塩・コショウで味を整え、水洗いしたクレソンを上にのせて完成。


アスパラガス以外の食材はご自分でアレンジしてもOK! ソースよりもサッパリして美味しいですよ。ぜひ試してみてくださいね。

ライタープロフィール

ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵

日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。

【保有資格】

野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター

【あわせて読みたい】
▽疲労回復が期待できる!おすすめ食材やケア方法をもっと見る
春の不調や便秘改善に!菜の花とほたるイカのパスタ
春の疲労回復に◎!包まないオープンオムレツ
疲労回復や胃腸のケアにも◎紫野菜の美容パワーがすごい!
デジタルライフ疲労に気をつけて!元気をつくる食べもの3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

【参考】
アスパラガス – わかさの秘密
栄養価・保存のポイント・歴史 – JA筑前あさくら

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら