LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

ストレスのない、巡りのいいカラダに。春に食べたい薬膳おやつ3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

寒さがゆるみ、すっかり春らしくなってきましたね。東洋医学において、春は草木が芽吹くように、また動物が冬眠から覚めて活動を始めるように、私たちの身体も活動的になる季節と考えられています。

活動の元となる気を養い、気の巡りを調えてのびやかに活動するためにも、ストレスは大敵! 春に食べたい身近な薬膳おやつを3つご紹介します。

レーズン

春は「ストレスが大敵」な理由

過度のストレスは、どんな季節も身体にいい影響はありません。でも春はとくにストレスをためないほうがいい季節です。

東洋医学で、春は「肝」の働きが活発になると考えられています。肝は、気の流れをスムーズにする働きがあり、ストレスを嫌う臓器です。ですから、ストレスをためると肝の働きが悪くなり、気の流れも滞ってしまいます

春にのぼせやイライラが出やすい方は、肝の気が滞っている場合があります。

春の身体にいいものを意識して摂って、巡りのいい身体づくりをサポートしましょう。

春に食べたい身近な薬膳おやつ3つ

(1)レーズン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

肝がスムーズに働けるように、肝に充分な血液を蓄えられるように食べたいのが養血類(ようけつるい)のレーズンです。

レーズンは、鉄などのミネラルが豊富なため貧血によいといわれていますが、東洋医学でも同じように血を養う食べものに分類されています。

また、レーズンのいい香りには、気の流れをスムーズにする働きもあります。血を養い、気の巡りをサポートする食材です。

(2)落花生

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

ピーナッツとも呼ばれるため、ナッツと思われがちですが、落花生はマメ科の植物です。南京豆とも呼ばれていますね。

落花生は、レーズンとおなじように養血類に分類されています。血を養うだけでなく、身体に潤いを与える働きもありますから、春先に咳が出やすい方、お肌が乾燥しがちな方にもおすすめです。

(3)大棗(ナツメ)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

ナツメは、気を養う補気類(ほきるい)に分類されています。穏やかに身体を温める食材ですから、まだ寒い春先にぴったりです。

そのままドライフルーツとして食べるほか、お茶やスープに入れて煮出して使ってもOK。ほのかな甘味が美味しいドライフルーツです。

美容にいいフルーツとして有名なナツメヤシ(デーツ)とは異なるフルーツですので、ご注意ください。


春は、気温の変化や新生活のスタートなど、ストレスを抱えやすい季節です。身近な薬膳食材をとりいれて、巡りのいい身体作りをサポートしたいですね。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

【あわせて読みたい】
紫外線対策にも◎!日中のお花見におすすめフード&ドリンク
毎日食べてシミ対策!イチゴの栄養と簡単おしゃれレシピ
10分で完成!春の疲れを緩和する豆リゾット #ヘルシー残業ご飯
春の疲労回復に◎!包まないオープンオムレツ #ヘルシー残業ご飯

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら