LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

オフィスでも!座ったままできる首・肩こり解消ヨガ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

朝起きるのがいつも辛い、身体がだるい、肩こり・首こりがある……そんな経験していませんか? 女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢に節目を迎えて身体の機能が落ちてくるといわれています。28歳を過ぎたころから、身体の衰えを感じてきたという人も少なくないのでは。

肩こりに悩む女性

そこで今回は、ヨガ指導歴20年で生まれてから出産と歯のメンテナンス以外は一度も病院にかかったことがなく、いつも元気いっぱいな、からだ底上げコンサルタント・篠嶋陽子さんに、簡単にできる肩こりなどの身体の不調を整える椅子ヨガを教えていただきました。

オフィスでもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

セルフメンテナンスを習慣にしよう

倉島:パソコンを長時間使用すると、とても疲れてしまうのですが、これはどんな原因があるのでしょうか。

不調の女性

篠嶋:パソコン操作時は首が前に出てしまい、姿勢が悪くなってしまう人が多いのが原因だと思われます。
頭は約5kgほどの重さがあり、本来は首の頸椎2番の骨で支えるのが正しいのですが、首が前に出てしまうと頸椎7番の骨で支えることになるので、ラインがずれて首や肩も疲れてしまうのですね。

このような緊張が続くと、身体が硬直しやすくなり、血液やリンパの流れが滞って巡りが悪くなってしまいます。

倉島:姿勢はとても重要なのですね! 首と背骨を真っすぐにしようと意識しても、猫背など癖が出てしまうこともありますよね。

篠嶋:はい、もし悪い姿勢になっていたとしても、使いすぎる筋肉と使われなさすぎる筋肉のアンバランスを整えることで、元々あった正しい骨の配列に戻すことができます。すると、本来の身体の機能を発揮することができるのです!

例えば、パソコン画面など近いところばかりを見ていると目が疲れますよね。時々、5m以上遠くにあるキレイな絵や景色の緑、お花を見るなどされると、自然と調和してパワーをチャージできますし、心も癒されます。筋肉の使い方によるアンバランスも整うのでおすすめです。

不調の女性

また、具合が悪くなったり病気になってから不調に気づくのではなく、普段からの予防(セルフメンテナンス)が大切です。
五感を働かせて、日頃から自分の身体に気を配りましょう。

倉島:具体的に、どんなことをすればいいのでしょうか?

篠嶋:首にはたくさんの神経が集中しており、重要でデリケートなところです。首を直接触るのではなく、まずは関連部位をウォーミングアップして、身体ほぐしをしていきましょう。

首の関連部位:手首(足首)のウォーミングアップ

首の関連部位は、手首(足首)です。それぞれ、5秒ずつ振るだけでOKです。

STEP1

片方の手で手首を持ち、ブラブラと手のひらを上にして振ってみましょう。

片方の手で手首を持ってブラブラと振る

STEP2

今度は肩の高さ(心臓より少し上)まで手を持って行き、ブラブラと振ってみましょう。

肩の高さに手を持って行ってふる

手のひらは頭、手首は首、腕は身体の関連部位になるので、全身を振っていることになります。
身体がほぐれることにより、手の長さもゆるんで変わり、腕が軽くなってラクに上がるようになりますよ。

倉島:手を伸ばして手のひらを合わせると、本当にやった方だけ長くなりますね(笑)

篠嶋:はい、反対側の手もやると同じ長さになります。

座ったままできる!首・肩こりを解消する椅子ヨガ

STEP1

耳たぶの下から鎖骨に続いている胸鎖乳突筋を、反対側の手のひらでゆっくり下に向かって圧しさすります。(10回)

リンパのバイパスが整うので、顔と目と頭と首が整います。顔のむくみが取れて色ツヤも良くなり、小顔になる効果もあります。

STEP2

鎖骨リンパを中心から肩の方に向けてさすり、肩の付け根から脇の下に向けてゆっくりさすりましょう。(3回)

リンパのマンホールが整うので、老廃物の排出が整い、お疲れもとれます。

さする・流す

肋骨と肩甲骨をつないでいて、呼吸を司る小胸筋がほぐれます。肺経(呼吸の通り道)の経絡を整えるので、呼吸が深くなり、免疫力が高まります。
猫背も改善できますよ。

肩・首・頭が重い状態がラクになり、代謝も良くなります。ひらめき力が良くなって新鮮な気持ちで物事をスタートできるので、朝に行うのがおすすめです。
合わせて肩を回したりするのも良いですね。

倉島:ありがとうございます。身体が温かくなり、スッキリしました。簡単にできるので、ぜひ毎日行ってセルフメンテナンスしていきます。


いかがでしたか? デスクワークをしていて、肩や首こりがつらいという方は、ぜひ試してみてくださいね。

【取材協力】

からだ底上げコンサルタント:篠嶋陽子さん

東洋医学・ヨガ&機能解剖学・脳科学・運動生理学・コンディショニングを融合させた独自のからだ調整プログラム「コンディショニングヨガ」を考案。指ヨガ・眼ヨガ・椅子ヨガ等、どなたでも簡単に本来の生命力を底上げできるメソッドで、0〜99歳の約370万人を指導して20年。幸せな健康ライフを提唱。

ライタープロフィール

スピーチコンサルタント・倉島 麻帆

スピーチコンサルタント、フリーアナウンサー。NHK、日経新聞など多数メディアに出演。脳科学・心理学メソッドも使い、好かれる「話し方・コミュニケーション」研修を、上場企業をはじめ全国で行っている。著書「引きつける話し方が身につく本」など多数。

【あわせて読みたい】
▽つら〜い首・肩こり解消法はこちらをチェック
目の疲れや肩こりの解消に◎ウサギのポーズ
ほっそり見える!肩こり・首こり解消に「うなじ美人ストレッチ」
肩がつらい…って時はココ!肩こり&首こりに効くツボ7つ
“首こり”解消で、肩こりもスッキリ!首なが美人エクササイズ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
篠嶋陽子さん公式ブログ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら