LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

憎きほうれい線を退治!フェイスラインのたるみを引き締める方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

30代になり顔がひと回り大きく感じるようになったり、老けて見られてしまうという方は、フェイスラインのたるみが原因かもしれません。

「年齢には抗えない」と思いながらも、たるんだ顔を見るたびに落ち込む…フェイスラインの引き締め方がわからない…。

という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、フェイスラインがたるむ原因から引き締め方法までご紹介します。

引き締まったフェイスラインの女性

うつくしい横顔を取り戻しましょう!

フェイスラインのたるみの原因

たるみの原因は加齢だけではありません。普段の生活のなかに原因が潜んでいることも。

いくつかご紹介するので当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。

加齢によるもの

年齢を重ねると、ほとんどの方がハリやつやの衰えを感じるのではないでしょうか。

たるみのある女性

それは、加齢とともに肌内部に含まれるエラスチンやコラーゲンが少しずつ減少するから。コラーゲンを生成する線維芽細胞の働きも加齢とともに悪くなるため、コラーゲンの弾力低下に拍車がかかってしまいます。

外部刺激によるもの

紫外線などをはじめとする外部刺激を受けることで活性酸素が発生し、お肌のバリア機能が低下。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

バリア機能が低下したお肌は紫外線をブロックできず、真皮層まで届いた紫外線によりハリのもととなるコラーゲンやエラスチンがダメージを受けてしまいます。

その結果、お肌は弾力性や保湿性を失い、たるみを引き起こしてしまうのです。

間違ったスキンケア

しっかり保湿ができておらずお肌が乾燥していたり、よかれと思っておこなっている過剰なケアが逆に肌トラブルを招いてしまうことがあります。

例えば、しっかり保湿をしたいからと過剰にパッティングをしているうちにコットンが乾燥し、肌内部の水分まで奪ってしまう、
熱いスチームタオルを毎日やり続け必要な皮脂まで奪ってしまった結果、乾燥が促進されてたるみに繋がってしまうなども、間違ったスキンケアの代表的な一例です。

ストレスによるもの

ストレスにより発生した活性酸素はコラーゲンやエラスチンのほか、これらを作り出す線維芽細胞にもダメージを与えてしまうと言われています。

不調の女性

このダメージによりコラーゲンの生成も少なくなり、肌内部のコラーゲンはどんどん減ってしまうばかり。

このように日々のストレスにより発生した活性酸素が肌に蓄積されることは、ハリが失われる大きな要因のひとつといえるのです。

表情筋の衰えによるもの

身体もそうですが、筋肉が衰えると皮膚もたるんでしまいますよね。

筋肉は加齢だけでなく、使わない生活が続くとどんどん衰えてしまいます。お顔にも表情筋という筋肉があり、その表情筋が衰えると顔がたるんでしまいます。

毎日の生活の中で表情を動かすシーンが少ない場合、特に頬のたるみなどに注意が必要です。

姿勢が原因によるもの

スマートフォンの見過ぎもたるみの原因のひとつ。スマートフォンを見るときはずっと下を向いていますよね。

スマホを触る女性

下を向く同じ姿勢を長時間継続していると、重力に逆らいきれずお肌がたるんでしまうのです。スマホに限らず、前かがみの姿勢などもお肌がたるんでしまう原因。姿勢が悪いこととたるみは、実は深い関係があるのです。

フェイスラインのたるみのチェック方法

まだ大丈夫と思っていても、実はじわじわと忍び寄っているたるみ。見極め方をご紹介しますので、もし当てはまるものがあれば今すぐケアを始めることをおすすめします。

・あご下のお肉が簡単につまめる

・鏡をのぞいて軽くあごを引くと二重あごになる

・こめかみに手のひらを当て斜め上に引くと顔がすっきり引き締まる

・口を閉じていると口角が下がっている

当てはまるものが多くあればあるほど、フェイスラインのたるみは進行している状態といえるでしょう。

ただし当てはまった数が多いからと諦めてしまわず、きちんと対策を行えば進行を妨げたり悪化を防ぐことに繋がりますよ。

フェイスラインの引き締め方法

 年中UVケアが大切

たるみを防ぐために、まずは紫外線からお肌を守ることを心掛けてみてください。紫外線はお肌表面のバリア機能を低下させ、真皮のコラーゲンやエラスチンなどハリを維持するために必要な線維にダメージを与えてしまいます。

日焼け止めを持つ女性

40代になるとコラーゲン線維はほとんど生産されなくなると言われており、減少の一途を辿るばかり。そのため、UVカットのあるアイテムを使ったり紫外線量が多い季節は日傘などを使用するなどして、なるべく紫外線を避けることがたるみを防ぐために重要です。

表情筋を鍛える

仕事がデスクワークなどのため無表情で長時間PCに向かっている場合は、表情筋の衰えがたるみの原因かもしれません。できる対策としては、お手洗いやランチタイムなどに口角を上げてみたり表情をコロコロ変えてみてください。鏡を見ながら、または上を見上げながら口角を上げるなども効果的ですよ。

口角のあがった女性

さらに舌を鼻先につけようとするエクササイズも効果的。これも重力の相乗効果を狙って上を向いて一日数回行ってみると良いでしょう。口を閉じたままで歯と歯茎の間を舌で時計回りに10回、半時計周りに10回くるくると回すエクササイズもフェイスラインを鍛える効果が期待できます。はじめは10回でもかなりキツイと感じるかもしれませんが、慣れてきたら10回を3セットにするなど、自分をプッシュしてみてくださいね。

食生活を見直す

加齢とともに減少する真皮中のコラーゲンなどを増やすためには、コラーゲンのもととなるたんぱく質などを積極的に摂取する食事がおすすめ。さらにビタミンCも一緒に摂取することでコラーゲン生成を促してくれる効果が期待できますよ。

サラダを食べる女性

肉、魚、大豆製品などのたんぱく質に加え、野菜や果物などのビタミンなどをバランスよく食べることを心掛けてみてください。

 マッサージですっきりフェイスラインに

老廃物がたまってしまうこともたるみの原因のひとつ。顔に溜まった老廃物を排出するには、マッサージがおすすめです。クレンジング後、なるべく保湿効果の高いマッサージクリームを使ってマッサージをしましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(1)まずは耳下から肩にかけて首筋にあるリンパを上から下へとながしていきます。これを左右それぞれ5~10回くらいを目安にしてください。

(2)次にあご先から耳下にかけフェイスラインに沿ってリンパを流していきましょう。これも5~10回を目安に、少し痛みがあるけど気持ちいいと感じる力加減がおすすめです。

老廃物を排出したい気持ちが先行して、あまり強くしすぎるのはよくありません。あくまで気持ちいと感じるくらいにしてくださいね。

(3)顔がひと回り大きくなったと感じる方は、頬のマッサージもおすすめです。ほうれい線ができるライン上から耳に向かってゆっくりと斜めに持ち上げるようにマッサージをしてあげましょう。
やりにくいと感じた場合は数本の指の腹を使うより、親指の腹1本を使って行う方がマッサージがしやすいのでぜひ一度試してみてください。

(4)仕上げにもう一度、最初に行った首のリンパマッサージをしましょう。最後に鎖骨のへこみを指で数回押せば、すっきりフェイスラインマッサージの終了です。

まとめ

 たるみの原因は加齢によるものだけではなく、何気なく過ごしていた日常生活の中にも原因がたくさんあることを知っていただけたかと思います。たくさんある中からまずご自身のたるみの原因が何かを知ること、そこから最適なケア方法をセレクトすることが効果的に改善する秘訣です。ぜひ参考にしてみてくださいね。


(美容ライター/杉本 由美)

    【あわせて読みたい】
    ▽たるみが気になる人はこちらもチェック!
    気になりだしたシワやたるみに!最新のエイジングケアコスメ3選
    なんとかしたい!頬のたるみ毛穴 & 鼻の黒ずみ毛穴のケア方法
    小顔管理士直伝!−5歳見えも夢じゃない!?顔のたるみケア
    たるみや口臭の解消に!7つの美容効果が得られる「舌回し」

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
    ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
    突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
    老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

    【参考】
    顔のたるみ度チェック – 美容皮膚科 シロノクリニック
    ※肌美人になるスキンケアの基本 – 友利新著(書籍)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    スキンケアの最新記事はこちら