LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

洗練された目元に。定番ブラウンメイクのアレンジテクニック

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「手持ちのアイシャドウの中で、一番愛用している色は何色ですか?」といわれて「ブラウン系」と答える人は少なくないと思います。

ニュートラルカラーの中でも肌馴染みが良く、オフィスメイクにもぴったりなので、毎日ベージュやブラウン系のアイシャドウばかり使っている、という人もいるかもしれません。

メリットが多い半面、コンサバな雰囲気から抜け出せなくなったり、毎日同じ印象のメイクに仕上がってしまいがちなブラウンアイシャドウですが、ほんの少しの「ちょい足し」で自由にアレンジすることができます。

メイク工程

今日はそんな定番ブラウンメイクのアレンジテクをご紹介します。毎日のメイクに飽きたという人は、ぜひ試してみてくださいね。

今日使ったアイシャドウはコレ!

tartelette™ toasted eyeshadow palette/Tarte

$46.00

tartelette toasted eyeshadow palette

今日のメイクで使用したのは、アメリカのコスメブランド「Tarte」のブラウン系アイシャドウパレット。

1999年にNYCで誕生したブランドですが、2014年にコーセーが買収したことによって、日本でも広く知られる存在となりました。

日本には未だ上陸していませんが、これからの動きが気になるブランドのひとつです。

tarteの魅力は、なんといってもその「遊びごころ×クオリティ×ナチュラル成分」のバランス。見ているだけで幸せになるファッショナブルなパッケージデザインに、クオリティの高いフォーミュラ、そしてそれを構成するユニークなナチュラル成分が、アメリカのみならず世界中のコスメマニアたちのココロを掴んで離さないのです。

tartelette toasted eyeshadow palette スウォッチ

tartelette toasted eyeshadow paletteのアイシャドウにも、アマゾンのクレイ(泥)が使われています。見たままの発色を叶えてくれるだけでなく、長時間崩れにくく仕上がるというアイシャドウに最適な成分です。

12色のうち、6色はマットカラー。しっとりとした粉質がお肌に吸い付くように密着する、超優秀なアイシャドウです。

残り6色にはほんのりラメ感のあるシマーカラーや、ゴロゴロと大粒ラメの光るグリッターカラー、パキッとした発色のメタリックカラーなどが含まれています。

アイメイクをしていると、ふわりと香るのは天然のバニラ。美味しそうな香りに包まれながらのメイクは、朝の慌ただしい時間を贅沢な時間に変えてくれますよ。

ちょい足しアレンジ(1) メタリックアイライナー

メタリックアイライナー

1. まぶた全体にマットホワイトをオン。くすみや色ムラをキレイに均します。
2. アイホール全体にベージュをぼかし、まぶたに奥行きをプラス。
3. 目尻側のアイホールに、オレンジ味のあるブラウンをぼかします。
4. まぶたの中央に、ラメ感のあるアイボリーをオン。

メタリックアイライナー

5. まぶたの中央に、ザクザクとした大粒ラメ入りのシャンパンゴールドを指でのせて。
6. 下まぶたにも2〜3と同じカラーをぼかします。
7. ブラックやブラウンの代わりに、メタリック感のあるカラーアイライナーをチョイス! ここではメタリックオレンジをON。アイシャドウと色のトーン(寒色・暖色)をあわせてあげるとまとまりのある印象に。
8. マスカラをたっぷり塗って完成!

メタリックアイライナー

ふと伏し目になった瞬間にチラチラと主張するメタリックのアイライナーをプラスするだけで、さり気なくコンサバなイメージを払拭! 
まぶたの中央にシャンパンカラーのラメをたっぷりのせてあげることで、目元に立体感も生まれます。

ちょい足しアレンジ(2) うるうるライナー×ヌケ感マスカラ

うるうるライナー×ヌケ感マスカラ

1. こちらも、まぶた全体にホワイトのアイシャドウをオン。
2. アイホールに赤みの少ないベージュをぼかします。
3. 目尻側 1/3にブラウンのアイシャドウをぼかします。
4. 二重の幅にラメ入りのコッパーカラーをのせます。

うるうるライナー×ヌケ感マスカラ

5. 下まぶたにも2〜4のカラーをぼかします。
6. その上からラメがキラキラ輝くリキッドアイライナーを重ねます。
7. 上まぶたにはブラウンのリキッドライナーでちょっと太めの跳ね上げラインを。
8. 仕上げにブラックではなく、バーガンディのマスカラをたっぷりオン!

うるうるライナー×ヌケ感マスカラ

上まぶたのコッパー×太めのブラウンライナーを引き立たせるのは、ヌケ感のあるカラーマスカラ。ここでブラックのマスカラをチョイスするときつい印象になってしまいがちですが、少し柔らかい印象のバーガンディをもってくることで、きちんと感はありつつも、可愛らしい印象に。
下まぶたにプラスしたラメのアイライナーも、うるうるとした女の子らしい印象を与えてくれますよ。

ブラウンをアレンジして、もっと楽しむ!

tartelette toasted eyeshadow palette

ブラウンは、とても幅のあるカラーです。ナチュラルにも、ロックにも、グラマラスにも仕上げられるからこそ、シーンに合わせてガラッと印象を変えたいもの。
カラーの配分を頭に入れながら、バランス良く「ちょい足しアレンジ」をして楽しんで!

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

ビューティブロガー・Nicole

海外コスメに目がないビューティブロガー。東京、時々ロンドンを拠点とし、常に美容情報を収集中。

【あわせて読みたい】
▽もっとお洒落でキレイになりたい。垢抜けテクはこちら
つけるだけで垢抜ける、春のダークプラムリップ #プレミアムコスメ
垢抜け美人はやっている!メイクで美人オーラを放つコツ
「なんだか、垢抜けない」その理由は? 雰囲気美人になれる3つの法則
洗練された女性に。眉メイクで垢抜ける方法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

【参考】
tartelette™ toasted eyeshadow palette – Tarte

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

メイク・ファッションの最新記事はこちら