LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

知っておくと便利!自分に似合うアイシャドウの色の選び方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

アイシャドウは、どの色が似合うのか分からないから、つい無難にいつも同じカラーを選んでしまう……という人は多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく顔を美しく見せるためのメイクですから、季節や洋服に合わせるような上手な使い方をしたいもの。

そこで今回は、数あるカラーの中から“自分に似合うアイシャドウの色の選び方”についてご紹介します。

アイシャドウ

まずは自分に合う色(パーソナルカラー)を知ろう!

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラー

パーソナルカラーとは、生まれ持った肌の色や瞳の色、髪の色と調和する、自身に似合う色のことを指します。

基本的にパーソナルカラーは生涯変わることはないため(極度の日焼けやその他年数を経て変化する場合を除く)、自分に似合う洋服の色やヘアやメイクの色を選ぶ判断基準のひとつになります。

パーソナルカラーは4タイプに分けられます。

4タイプのパーソナルカラー

春(スプリング)タイプ

春(スプリング)タイプのパーソナルカラーの人は、日本人では比較的少なく全体の約1割程度といわれています。

肌や瞳の色が明るく、4タイプの中で一番色素が薄くて、透明感があるのが特徴です。

イエローベースのカラーで、春の明るい陽射しに映えるような鮮やかなグリーンやイエローといったビタミンカラーが似合います。

反対に、くすんだ色を選んでしまうと不健康に見えるので気をつけましょう。

夏(サマー)タイプ

夏(サマー)タイプは日本人に一番多く、約5割が夏タイプに当てはまるといわれています。

ブルーベースで、夏の始まりから梅雨時期を連想させるような淡めなパステルカラーや、全体的に青みががっていて、若干グレーが混ざっている良い意味でくすんだ色みなどが似合います。

寒色系の淡い色みが似合うので、クールな女性を上手に演出することができます。

秋(オータム)タイプ

秋(オータム)タイプは、春タイプと同様のイエローベースカラーがお似合い。

柔らかさの中にも、妖艶で深みのあるマスタードやかぼちゃのようなコクのある色、枯れ葉などのアースカラーがぴったりです。

そのため、雰囲気としては落ち着いた大人の雰囲気を楽しむこともできますし、ポップな色でも比較的落ち着いた印象をつくることが可能です。

冬(ウィンター)タイプ

冬タイプ(ウィンター)の方は夏タイプと同様、ブルーベースの色みが似合います。

夏タイプと違って淡い色みよりもコントラストのハッキリとした色が似合うのが特徴的です。日本人の約1割がこのタイプに当てはまると言われています。

白銀の世界に映えるようなビビッドなカラーや青みの強いアイシーなカラーもぴったり。

そのため、コンサバティブで洗練された印象をつくることができます。

パーソナルカラー別のおすすめアイシャドウカラー

春タイプの人に似合うアイシャドウカラー

春タイプは、イエローベースでフレッシュなビタミンカラーがおすすめです。

まぶた全体にビビッドなビタミンカラーをのせると派手になりがちなので、アイホールに肌なじみのよいシャンパンゴールド系のアイシャドウをぼかし、目のキワにビビッドなグリーンやイエローなどを差し色に入れると素敵なアクセントになります。

スプリングカラーの人にオススメのアイシャドウ

また、アイシャドウで冒険するのが少し苦手……という方は、アイシャドウはゴールド系の落ち着いたカラーをのせ、目のキワにビビッドカラーのアイラインを入れるのもよいでしょう。

夏タイプの人に似合うアイシャドウカラー

夏タイプは、ブルーベースで淡くて優しげなパステルカラーがおすすめです。パール系のアイシャドウを使う場合も、ゴールド系のものよりシルバー系が似合うのがブルーベースである夏タイプの特徴。

サマーカラーにオススメのアイシャドウ

青みピンクカラーやローズ系のピンクが似合うのも夏タイプのポイントの1つです。淡くふんわりとした優しげカラーに仕上げることもできれば、ローズ系ピンクで少し大人な目元を作ることもでき、バリエーション豊か。

引き締めカラーは、ネイビーやパープルなどのシックなカラーもおすすめです。

秋タイプの人に似合うアイシャドウカラー

秋タイプは、イエローベースで深みのある渋めカラーがおすすめです。

ゴールド系のパールが入ったものをアイホールに広げ、カーキやパープルなどの深みのあるシックなカラーを目尻に入れると、グッと大人な雰囲気を演出できます。

オータムタイプの人に似合うアイシャドウ

肌なじみのよいブラウン系カラーもゴールドの微細なパールが入っているものを使用すると、非常にキレイに映えてくれます。

全体的に落ち着いた色展開の秋タイプは、深みのあるブラウンやイエロー、オレンジ系と使いやすい色が多いので比較的色選びはしやすいでしょう。

冬タイプの人に似合うアイシャドウカラー

冬タイプは、ブルーベースで青みのある濃くクリアなカラーがおすすめです。オレンジ系カラーでも、黄みの強いものより青みがかったオレンジが肌になじみます。

また、ハッキリとした濃いカラーが似合うため、ワインレッドやネイビーなどキリッとしたカラーを大胆に使えるのも冬タイプの強みです。

ウィンタータイプの人にオススメのアイシャドウ

ゴールド系よりもシルバー系が似合うため、パールやラメが入っているアイシャドウはシルバーカラーが散りばめられたものをチョイスするとよいでしょう。

どんな人にも似合うアイシャドウ

比較的どのタイプの人にも似合うアイシャドウの色みといえば、なんといっても「ブラウン系」。ブラウン系と一言でいっても、赤みのあるものや黄みの強いものなど種類は実に豊富です。

誰にでも似合うアイシャドウ

そのため、例えば春タイプや秋タイプのイエローベースに似合うと言えば“黄みの強いゴールドパールの散りばめられたもの”ですが、“黄みの強いブラウン”もまた似合うと言えます。

つまり「ブラウン系」の色みは、その色みの豊富さゆえ全タイプに共通して無難に使用できるカラーとなっているのです。

ブラウンアイシャドウ

一般に流通している4色入りのアイシャドウパレットに、ブラウンが入っているのをよく見かけませんか?

ピンクやグリーン、はたまたブルーなどが入っているアイシャドウパレットでも、その中の1つにブラウン系カラーが1色入っているのは、比較的どの肌タイプにも似合いやすいからなのです。

まとめ

パーソナルカラーに合わせたアイシャドウ選びは、その人自身の魅力を最大限に引き出す大事な役割を担っていますが、“似合う色”と“好みの色”とではまた別物です。

そのため、似合う色だとしても自分が気に入らなかったら、その魅力は最大限に発揮されないところが難しいところですね。

囲み目メイクをする女性

また、洋服や髪色との兼ね合いもあるため、アイシャドウだけパーソナルカラーでぴったりの色みをチョイスして使うというのもハードルは高くなります。

しかし、自分に似合う色を知り、上手な使い方を知ることで、ヘアやファッションもあわせたトータルコーディネートを考えて、一気に華やぐ姿を演出できるかもしれません。

“目は口ほどに物を言う”といわれるくらい、目元のメイクは人の目が集中しやすいポイント。

自分に一番似合うカラーの傾向をパーソナルカラーで知っておけば、シーズンに合わせたアイシャドウ選びだけでなく、お顔全体の色みのコントロールの仕方も把握することが可能になります。

シーズンが変わるごとに次々に発売されるアイシャドウ。自分に似合うカラーを知って、魅せ方上手なメイクを楽しみましょう!


(メイクアップアーティスト/黒木 絵里)

【あわせて読みたい】
ブルベ・サマーさんにおすすめ!透明感溢れる #プレミアムコスメ
#プレミアムコスメ vol.15『ブルベに合う健康的なオレンジチーク』
イエベ・スプリングさんにおすすめ!春を思わせる #プレミアムコスメ
【パーソナルカラー別】ルナソル春の新作リップ、あなたに似合う1本は?

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

【参考】
本当に似合うアイシャドウ&リップでもっと美人に パーソナルカラー診断 – MAQUIA ONLINE
自分に似合う色が見つかる パーソナルカラー診断 – kakimoto arms

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

メイク・ファッションの最新記事はこちら