LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

原材料や添加物に違いが!意外と知らないラップフィルムのトリビア

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

どこのご家庭にもあるラップフィルム。食品を包んで、そのまま冷蔵庫や冷凍庫で保存でき、電子レンジでの加熱もOKと、とても便利なキッチン用品ですよね。

ラップフィルムにはいくつか種類がありますが、メーカーの違いだけでなく、使われている原材料や添加物にも違いがあることをご存知でしたか?

ラップフィルム

今回は同じように見えても、実は違うラップフィルムについてご紹介します。

原材料の違い

ラップフィルムは大きく分けて、3つの原材料が使われています。

(1)ポリ塩化ビニリデン

一番多く使われているのは「ポリ塩化ビニリデン」です。空気の通りにくくして食品の酸化を防ぐ酸素透過度、水分の蒸発を防いで食品の乾きを防ぐ水蒸気透過度に優れています。
また、耐熱温度も140℃~-60℃と幅広く対応しています。

(2)ポリエチレン

もう一つの素材が、「ポリエチレン」です。こちらは、ポリ塩化ビニリデンに比べ、酸素透過度、水蒸気透過度が劣り、また、耐熱温度も110℃~-70℃と高温に弱いラップフィルムです。

ですが、水素と炭素でできているため、燃やしてもダイオキシンが出ない環境にやさしい素材であることが特徴です。

(3)塩化ビニル樹脂

このほか、「塩化ビニル樹脂」という素材もあります。塩化ビニル樹脂は、ポリ塩化ビニリデンに比べ、酸素透過度、水蒸気透過度、耐熱温度とも劣りますが、密着力が高いという特徴があります。

添加物の違い

添加物というと「食品添加物」を想像しますが、ラップフィルムにも添加物が入っているものがあります。

ポリ塩化ビニリデンと塩化ビニル樹脂製のラップフィルムには、柔軟剤や安定剤が使われています。これらの添加物によって、ラップフィルムの切りやすさ、弾力、器への吸着度が増しています

添加物自体は、法律で認められたものが使用されていますが、食品を直接包む場合、添加物が気になるという方は、ポリエチレン製の無添加ラップフィルムを選ぶといいでしょう。

素材の見分け方

ラップフィルムの素材は、原材料名のところに必ず表示されています。

また添加物についても必ず表示がありますから、ラップフィルムを選ぶ際に確認してみて下さい。


同じように見えても、実は原材料が違うラップフィルム。使い勝手で選ぶ、環境にやさしい製品を選ぶ、身体にやさしい製品を選ぶ、目的別にラップフィルムを選ぶことも選択肢かも知れませんね。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

    【あわせて読みたい】
    覚えておきたい!野菜の保存に役立つ家にあるアイテム便利3つ
    美味しくて保存がきいて美肌効果が高い野菜5つの保存法
    なにを、いつ買う?スーパーで賢くお買い物する6つの方法
    話題の動ガール・佐々木あさひさんに学ぶ保湿術“ラップ美容”

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    【参考】
    ポリラップ – 宇部フィルム
    NEWクレラップ – クレハ
    他素材ラップとの性能比較 – 旭化成ホームプロダクツ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら