LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

もう無駄にしない!まとめ買いOKな野菜とNGな野菜5つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

毎日忙しく働いていると、こまめに買い物に行けない不自由さがつきまとうものですが、まとめ買いできる時にまとめ買いした方が便利だし、価格も抑えられそうですね。

でも、野菜に関しては「買ったはいいけれど使い切れなくて結局無駄になってしまった」という経験をした方もいると思います。

そこで今回は、まとめ買いをしない方がいい野菜と、まとめ買いした方がいい野菜を全部で5つご紹介します。
お買い物の際に、参考にしていただければ嬉しいです。

野菜を購入した女性

まとめ買いしない方がいい野菜

もやし

もやし

野菜高騰時にも価格が安定して安い「もやし」。購入できる時に、ついまとめ買いしたくなりますが、意外と足が早く長い保存にはむきません。

冷凍保存をしようと思えばできますが、シャキシャキとしたもやし特有の食感が損なわれてしまうため、注意しましょう。

豆苗

同じく野菜高騰の影響を受けにくい「豆苗」。買える時にまとめて購入したいところですが、日持ちは2〜3日とそれほど長くありません。

計画性なしのまとめ買いにはむかない野菜です。未開封のまま保存する場合は、横ではなく立てて保存すると葉が痛まないので試してみてください。

まとめ買いした方がいい野菜

タマネギ

玉ねぎ

日にちが経っても、劣化しにくいのが特徴の野菜です。加熱でも生でも食べることができ、調理の汎用性も高いため、安くなっていたらある程度はまとめ買いしてもいいでしょう。

キノコ類

キノコ

意外と足が早いキノコ類ですが、石づきをとってジップロックなどで冷凍できるのでまとめ買いしてもよいでしょう。

実はキノコ類は、冷凍してから加熱すると、細胞膜が壊れ、酵素の働きによって旨味成分が増すといわれています。
冷凍したキノコはパスタやスープ、味噌汁、鍋などの料理に活用でき、手間がかからないのもおすすめのポイントです。

キャベツ

キャベツ

1人暮らしの人にとって、丸ごと1個のキャベツの購入は躊躇してしまいがちですが、意外と日持ちするので、自炊が習慣の人は購入してみてください。

丸ごとのキャベツは芯の下処理が必要ですが、2週間〜1カ月ほど保存が可能です。カットされたものでも1週間程度はもちます。

空気に触れる切断面はどうしても黒ずんできますが、薄くカットすれば食べられます。

キャベツのビタミンCは、保存の影響をあまり受けないという研究データもありますし、加熱でも生でも食べられるので調理の汎用性も高いです。安い時に購入して保存してもいいですね。


いかがでしたか? 安いからといってまとめ買いすると、結局使いきれず無駄になる場合もあります。
どんな使い方をするのか、どのくらいもつのかを考えてから購入するといいですね。

ライタープロフィール

ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵

日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。

【保有資格】

野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター

    【あわせて読みたい】
    忙しいアラサー女性におすすめ!賢いお買い物・節約術記事をチェック
    毎日の食費を賢く節約!スーパーでまとめ買いするべきもの10選
    食費をカンタン節約!スーパーでお得に買い物できる5つの方法
    200円で野菜がもりもり食べられる!簡単つくおきレシピ2つ
    なにを、いつ買う?スーパーで賢くお買い物する6つの方法

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    【参考】
    豆苗に関するQ&A – 村上農園
    うまみを堪能!きのこは冷凍保存でおいしく、便利に食す – カゴメ
    野菜の貯蔵中におけるビタミンCの変化(第2部) – CiNii

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら