LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

冬美容にはコレ!今買うべきおススメ野菜3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

野菜の高騰が気になる今日この頃。体の中からキレイを磨く「インナービューティー」がヘルスコンシャス美人の常識となった今、自炊しない生活はナンセンスかも。

そこで今回は、晩冬の今、美容のために賢く選んで買うべきお野菜をインナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。ぜひ冷蔵庫に常備してみて!

野菜を食べる女性

栄養補給には「春菊」

春菊

関西では「菊菜」とも呼ばれる「春菊」。お鍋やすき焼きに入れるイメージが強いですが、実はサラダなど生で食べてもおいしいです。

旬の春菊の葉はとっても柔らかくて苦みは控えめ、噛めば甘味さえ感じます。そんな春菊には、アンチエイジングや美肌作りに欠かせない「抗酸化力」(=細胞の老化を防ぐ力)が高いβ-カロテンやビタミンEが豊富。

つい不足しがちなカルシウムや鉄分、代謝をサポートするビタミンB2など栄養バランスの良い冬の緑黄色野菜である春菊。

鮮度の良い購入当日は、亜麻仁オイルなどの良質なオイルをドレッシング代わりにしてサラダで、翌日以降は味噌汁や鍋などに入れて楽しんでみて。

すぐに使いきれない場合は、洗って水気をしっかり切り、約3cm幅に切ってラップに包んで冷凍用保存袋に入れて冷蔵保存を。

美肌作りには「水菜」

水菜

京都原産のため「京菜」とも呼ばれる「水菜」はシャキシャキとした茎部分、やわらかな葉部分ともに生でも加熱してもおいしい冬野菜。

こちらも栄養バランスに優れていますが、特にビタミンCが豊富なため冬の美肌作りや免疫力アップに◎。ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートするので、寒さなど冬の肌ストレスケアにおススメです。

他にもむくみを防ぐカリウムや強い骨や歯や爪を作るカルシウムも豊富。定番の千切り大根と合わせたハリハリサラダや、油揚げや豚肉と合わせた出汁浸し、しらすやささみと合わせたパスタなどがおススメです。

水分が多いので冷凍保存には向きません。購入後はなるべく早く使い切りましょう。

乾燥対策には「人参」

2017iwata02

通年で回る人参ですが「冬人参」は甘みが強く味が濃いのでとってもおいしいです。

人参にはお肌の細胞や粘膜を乾燥から守って強くするビタミンAが豊富で、野菜類の中でもトップクラスの含有量。ビタミンA(β-カロテン)は細胞老化を防ぐ抗酸化力も高く、冬の美肌作りに欠かせません。

ビタミンAは油脂類との相性が良いので、生食よりも加熱調理がおススメ。加熱することで甘みも増します。

生で食べたい場合はオリーブオイルなどでマリネすると良いでしょう。ポリ袋に入れて冷暗所で保管しておけば日持ちもするのでまとめ買いも◎。


旬野菜はその時期に大量にとれるため、基本的に値段も安く、また栄養価も高いのが特徴。
寒さや乾燥などでお肌や体の調子が狂いやすい冬、体の中からキレイと元気を磨くためにも、ご紹介したお野菜を毎日の食事に取り入れてみて下さいね。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

    【あわせて読みたい】
    毎日の食費を賢く節約!スーパーでまとめ買いするべきもの10選
    もう腐らせない!忙しい女性がスーパーで購入するべき食材10選
    時代は食べて痩せる!ダイエットに役立つ身近な食材5つ
    15分で出来ちゃう!簡単ヘルシー節約お弁当レシピ3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら