LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

皮膚科医が教える、デコルテニキビの原因と対処法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ふと鏡をみたら、デコルテにニキビが…。いつの間に? なぜこんなところに?

ニキビが気になってデコルテの開いた服が着られないとなっては、悲しいですよね。

デコルテの美しい女性

そんな悲しい思いをしないために、皮膚科医の宇井千穂先生にデコルテニキビができる原因や対処法、スキンケアの選び方などを伺いました。

トラブルに悩まされている人は、しっかり読んでくださいね。

宇井千穂先生

■プロフィール
宇井千穂 先生
1990年、準ミス日本受賞。
全日空客室乗務員を経て、医学部を卒業し、現在、皮膚科医・美容皮膚科医として勤務。
皮膚科医としては、活性酸素とSODの研究による天然の治療薬を使い、アトピーを中心とした皮膚疾患を診ている。
女医+(じょいぷらす)所属。


デコルテニキビの原因

思春期のニキビは成長時に必要なホルモンの分泌によって皮脂腺の機能が高まり、過剰につくり出された皮脂が毛穴に詰まることでできます。
また、毛穴は完全に発達しきれていないため小さく、皮脂が詰まりやすいことも原因です。

一方で、毛穴が発達し終えた大人の場合、ニキビは脂漏性毛包(しろうせいもうほう)にできます。

「毛包」とは毛根を包む皮膚の組織のことを表し、「脂漏性毛包」とは発達した脂腺をもつ毛包のことをいいます。

他の毛包よりも短く、細い毛で、額、頬、眉間、胸、背中に多く見られます。ホルモンバランスが崩れたり、皮脂腺機能を高める男性ホルモンが優位になってしまうと、ニキビは発生しやすくなります。

また、デコルテは、入浴時に髪の毛から垂れてくるシャンプーやリンス、トリートメントなどの影響も受けやすいため、ニキビができやすい部位でもあります。
胸元や肩、背中などにできたトラブルから、それを隠そうとして髪を伸ばしていることも、髪とデコルテの接触を多くしてしまい、その刺激や髪に付着している整髪料などの汚れなどから、デコルテのニキビをさらに悪化させる原因になっていると考えられます。

デコルテニキビの治し方

デコルテにニキビができてしまったとき、心掛けたいことが大きく分けて3つあります。

・バランスの良い食生活を心がける

・ストレスや不眠を解消する

・過労に気を付ける

以上のことは、皮脂の過剰分泌を抑えて肌を整えることになり、毛穴本来の機能を十分に働かせることにもつながります。

ニキビの原因としては、ホルモンバランス、皮脂、角化異常、細菌感染や外的刺激などが挙げられますが、家族性(遺伝的なもの)であるともいわれています。

ニキビ対策に気をつけるべきこと6つ

◆日常生活の改善

規則正しい生活をしてホルモンバランスを整えましょう。便通を整えることも重要です。

また、スキンケアも洗顔方法や、化粧品の見直しをしてお肌への外的刺激を避けることが大切です。
洗顔はしっかり泡立てすることで、皮膚への摩擦を軽減させるように洗いましょう。また、毛穴を塞ぐことのないように油分の少ないファンデーションを選んでくださいね。

◆保湿をする

ニキビに悩む人は保湿を控えめにしがちですが、皮膚を乾燥させてしまうと角質が厚くなり、皮膚のバリア機能を低下させてしまうことになるので逆効果です。保湿はしっかりと行いましょう。

◆食事

肌を健康に保つためには、ビタミン豊富な野菜や便秘予防のための食物繊維などを積極的に摂るようにしましょう。
しかし、特定の食べ物だけを摂取していれば良いというものではありません。さまざまな食材を取り入れ、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

◆アダパレン・レチノイド外用薬を塗布する

ニキビに塗ることによって毛穴の角化を抑制し、面皰を少なくする働きをします。
塗り始めの1~2週間はヒリヒリする感じがありますが、それは一時期です。保湿をたっぷりするなどして工夫して使用しましょう。

◆抗菌薬の服用

炎症性ニキビでアクネ菌が増殖してしまった場合には抗菌薬を服用したり、外用する場合があります。軽症から最重症な方まで幅広く使われています。
その他、内服薬や外用薬、漢方などを併用することで治療していくことが多いので、一度皮膚科を受診してみることをおすすめします。

◆美容皮膚科を活用する

美容皮膚科を利用するのもひとつの方法です。
ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6などの点滴があり効果的です。また、古くなった角質を無理なく剥離して肌の新陳代謝を促す「ケミカルピーリング」や、超音波での「イオン導入」もあります。

毛穴でお悩みの方にはグリシルグリシンがおすすmです。
グリシルグリシンは魚介類に多く認められるアミノ酸の一種で、保湿成分が豊富で皮膚内で天然の保湿因子の役割をするため、乾燥肌を改善したり、毛穴の開きを小さくするのに効果があります。

フラクショナル炭酸レーザーも有効で、CO2を用いて皮膚の再生能力を高めます。表皮から真皮までCO2レーザーで微細な穴を開けることで、真皮層のコラーゲンの再生を促します。表皮も修復するため、皮膚を新しく生まれ変わらせることが期待できますよ。

スキンケア商品を選ぶポイント(保湿、炎症を抑える)

デコルテ専用のクリームを使用するのも良いですが、洗顔後のケアと一緒に、化粧水やクリームなどで保湿することも有効です。
ベタつきの気になるボディクリームなどは、人によってはトラブルを起こす場合があるので注意しましょう。

炎症したニキビが生じた結果、組織が破壊されてしまうので、その修復過程において、瘢痕組織(はんこんそしき)ができやすくなります。
瘢痕組織はニキビ跡の原因にもなるものなので、炎症を和らげるために、その部分をクーリング(冷やす)するのは効果的です。
保冷剤をハンカチなどで包み、患部にあててみると良いでしょう。

デコルテニキビの予防法(刺激を与えない、清潔に保つ)

デコルテの綺麗な女性

シャンプーやリンス、トリートメントなどの洗髪剤による影響を少なくするためには、髪を洗った後に洗顔をし、デコルテについた洗髪剤を意識的に洗い流すことが大切です。

首から胸元にかけてのデコルテラインは、洋服で隠れていることも多いためにトラブルに気づきづらく、知らずに悪化させてしまうケースも多いのが特徴です。

汗をかいたらこまめに拭き取ったり、汚れを溜め込まずに清潔を保つようにしましょう。
石けんを使用して身体の洗浄をするのは、1日1回で十分。
夏の暑い季節の昼にシャワーを浴びたい時には、温水で皮膚に付着した垢や汚れを洗い流すだけでよいでしょう。入浴後はとくに乾燥しやすいので、顔と同じように、デコルテ部分も十分な保湿を心がけてください。

ニキビが気になる時にやってしまうNG行為とは?

1.ピンセットでぬく

毛穴や周囲の皮膚を傷つけてしまうと、そこから炎症や細菌感染を引き起こしてしまう可能性があるのでやめましょう。
また、角質層が傷つくことで、より過剰に皮脂をつくり出そうとする結果に…。それが余計に毛穴を詰まりやすくさせ、ニキビを悪化させることにつながるので注意しましょう!

2.乾燥させる

肌の水分不足は毛穴を目立たせてしまう原因のひとつです。保湿を控えることは角化異常を引き起こし、肌の水分バランスを崩す恐れがあります。それが肌のハリやキメを乱し、毛穴をが目立たせるといった悪循環を引き起こしてしまうので注意が必要です。

3.洗いすぎる

洗顔の大切さはもちろんありますが、そればかりに意識がいってしまい、洗いすぎてしまうという人が多いようです。
隅々まで力を加えて洗ってしまう、時間を長くかけて洗ってしまう、1日に何度も洗ってしまうなどの行為は、肌に負担をかけ、よりトラブルを悪化させてしまうことになるのでやめましょう。


いかがでしたか? デコルテニキビの原因は日常の習慣に潜んでいるものが多いことがわかりましたね。
顔にできるものと共通する原因もありますが、汚れを溜め込んでしまうことや、保湿が十分にできていないことも原因となるようなので日々の生活で意識してみましょう!


(LBR編集部)

【あわせて読みたい】
二の腕のブツブツの原因と対処法
男性の6割はつい見ちゃう!?背中のブツブツの原因と対策
寝る前1分!セルライト解消美脚ストレッチ
うつくしい美白肌の秘訣は、デコルテコットンパック – モデル・泉里香

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら