LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

エステのプロが伝授!太りにくい身体にする3つの習慣

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

20代の頃は何もしなくてもスルスルと痩せていったのに、30代になってからは体重が落ちにくくなってきたと感じている人もいるかと思います。

スッキリボディを叶えるためには、「代謝を高める」ことがとても重要となってきます。

そこで今回は、エステティシャンである筆者が、代謝を高めて太りにくい身体にする3つの習慣を伝授します。

すっきりボディの女性

入浴は毎日おこなうこと

お風呂に入る女性

湯船に浸かるのが面倒でシャワーだけで済ませていませんか? 湯船に浸かって身体の芯までしっかりと温めれば、血の巡りがよくなるので、代謝が高まります。
また、血の流れが良くなると老廃物の排泄を促すので、むくみを予防することもできます。

体温が1℃下がると、代謝量は約12%ほど落ちるといわれています。寒い冬は身体が冷えがちですので、湯船にお湯を張る習慣をつけるようにしましょう。

温かい食べ物や飲み物を積極的に摂る

飲み物を飲む女性

体温がアップすれば、代謝も上がります。温かい食べ物や飲み物を積極的にとって、身体を温めましょう。

食事を摂る時は、最初に白湯や温かいお茶、スープなどを口にする習慣をつけましょう。

冬はお野菜たっぷりのお鍋がおすすめです。生姜や薬味を取り入れたり、根菜類や蒸し料理などといった温かい食事や身体を温める食材を意識して摂り、内臓を温めるように意識すると良いでしょう。

寝起きや寝る前のスキマ時間に身体を動かす

エクササイズする女性

日頃から定期的に全身運動を出来れば良いのですが、なかなかそうはいかないことも。

寝起きのベッドの上で腕や脚を伸ばしてストレッチをしたり、歯磨き中や家事中に出来るながらエクササイズを取り入れたり、入浴中や寝る前にも一日の疲れをほぐすようにマッサージやストレッチを取り入れてみて。

日中使わない全身の筋肉を、朝と夜に動かしてみましょう。身体を動かすことを習慣にすれば、代謝が上がり、体重も変わってくるはずです。


いかがでしたか? 上記3つを習慣化させることで太りにくい身体を作ることができますよ。できることから始めてみて、徐々に身体に記憶させてみてくださいね。

ライタープロフィール

エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ

某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。

    【あわせて読みたい】
    テレビを見ながら・寝ながらできる、カンタン美尻エクササイズ
    冬はお鍋でダイエット!10分で作れるヘルシーぶりしゃぶ鍋
    食べて痩せる!ダイエットをサポートする食材&レシピ3つ
    ダイエット中こそ食べて!健康と美を守る食べもの5つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    “空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    【参考】
    「1日1回1℃アップ」で代謝の良いカラダ – サワイ健康推進課
    体温が2度違うとここまで違う! – ジョージア
    「冷え太り」にご用心! – 養命酒製造

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら