LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

お正月太り解消!食べすぎをリセットする簡単朝ごはん3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

楽しく過ごしたお正月では、皆さん、普段の生活よりたくさんの美味しいものを食べて過ごされたのではないでしょうか。お正月は、新年のお祝いですから美味しいものを楽しく食べるのが正解! でも、お正月が終わったらしっかりリセットしたいですよね。

お正月の食べ過ぎをリセットする簡単朝ごはんを3つご紹介します。

なめこのお味噌汁

食べ過ぎをリセットする朝ごはん3つ

(1)とろろ昆布入りオートミール

食べ過ぎて腸の不調を感じている方におすすめなのが、とろろ昆布入りオートミールです。お正月のご馳走に不足しがちだった、水溶性食物繊維がたっぷり含まれています

分量はお好みでOKですが、オートミールの倍量の水でオートミールが柔らかくなるまで温め、とろろ昆布を加えて出来上がり。とろろ昆布の自然の塩味で、味付けなしでも美味しくいただけますし、七味唐辛子やユズを加えても◎。

(2)なめことワカメのお味噌汁

なめこのヌルヌル成分は、水溶性食物繊維の仲間です。ワカメも水溶性食物繊維とミネラルの宝庫です。

水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境美化に役立つほか、消化が穏やで、満腹感を持続させる働きもあります。お正月休みで、たくさん食べる習慣がついてしまった方にもおすすめです。

(3)納豆もち麦ごはん

最近人気の高いもち麦は、その約1割が食物繊維で、もち麦の食物繊維の6割以上が水溶性食物繊維です。玄米のような硬さもなく、無味無臭で白米に近く食べやすいことも人気の一つです。

もち麦だけでも、白米を食べるより腸内環境を整える効果は高いのですが、納豆を加えれば更なる美腸効果が期待できます。

炊いたもち麦は、冷凍保存も可能ですから週末に炊き、小分けにして冷凍しておくと便利です。


楽しかったお正月の食べ過ぎをしっかりリセットして、今年も食べてキレイを実践したいですね。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

【あわせて読みたい】
お正月太りは早めにリセット!ちょい痩せダイエット法3つ
プチファスティング3連休!正月太りをリセットするメニュー
食欲の秋を迎える前に!胃腸疲れをリセットする薬膳食材4つ
食べ過ぎた後のリセットメニュー!大根サラダダイエット

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
食物繊維の分類と特性 – 大塚製薬

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら