LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

その唇でキスできる?皮むけ唇を引き起こす8つのNG習慣

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

年末年始は普段と比べて特別なデートをする人も多いはず。

ヘアやネイルも新年に備えてばっちりキレイに整えたのに、唇は皮がむけていてガサガサ……というのは残念ですよね。

そこで今回はガサガサ、皮むけ唇をつくってしまうNG習慣をご紹介します。

リップを塗る女性

彼との距離が近くなっても大丈夫なように、チェックしておいてくださいね!

皮むけ唇予備軍チェックリスト

唇ケアをする女性

意外とあるガサガサ唇、皮むけ唇の原因をつくってしまうNG習慣。当てはまるものはありませんか?

(1)唇をなめる癖がある 

(2)唇のUV対策を怠っている 

(3)口紅がしみるなど肌に合っていない 

(4)睡眠不足 

(5)ビタミン不足 

(6)クレンジングが強すぎる

(7)暴飲暴食

(8)胃腸の調子が悪い

年末年始は飲み会で胃腸が疲れていたり、仕事が忙しくて睡眠が足りていない人も多いですよね。

実はそういったことでも皮むけ唇の原因になってしまうのです。年末年始は特に注意が必要です!

唇トラブルの原因と種類

美しい唇の女性

ガサガサ唇

外気が乾燥する冬は、もともと皮膚が薄くデリケートな唇は影響を受けやすいパーツ。

体の乾燥を感じる時は、真っ先に唇が影響を受けている可能性が大。

皮むけ唇

ガサガサが進んだ状態。乾燥した唇を開いてぱっくりと割れてしまうことも。

口唇炎も(こうしんえん)皮むけすることがあります。

口唇炎

乾燥や化粧品、食品などが刺激となり、唇に赤味が出たり、しみたりしてしまう状態。

口角炎

口角が切れたり、赤くただれたりしている状態です。

皮むけ唇を防ぐためにできること

リップを塗る女性

(1)規則正しい生活

睡眠をしっかりとることで細胞が修復されたり、食生活をきちんとすることで皮膚を強化することができます。

東洋医学では、消化器系の入り口である口元に胃腸のトラブルが出るという考えも。

規則正しい生活はトラブルを減らすための基本ともいえます。

(2)リップクリームの使い分け

リップを塗る女性

リップクリームには、化粧品・医薬部外品・医薬品の3種類があり、それぞれ使用目的が違います。

化粧品は「保湿」、医薬部外品は「あれ予防」、医薬品は「治療」目的で使うのが◎

すでにガサガサや皮むけが気になる時は医薬品のリップクリーム、あれやすい人は医薬部外品、特にトラブルがない時は化粧品のものなど、唇の状態で使い分けてみて。

(3)NG習慣の排除

唇を舐める女性

保湿を頑張っても、唇をなめる癖や、唇への刺激が強い生活習慣ではなかなか良くなりません。

まずはNG習慣をやめて、トラブルが出ないように心掛けましょう。


ガサガサの唇ではキスをするのもためらっちゃいますよね。彼がつい目で追ってしまう柔らか唇はNG習慣を改善すれば叶います。

唇の乾燥でお悩みの方は参考にしてくださいね。

ライタープロフィール

紅華堂主宰・国際中医薬膳師・坂本 雅代

大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は16年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。

【保有資格】

国際中医薬膳師/中医薬膳師/JREC認定リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/ファセテラピー

【あわせて読みたい】
くちびる、ツヤツヤな人とガサガサな人の違いはここにあった!
ガサガサ唇卒業!炭酸美容家が伝授するキスしたくなる唇になる新習慣
塗り過ぎ注意!? かえってカサカサになっちゃう唇ケアって?
唇の乾燥対策に!自宅で簡単にできるリップパックケア

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
口角炎・口唇炎 – ロート製薬
口内炎・口角炎症状・疾患ナビ – タケダ健康サイト
口唇炎・口角炎 – 埼玉県皮膚科医会
口唇炎 – 品川シ―サイド皮膚・形成外科クリニック
「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」にはどんな違いがあるの? – 花王

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら