LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

就寝前に試してみて!お腹痩せを叶えるアイテム&エクササイズ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

会食が増えるこの時期。食べすぎてお腹まわりが気になってきた、なんて人も多いのでは? ぽっこりお腹を解消するには、骨盤の仙骨(せんこつ)を正しい位置に戻し、インナーマッスルを「使える位置」に改善することが大切です。
そこで今回は、ボディメイクトレーナーの筆者がオススメする、お腹引き締めアイテム3点とそのアイテムを使ったエクササイズをご紹介します。

寝ながらできるお腹痩せエクササイズ

これなら続けられそう!お手軽お腹スッキリアイテム

仙骨調整クッション「コシレッチ」

コシレッチを持つ才原さん

写真右・3,000円(税抜)

こちらは整体師の藤田淳士さんが考案されたアイテム。骨盤調整を自分でおこなうことが出来ます。使い心地は、まるで整体師さんに施術をしてもらっているかのよう。
筆者のスタジオでも会員さまが「これなら自宅で続けられる!」と、その即効性とお手軽さに嬉しいお声をたくさんいただいています!

「コシレッチ」を使ったぽっこりお腹解消エクサ

コシレッチを使用する才原さん

(1)お尻の割れ目の線のすぐ上にある「仙骨」に「コシレッチ」を置いて仰向けに。これをするだけでも骨盤矯正効果があります。
お腹はペタンコにへこませ、お腹~足の付け根がじわ〜っと伸びていることを感じます。(15秒)

片足を持つ

(2)片足を反対の手で持ちます。仙腸関節(せんちょうかんせつ)を調整するので、腰痛もすっきり! (15秒×左右)

足をひし形にひろげる

(3)膝をひし形に曲げて、左右に揺らします。心地よいテンポでOK。(15秒)

肘を回す

(4)コシレッチを肩甲骨の内側に置きます。肘で円を描くように回しましょう。猫背や肩こりの解消にも効果が期待できます。(10回×内回し&外回し)

手をワイパーのようにする

(5)手をワイパーのように上下に動かして。背中のお肉引き締めにもGOOD。(アップダウン×5回)

頭の後ろにクッションを置く

(6)今度は後頭部にコシレッチを置いて、鼻先を縦に動かします。(15秒)

鼻先を横に水平に動かす

(7)次に鼻先を横に水平に動かして。首・肩コリの解消・自律神経の調整に効果が期待できます。(15秒)

うつ伏せになる

(8)最後にコシレッチをお腹の下に置いて、呼吸をしながら腹筋をゆるめます。(30秒~1分)

コシレッチエクササイズは寝る前がベスト!

コシレッチクッションは夜眠る前に行うと安眠効果が期待できます。安眠は「痩せ体質」へ導きます。
重さもなくコンパクトなので、なかなか寝付けない旅行に持っていっても◎! お友達やご親族へのプレゼントとしても良いですね。

お腹の筋肉が簡単に鍛えられるアイテム

座ってお腹の筋肉を鍛える「コアビーンズ」

コシレッチを持つ才原さん

写真左・7,344円(税抜)

こちらも整体師の藤田淳士さんが考案した時短お腹引き締めアイテムです。腹筋の奥へのアプローチがご自宅で手軽にできるので、筆者のスタジオ会員さまにもご好評いただいています。

「コアビーンズ」を使ったお腹痩せエクサ

コアビーンズの上に座る

(1)コアビーンズの上に座ります。骨盤の下にある坐骨(ざこつ)をしっかり下に刺すイメージを持ちましょう。
背骨を天井に向かって伸ばしておく状態を保つだけで、“お腹痩せスイッチ”がONになります。

尾てい骨をカールさせるように少し丸くなる

(2)次に、尾てい骨(びていこつ)をカールさせるように姿勢を丸くします。
アルファベットの「J」のように背骨をしならせてみましょう。頭は天井へ伸ばすイメージを持って。
下腹にじわ〜っと効いている感じがあれば正解!

片足を上げて反対の足で床を踏む

(3)ここからはチャレンジエクササイズです。(2)のスタイルをキープしたまま、片足を上げて。反対の足で床を踏みます。

上がっている足の方へ上半身の向きを変える

(4)(3)のスタイルをキープしたまま、上がっている足の方へ上半身の向きを変えます。おへそを正面に残すようにして“くびれ筋”にアプローチしましょう。

お腹痩せには“足裏トレーニング”も大事!

「ラクロスボール」で足裏トレーニング

ラクロスボール

1ダース 1,889円(税抜)

お腹に効かせるエクササイズを行っても、ヒールやパンプスなどを履いて起きるカチカチ足裏のままでは、立った時に上手にお腹をへこませることが出来ないことも。

足裏の重心の位置が正しくなると、お腹がペタンコになる方はかなり多くいらっしゃいます。実は足裏の筋肉は姿勢を保つ筋肉とつながっています。立った状態でしっかり足の裏を使い、足裏~お腹の連動を感じていただくと歩行自体が、お腹引き締めエクササイズに。

重心の位置を正しくするために、「ラクロスボール」で足裏をコロコロほぐしましょう。それだけで姿勢筋の改善効果が期待できます。ラクロスボールの硬さは筋肉をほぐすのに適しているのでオススメ。


いかがでしたか? お気に入りのアイテムを見つけて、年末年始太り防止にご活用ください。

ライタープロフィール

スタイルアップトレーナー・才原洋子

女性のためのスタイルアップトレーナー。女性専用トレーニングスタジオSOU赤坂店主宰。OPEN3か月で予約の取れない人気店に。BESJpilatesマスタートレーナー/バーオソルオフィシャルトレーナー/女性の美ボディメイクを数多く実現。

【保有資格】

Body Element Pilates トレーナー/BodyKey トレーナー/MasterStretch トレーナー/SOU認定スタイルアップトレーナー/SOU認定 スタイルアップ矯正士/小顔美容矯正士/NCG栄養コンシェルジュ

【あわせて読みたい】
痩せない理由は「隠れ不眠」!? 寝る前1分の快眠ストレッチ
ぽっこりお腹に◎!初心者向けのカンタン腹筋運動
1日1分!ぽっこりお腹やむくみ脚をスッキリさせる股関節ワーク
年末年始の食べ過ぎに!ぽっこりお腹を解消する3ステップ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
コシレッチ – プロイデア
腹筋エクササイズ コアビーンズ – プロイデア
ラクロスボール – LAXKONG

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング