LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

クリスマスまで1ヶ月!無理なく痩せるために守るべきこと3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

クリスマスまで、1ヶ月となりましたね。無理なダイエットはよくありませんが、でも当日に「素敵なワンピが着たい!」「あのブーツが履きたい!」などの想いがある方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、あと1ヶ月で無理なく身体を絞るために守りたいことを3つご紹介します。
クリスマス当日にキレイでいるために、意識して過ごしてみてくださいね。

クリスマスまでに無理なく痩せるために守りたいこと3つ


クリスマスまでに痩せる!守りたいこと3つ

(1)夜9時以降は食べない

食べたものが脂肪として蓄積されるか、エネルギーとして消費されるかは、カロリーだけで推し量れません。私たちの身体に備わっている体内時計の働きも大きく関係しています。

起きてから14時間以降は、食べた物を脂肪として蓄積するように身体が働く仕組みになっています。

ですから、朝7時に起きるのであれば、夕食をできるだけ早く済ませ、夜9時以降は食べるのを控えましょう。

(2)野菜たっぷり

ビタミン・ミネラル・ポリフェノール・食物繊維と身体によい働きをする野菜は、ダイエット中でなくてもしっかり食べたいものです。

サラダは量をたくさん食べられませんから、ポトフなどの野菜を煮込んだスープがおすすめです。またコンビニサラダを食べるのであれば、それよりも、トマト1個でもいいので加工食品でない野菜を食べましょう

野菜のほか、納豆や海藻も食物繊維が多いのでおすすめです。納豆や海藻に含まれる水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境美化にも役立ちます。ダイエット中は積極的に食べましょう。

(3)白い糖質を食べない

パンや白米など、糖質の多い食べものは、どうしても太りやすくなります。パン、白米、パスタ、うどんなどの白い糖質は、ダイエット中ならできるだけ避けましょう

主食を全く抜くとストレスに感じる方は、ライ麦100%パン、全粒粉や雑穀粉で作ったパスタ、8割以上のソバ、雑穀を食べるようにしましょう。

主食を抜いた分をタンパク質で補うのも悪くはありませんが、お肉はどうしても脂を一緒に摂ることになります。タンパク質を増やすのであれば、良質の脂肪酸が含まれる魚や、豆類、卵を食べましょう。


クリスマスは、すぐそこ! それまでにしっかり、無理なくキレイにダイエットしたいですね。

ライタープロフィール

美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。

【保有資格】

・Ecole Ritz Escoffier Diploma
・中医薬膳師
・健康リズムカウンセラー
・味覚カウンセラー(スタンダード)

【あわせて読みたい】
食べて痩せる!ダイエットをサポートする食材&レシピ3つ
スリムな体は、お肉を食べてGET!ダイエットにオススメのお肉とは
「高タンパクダイエット」選ぶべきは、肉と魚どっち?
ダイエット中こそ食べて!健康と美を守る食べもの5つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング