LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

プロが教える!タコ・魚の目ができない、ハイヒールの履き方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ハイヒールを履いていて「なんだか足の裏が痛い」と思ったら、いつのまにか指の付け根のあたりに分厚いタコや魚の目ができていた……という方は多いと思います。なぜ、ハイヒールを履くと指の付け根あたりにタコ・魚の目ができてしまうのでしょうか?
今回はその理由と原因について、またタコや魚の目ができないようにするための対策について、ウォーキングインストラクターの筆者がお伝えします。

ハイヒールを履くとタコや魚の目ができる理由

なぜタコ・魚の目ができてしまうのか?

ハイヒールとブーツを履く女性

タコ・魚の目ができる仕組み

タコ・魚の目は、皮膚の防衛反応によってできます。一定の場所に圧力がかかり続けると、その部分の皮膚を守るために角質が厚く覆うこが原因です。

タコは、皮膚表面に角質が重なっていく状態です。タコの場合、できてしまうと痛いというよりは、違和感があると思います。

一方の魚の目は、皮膚の下に角質が重なっていき、その中に硬い「芯」ができます。その「芯」が神経まで届くと、押した時に痛みがでます。

では、ハイヒールを履いていると足の指の付け根にタコや魚の目はどうしてできてしまうのでしょうか?

ハイヒールを履くとタコ・魚の目ができてしまう原因

歩き方が悪い

ハイヒールを履いた女性

ヒールでの正しい歩き方を知らずに歩いていると、どうしても前のめりになり足の指の付け根の部分で着地しがちです。
そんな歩き方を続けていると、足の指の付け根ばかりに圧力がかかり、結果、タコ・魚の目ができてしまいます。

靴のサイズが足に合っていない

大きめの靴は、靴の中で足が前へと滑ってしまいます。そうすると、足の指の付け根が刺激され続けてしまい、どんどん硬くなっていってしまいます。
「デザインが気に入ったけれどサイズがない! それなら少し大きめの靴にしよう。」とサイズを無視して買ったお気に入りの靴が原因になっていることもあるかもしれません。

足の裏の汗

ハイヒールを履く女性

足の裏は意外と汗っかきです。1日の汗の量は、約コップ一杯分といわれています。
正しく歩けて靴もぴったりなのになぜか痛い! という場合は、汗で足が靴の中で滑ってしまい、いつの間にか足の指の付け根部分に刺激がかかってしまっているということもあるのです。

以上の3つのことが原因で、ハイヒールを履くと足の指の付け根あたりにタコ・魚の目ができていることがあります。次に、それぞれの原因に対するカンタンな解決策をご紹介します。

タコ・魚の目解決策

解決策(1)バランス良く着地して、足の指を使って歩く

靴を履く女性

ハイヒールにはハイヒールでの正しい歩き方があります。ポイントは3つ。

(1)つま先とかかとを同時に着地させる
(2)後ろ足の指で腰を前へと押し出すように歩く
(3)頭頂部が糸で引っ張られているようなイメージをもち、腰からが足だと思って足を振り出す。

正しく歩けるようになると、タコや魚の目がなくなるだけじゃなく、ハイヒールで歩くのが嘘のように楽になります。ぜひ、実践してくださいね。

解決策(2)足のサイズに合った靴を選ぶ

ヒールを履いた女性

靴を選ぶ時、ついデザインを優先させたくなると思います。でも、どんなに素敵な靴を履いていても、靴を脱いだらタコや魚の目で足の裏がキタナい! では、せっかくの素敵な靴も台無しです。
靴選びは、『デザイン』よりも『足のサイズ』、『長さ』だけではなく『幅』もしっかり合わせましょう。試しに履いてみて、店内を歩き回り、靴の中で足が動いたりしないかどうかをしっかりチェックしてくださいね。

解決策(3)足裏の汗対策をする

ハイヒールを履く女性

靴は、通気性がある素材の靴を選びましょう。合皮よりは、本革がベストです。本革でも、エナメル素材は通気性がありませんので、長時間履きっぱなしになりそうな時は、別の靴にするか、インソールに滑り止め対策をしましょう。シューズバンドもおすすめです。

ハイヒールとの付き合い方をしっかりマスターしよう!

ハイヒールを履く女性

タコや魚の目ができる原因は、実はハイヒールが原因なのではなく、ハイヒールとの付き合い方を知らずに履いていることが原因です。正しい付き合い方をマスターすると、タコや魚の目のないキレイな足裏になるだけじゃなく、ハイヒールで歩くのが楽になります。
ハイヒールは履くだけで、見た目だけじゃなく、気持ちも女性らしくさせてくれるとっても素敵なアイテムです。ハイヒールとの付き合い方をしっかりマスターして、いつもきれいで周りが放っておけないような素敵な女性になりましょうね!

ライタープロフィール

ウォーキングインストラクター・松原永美里

ウォーキングインストラクター、姿勢と魅力の研究家。外資系金融企業で営業として勤務時代に、営業力を高めるために外見心理学を学ぶ。中でも、姿勢と歩き方を矯正することにより多くの人に受け入れられた体験からウォーキングインストラクターの道へ。銀座を中心にレッスンを提供。

【保有資格】

eikowalk認定骨盤ウォーキング(R)インストラクター/ベストカレッジ認定ウォーキングインストラクター/一般財団法人生涯学習開発財団認定イメージコンサルタント

【あわせて読みたい】
おしゃれな人ほど悩んでる!? 頑固なヒールだこを解消する方法
彼の期待を裏切らない!エステのプロが教える美脚スキンケア
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方
ドラッグストアで手軽に買える!むくみに効く漢方薬3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング