LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

ポイントは4つ!合コンで「おっ」と思わせる自己紹介のルール

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

色んな出会い方が話題になる中で、合コンは相変わらず人気。今年7月に株式会社マッチングエージェントが行った20~40代未婚男女1,000人を対象とした調査でも、恋活・婚活として利用したことがあるサービスの第1位に「合コン・街コン」が君臨。今も昔も、出会いの定番中の定番が合コンなのです。

合コンで良い出会いを見つけるには、最初の自己紹介がカギ。少しでも興味を持ってもらい、多くの男性と盛り上がるのが理想です。
そこで今回は恋愛コラムニストの筆者が、合コンで好印象を与える自己紹介のルールをご紹介します。

合コンで相手の気を引く女性

笑顔で「名前・仕事・趣味」をさらっと話す

合コン

まずは笑顔が大切。第一印象がブスっとした顔では、後半にがんばらないと巻き返しは難しくなります。緊張していても、最初だけでも笑顔でいることを心がけて。

自己紹介では、たくさん自分を知ってもらおうと、長々と話すのはご法度。男性を疲れさせる原因になります。
ここは「名前・仕事・趣味」の最低限の基本情報で十分。「エミです。IT系の会社で働いています。趣味はカフェ巡りです」とさらっと言いましょう。あえてすっきりさせることで、男性に「もっと詳しく知りたい」と思わせるきっかけにもなります。

楽しみたい気持ちを言葉で表現する

乾杯する男女

基本情報を話したら、「今日は楽しく飲みたいです! よろしくお願いします」と、ポジティブなセリフで締めましょう。そうすることで後味が良く、好印象を残すことができます。

緊張して笑顔が作れない場合でも、このセリフは有効。「緊張していますが、今日は楽しみたい」と言う一言を添えて。男性陣のハードルが下がり、どんどん話を広げてくれるはずです。

男性全員の顔を見ながら言う

合コン

自己紹介では、目線も大切。下を向いて話したり、女友達の方を向いて話したり、特定の男性だけに向かって話すのはNG。すべての男性に視線を送ることを心がけましょう。

ときどきタイプでない男性には、目線を送らない女性も見受けられます。気持ちはわかりますが、全ての人に平等な態度でいることが男性に好印象を与えますよ。

「婚活中です」と明言するのはご法度

合コン

婚活中とアピールすれば、同じく結婚願望を持った男性が興味を持ってくれると思っていませんか。実は逆効果。自己紹介で結婚について触れると、「重い女」というレッテルが貼られてしまうのだとか。

男性としては、まず付き合ってみてそこから結婚を考えたいのが本音。付き合う前から「結婚」と言われてしまうと、萎えてしまうのだとか。くれぐれも婚活中であっても、「結婚」という2文字を出すのは控えましょう。


いかがでしたか。合コンの自己紹介は、笑顔でシンプルにこなすのがベスト。そこまで深く考えなくても、十分いい印象を残せます。上記のポイントをぜひおさえておいてくださいね。

ライタープロフィール

恋愛コラムニスト・東 香名子

恋愛コラムニスト。独身女性の本音に切り込み、これまで1000本以上のコラムを執筆。テレビ・ラジオ出演も精力的に行い、梅宮アンナ、IMALUなど芸能人インタビュー歴も多数。元女性サイト編集長という経歴を生かし、Webメディアコンサルタントとしても活躍。著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道。

【あわせて読みたい】
200%出世する!? 「優良物件男子」の隠れチェックポイント
素直になれない…“こじらせ女子”から脱却するたった1つの方法
男性が虜になる!いい女がしている気遣い3つ
女たちよ、愛されよ!死ぬまでパートナーに愛される女の共通点

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
年上と年下どちらがうまくいく!?「恋の年の差」心理テスト
手のひらに「て」があると強運!?「大成功する手相」はコレ
なぜかお金が貯まらない!「節約上手度」が分かる心理テスト
意外と野心家なのは?「お金を稼ぐのが得意な星座」ベスト3

【参考】
未婚率上昇も、20代から40代未婚男女の約7割が「将来結婚したい」と回答 恋活・婚活中の約3人に1人は「マッチングサービス」利用経験あり – サイバーエージェント

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング