LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

全ての女性に読んで欲しい。人生の幸福度を高めるデリケートゾーンのケアについて

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

最近、「デリケートゾーンケア」という言葉が雑誌などでも取り上げられるようになり、目や耳にする機会が多くなってきましたね。
しかしながら実際には、デリケートゾーンのケアとはいったい何をすればいいのか、どうして重要なのかは、まだまだ認知されていないように思います。

改めて知って欲しい。人生の幸福度を高めるデリケートゾーンケア


そこで自身でもデリケートゾーンケア製品を作り、ケアの重要性を伝え続けている植物療法士の森田敦子先生にお話しを伺ってきました。
これから先をより幸せに生きるためにも、ぜひ読んでいただきたいと思います。

森田敦子先生

世界からみた日本人女性のデリケートゾーンは“衝撃的”

森田先生:日本の女性は毛がたくさん生えていて、何もケアをしていない。良い意味でナチュラルすぎてびっくりするというのが、世界の男性の合言葉なのをご存知でしょうか? 世界からみると、日本女性のデリケートゾーンケアはとても遅れているといわれています。

映画「Sex and the City」のセリフにもありますが、中東やイスラム圏は美の国家だから、女性は体毛が1本でもあってはいけないといわれるほど意識が高いのです。日本人も、スカートの下のエチケットを考えなければいけないと思うんです。

このままケアをせずに過ごすと30年後はどうなる?

悩む女性

ずばり、膣の委縮→更年期→尿漏れになる恐れが

森田先生:実は日本人女性は40代からの膣の委縮が著しいのです。膣はもともと加齢とともに乾きやすく固くなりやすいのですが、内側の膣壁も薄くなってくるもの。そうなると粘液の分泌も低下。そして使わないと機能が衰えるのは当たり前のこと。

これが普通のように感じるけれど、どう影響するのか? というと、粘液は異物や雑菌などが体内に入らないように排出してくれるもの(=免疫力)
そしてこの膣の分泌作用は女性ホルモンの「エストロゲン」が減ってくると低下するともいわれています。
粘液が少なくなって乾燥が進むと、膣の委縮が進む。硬くギュッとなってしまうと、指が1本も入らないほどになってしまうからSexもできずにSexレスになってしまいます。
そこからさらに乾燥が続くと、膣口を守るようにしている大陰唇という部分が黒ずみ、シワシワになって垂れ下がってくる。弾力を失い、やがて尿漏れにつながってしまうのです。

きちんと膣周りのケアをして粘液力があれば、更年期だってさっとかわせる可能性は高まります。

まずはデリケートゾーンに興味を持ってみることが大切

水着姿の女性

森田先生:毎月「生理ってめんどう」と思っている人が多いかもしれません。しかしデリケートゾーンは、おりものや生理で毎月お世話になっている部分で新しい命を産む部分。いわゆる“サンクチュアリ”なわけだから決して下ネタではないと考えています。

30代の悩みといえば、PMSや月経痛、むくみ、Sexレス、だけど子どもは欲しいとか、デリケートゾーンのケアや管理ができていないことが多いゆえの悩みだと思うのです。
だからまずは、自分の体に興味を持ってみることが大切。

アラサー女性が今日から始めるべきケア4つ

女性の脚

(1)I、Oラインの毛を無くす

森田先生:結論から言うと、デリケートゾーンの毛は無い方がいいと思います。ヨーロッパの介護施設で見てきた70代80代の膣はプリプリ。痒みやかぶれもないから、そういった薬も売っていない。じゃあ何で日本人女性のデリケートゾーンは蒸れるのでしょうか。それはね、毛があるから。

大陰唇の裏側は汗をかく部分。酸化してしまい、菌の繁殖で臭いを発生させます。それには痒みをともなうこともあります。これは毛が原因で蒸れてしまうからこそ起きる現象。

デリケートゾーンの毛は、40代くらいから白髪が生えてくる人もいます。レーザーは白いものには反応しませんので、30代のうちからI、Oラインの毛はケアしておくべきだと思います。

(2)デリケートゾーン専用のソープで洗ってあげること

森田先生:ヨーロッパでは、デリケートゾーン用のソープで洗ってあげることは当たり前。髪の毛や顔をボディーソープで洗わないのと同じこと。

顔やボディーのケアをするのはとても良いことだけれども、それよりも前にデリケートゾーンのケアとして、せめて専用のソープで洗うことが大切。

(3)しっかりと保湿すること

手にクリームを塗る森田先生

森田先生:日本の介護施設に行ったとき、デリケートゾーンのケアをしていない日本の女性は、IラインOラインの毛は細々で切れ切れ。潤いがなくケアをしてないから大陰唇が黒ずんでシワシワになって、垂れ下がっているのね。これが尿漏れの原因のひとつ。

だから今からIラインとOラインの皮膚がどうなっているのかをきちんと見て、顔につける美容液のように、きちんと保湿をしてあげることが重要なこととなのです。

保湿をしてあげないと皮膚が再生しないし、乾燥しているとターンオーバーが行われないから、もともと黒ずみやすい日本人は、どんどん黒ずんでしまうわけ。

しっかりと保湿をしていくと、膣を鏡で見るのが楽しくなってくるでしょう。

(4)切っても切り離せない性のことと、いま向き合う

カップル

森田先生:現代を生きる女性の性に関する悩みとして、不妊やSexレスがあると思います。なぜ多く人がこの問題で悩むのでしょうか。
今は飽食の時代といわれ、体に良いといわれている食べ物が溢れていて、医療も発達しているのに、なぜ子どもができないのでしょうか。

それは、異性との人間関係がストレスの原因になっていたり、ホルモンバランスが乱れてしまったり、パートナーがいなかったりと、さまざまな原因が複雑に絡み合い、それが原因でSexレスになっているからだと考えます。

では、どうしたらその複雑な要因を払拭できるのか? それには“Sex”が必要です。

科学的な人間の構造で、女性の体は肌の触れ合いやエクスタシーを感じることで、幸福ホルモン、快楽物質ホルモンなどと呼ばれるホルモン「β―エンドロフィン」や「オキシトシン」が出るといわれています。
このホルモンが出ると幸福感に満たされ、ホルモンの影響で肌がつやつやに。
粘液もたっぷり出るようになるし、免疫力も女性らしさも上がります。そしてストレスホルモンと呼ばれている「コルチゾール」が減少するといわれているので、フランス人女性は疲れた日にこそSexをするそうですよ。

おすすめのデリケートゾーンケアアイテム

20171024hoshi03

アンティーム フェミニン ウォッシュ/ソープ(左)

100mL 2,000円(税抜)

森田先生:ボディーソープやお湯ではなく、pHを合わせたデリケートゾーン専用の洗剤で洗ってあげることをおすすめします。

アンティーム ローズローション/潤滑剤(左から2番目)

100mL 3,000円(税抜)

森田先生:潤滑剤は口にしても安心なオーガニックのものが良いと思います。このローズローションは香料を食用のものを使っていますし、膣の保湿ローションとしても使えます。

アンティーム ホワイトクリーム/保湿(中央の黄色)

100mL 2,600円(税抜)

森田先生:とにかく保湿が大切。お風呂から上がったらすぐに、膣周りの水分を手で軽く払って、クリームを塗って。バスタオルで拭いた瞬間から乾燥が始まります。

インティメール バーシングオイル/マッサージオイル(右から2番目)

30mL 10,000円(税抜)

森田先生:膣マッサージ専用のオイルで、妊娠中の方が使うと会陰切開後の回復がスムーズになります。妊娠されている女優さんやモデルさんにも多くご愛用いただいています。もちろん、妊娠されていない方にも膣マッサージはおすすめです。毎日やさしく、会陰部分のマッサージに使ってみてください。

アンティーム ハイジーンシート(右)

30mL 1,500円(税抜)

森田先生:ハイジーンシート。ムレやニオイが気になるときに、優しく拭いてあげて。
外出先や生理時、スポーツの後などに膣周りを拭くことができるシート。黒ずんでしまいやすい日本人に合わせたホワイトニング効果も期待できます。

未来を考えたうえで幸せを追求する!

ハートマークを作るカップル

森田先生:生理などで自分自身が大変な時や、今日下着を彼に見られないぞ! という時は、蒸れにくいコットン100%のパンツがいいけれど、勝負するときはツルッとした素材の下着を選ぶようにして、履き分けてみるのもおすすめです。

まずは自分の体に興味を持って知る、ということがとっても重要なこと。

だって人間の欲求として食欲や睡眠、性欲も欠かせないもの。Sexも相手任せで自分の体がどう反応しているのか、どう快感を求めているのか自分の特徴すら知らない人が多いと感じます。

そして人間本来の本質幸せがどこにあるのか? どこに求めてきたのか? いま立ち返らなければならないと思うのです。

健康で元気で幸せでありたいとは、誰もが願うもの。生きることに対しての本質に気づきやすいのは女性のほうだから、センシュアリティを可愛らしく繰り広げられる大人の女性になってほしいですね。


いきいきと明るくお話しをされる森田先生に「人間として素直に生きることは、楽しいこと。けっして恥ずかしいことじゃない」と気づかされたインタビュー。
日本の風潮としてあるものに対しての考え方を、これから男性も女性も変えていかなければならない部分だなと感じました。

◆森田敦子先生プロフィール

森田敦子先生

森田 敦子

日本における植物療法の第一人者。
CA時代にダストアレルギー気管支喘息を発病したことがきっかけで、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、劇的に改善。帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため会社を設立し「アンティーム オーガニック」などのコスメ開発やルボアフィトテラピースクールを主宰する。著書に『自然ぐすり』『潤うからだ』(ワニブックス)、『自然のお守り薬』(永岡書店・2017年11月10日発売)がある。

ライタープロフィール

Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子

10年以上アパレル勤務後、2014年に独立。在勤中にスクールに通い基礎医学やホリスティック医学を学ぶ。美容&ファッションライターや化粧品&サプリメントの商品開発&経営のコンサルタント業を行う。

【保有資格】

日本メディカルハーブ協会認定 ハーバルセラピスト/日本メディカルハーブ協会認定 メディカルハーブコーディネーター/日本メディカルハーブ協会認定 ホリスティックハーバルプラクティショナー修了/日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーアドバイザー/日本アロマ環境協会認定 アロマハンドセラピスト/日本アロマ環境協会認定 アロマブレンドデザイナー

【あわせて読みたい】
女性のたしなみ!デリケートゾーンの洗い方&専用ソープ4選
甘い物を控えるといい!?生理前のデリケートゾーンのかゆみ対策
デリケートゾーン専用!ニオイ解消アイテムおすすめ4選
彼も好きな香りで、癒しの時間を。リラックスムードを高める香りとは

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
年上と年下どちらがうまくいく!?「恋の年の差」心理テスト
手のひらに「て」があると強運!?「大成功する手相」はコレ
なぜかお金が貯まらない!「節約上手度」が分かる心理テスト
意外と野心家なのは?「お金を稼ぐのが得意な星座」ベスト3

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング