LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

ストレスを解放!心と体をゆるめるリラックス快眠ヨガポーズ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

眠る前に体を動かしたくないし、セルフケアも面倒。1日の疲れは取りたいけれどマッサージに行く時間もない! でも、ゆっくり眠って目覚めを良くしたい。
今回はそんな忙しく働く女性にこそ毎日やってほしい「脱力ヨガポーズ」をご紹介します。そのまま眠ってもOKなので、就寝前に試してみてくださいね。

両膝を立てて、開く

そのまま眠ってOK!心と体をゆるめるリラックスヨガポーズ

全身のチカラを抜いて疲れた体をただ委ねるこのポーズは、骨盤周りの緊張をゆるませて気持ちを穏やかにしてくれます。
前傾姿勢が多いデスクワークの方などに多い内側に入った肩や胸を開いてくれるので、呼吸が楽になりパンパンになった頭もスッキリしますよ! 

STEP1

仰向けになり、頭と背骨の縦ラインにクッションや枕を置いて位置を少し高くする

仰向けになり、背骨の縦ラインにクッションや枕を置いて位置を少し高くします。
脇の下は大きくスペースを開けて、手のひらは天井の方に向けておきます。
首が苦しくならないように首の下にもバスタオル、または頭の下にブランケットなどを敷いてあげてください。

※写真ではヨガクラスで使用するブロックを背骨の間と後頭部にT字にして置いています。

STEP2

両膝を立てて、開く

両膝を立てて足を外側に開き、足の裏同士を合わせて、上から見ると足がひし形になっているような形にします。
この姿勢のまま3分以上ゆっくりと呼吸を行います。アイピローやハンドタオルで目元を暗くするのもおすすめです!

STEP3

両膝を閉じて、右側に横になってクッションから降りたら、そのまま眠ってしまいましょう。

ワンポイントアドバイス

両膝を開いている時に股関節やひざに痛みを感じる場合は、太ももの下や膝の下にもクッションやブランケットを引いて、関節に負担をかけないように行ってください。


お部屋の電気のトーンを落として行うことをオススメします。ポーズをキープしている最中は体を完全に脱力してあげて、呼吸を意識しながら少しずつ自分の重みで体がゆるんでいっているのを感じてください。
ポーズが終了したら、できれば携帯やスマートフォンのチェックはせずに、そのままお休みしてくださいね。

ライタープロフィール

ヨガインストラクター・伊藤 恵里

2011年ハワイ・カウアイ島HALE PULEにて、ヨガとアーユルヴェーダを学び、帰国後スタジオレッスンや企業・大学・ヨガイベントなど各種メディア出演。2015年よりNY在住David Nichternのもとでチベット仏教を学び2017年Meditation teacher Training 150時間指導者養成プログラムを修了。食・心・体のプロとしても活動中。

【保有資格】

ヨガインストラクター/マインドフルネスメディテーション指導/調理師/食育インストラクター

【あわせて読みたい】
寝る前や寝起きに◎!下半身の冷え・O脚の改善に効果的なエクササイズ
落ち込んだら試してみて!気持ちに優しく効くチャイルドポーズ
疲れた心にやさしく働く!簡単にできるリラックスヨガポーズ3つ
自律神経を整える。3分間でできるピラティス流呼吸法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング