LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

香りで季節を表現。秋に纏いたいフレグランス3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

息苦しいくらいの夏が終わって、少し空気がひんやりしてくると「あ、フレグランスを変えよう」と思い立ちます。一年を通してお気に入りの香りがあっても良いのだけど、季節ごとに変わる「空気の匂い」にあわせて違う香りを纏うのも、四季が豊かな日本における密かな楽しみ。そこで今日は、秋の空気感にぴったりなフレグランスを3つ、ご紹介したいと思います。

秋ムードを高める とっておきのフレグランス

秋に似合う香り

湿気・気温共に高くなることの多い日本の夏には、甘すぎる香りでは酔いやすくなってしまうため、爽やかな柑橘系のフレグランスを選ぶ人も多いはず。
秋冬は空気が乾燥し始め、気温もぐんと下がりますから、逆に温かみのあるバニラ系、フローラル系などの甘い香りや、クリスマスムードを思わせるスパイス系の香り、レザーやタバコなどの重厚な香りもさらっと纏えてしまうのです。

ロタール/ペンハリガン

100ml 22,500円(税抜)

ロタール

1800年代後半にイギリス・ロンドンで誕生した「ペンハリガン」。王室御用達としても知られる、イギリスを代表するフレグランスブランドです。

創設者・ウィリアム・ペンハリガンのデザインしたボウタイ付きの香水瓶は、トラディショナルでエレガント。ドレッサーに彩りを沿えてくれます。

「ロタール」は、19世紀の貿易が盛んだった時代背景をテーマに創られた「トレードルートコレクション」の一貫として、2014年に発売されたフレグランス。「ロタール」とは、実在したお茶を運ぶティークリッパー(大型帆船)の名。

シュッとスプレーするとベルガモットやグレープフルーツなどの柑橘系の香りに隠れて、フィグのまろやかさがちらり。お肌に馴染んでくると、フィグミルクや紅茶がどんどん主張を強め、バニラ、ムスク、シダーウッド、オークモスなどがブレンドされたベースノートに落ち着きます。

付ける人の性別を問わないユニセックスの香りなので、カップルやご夫婦で兼用にしても。男性が付けるとどこか中性的で知的な雰囲気に仕上がり、女性が付けると凛とした強さを感じられます。また、オードトワレとは思えないほどの香りの持続性も素晴らしいですよ。

イングリッシュ オーク&ヘーゼルナッツ コロン/ジョー マローン ロンドン

30ml 8,000円(税抜)

イングリッシュ オーク&ヘーゼルナッツ コロン

2017年9月1日に発売となった「ジョー マローン ロンドン」「イングリッシュ オーク」シリーズ。今日ご紹介するイングリッシュオーク&ヘーゼルナッツの他に、イングリッシュオーク&レッドカラントの香りも同時に発売になりました。

香りを纏って目を閉じれば、まぶたの裏に浮かぶのは、朝露で湿った森の情景。どことなく青臭くて、苔っぽい。日本ではなかなか出会えない、懐かしいロンドンを思わせる香り。その秘密は、トップノートのヘーゼルナッツ。ナッツといえば香ばしくて温かみのある香りを想像しますが、このフレグランスに入っているのは焙煎前の青いヘーゼルナッツ。それが、みずみずしくてどこか苦味のあるような、独特の香りを醸し出しているのです。

グレープフルーツからシダーウッド、モス、イングリッシュオーク、そしてアンバーへと移り変わる香りは、付けた瞬間にお肌に馴染み、まるで自分から自然と香っているかのように、お肌と一体化する感覚。秋のひんやりとした朝の空気にぴったりなのです。

ちなみに、イングリッシュオークはイギリスを象徴する木。香料の抽出は困難とされていたそうですが、ジョーマローンが独自の方法でイングリッシュオークアブソリュートから香料を抽出することに成功し、晴れて商品化されたのだとか。向こう5年間はジョーマローンでしか使用されない、貴重な香料なのだそうですよ。

Red Truffle 21/Jo Loves(ジョー・ラブス)

50ml £70.00

Red Truffle 21

「ジョー マローン ロンドン」を離れたあと、創設者のジョー・マローンが新たに立ち上げたのが、「Jo Loves(ジョー・ラブス)」。
ジョー自身が16歳の頃にアルバイトをしていた花屋さんがあったという、ロンドンのエリザベスストリートに所在するお店では、キャンドルのカスタマイズをすることも出来ます。

中でも秋にぴったりなのが「想像もできないような香りがつくりたくて」生まれたという、「Red Truffle 21」。
トリュフ、パインリーフ、ジュニパーといったちょっと男性的な香りに、グリーンフィグの青臭くもやわらかな甘さと、ブラックペッパーのぴりりとしたスパイシーさがプラスされた、とてもユニークなのにどこか懐かしい香り。

フィグの甘みと、パインリーフのシャープな青っぽさが、どことなくクリスマスを思わせる香りなので、ホリデーシーズンに向かって気分を高めたいときにも最適。

まだロンドンに一店舗しかないので、旅行で訪れた際にはぜひ足を運んでみて。

香りで完成する“季節感”

3つの高級フレグランス

香りというのは、その人の総合的な雰囲気や印象とも大きく関わります。せっかく秋冬のファッションを取り入れているのに、フレグランスが春夏のままでは、もったいない! 季節の移り変わりと共に、その空気感とマッチする自分なりの「秋冬フレグランス」を纏うことで、香りもファッションの一部、そしてあなたの一部として、溶け込むのではないでしょうか。

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

ビューティブロガー・Nicole

海外コスメに目がないビューティブロガー。東京、時々ロンドンを拠点とし、常に美容情報を収集中。

【あわせて読みたい】
【2017秋の新作コスメ】軽やかな香りがずっと続くロジェ・ガレの「エクストレド コロン」
【新商品お試しレポ】9月1日発売!「rms beauty」の秋冬新作リップ
【2017秋の新作コスメ】DAZZSHOP 2017オータムコレクションで仕上げる秋メイク
どこよりも詳しく!美容3誌の付録を徹底レビュー(2017/9/23発売)

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

【参考】
ロタール – ペンハリガン
イングリッシュ オーク&ヘーゼルナッツ コロン – ジョー マローン ロンドン
Red Truffle 21 – Jo Loves(ジョー・ラブス)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング