LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

大人の魅力を引き出す。ファンデーションの種類とお肌に合わせた選び方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

一口にファンデーションといっても、パウダリー、リキッド、ルース、クリーム…と種類がたくさんあるので、どのファンデーションが自分のお肌に合っているのかわからない方も多くいらっしゃると思います。
自分にあったファンデーション選びと美しい肌作りは、大人の女性としての魅力を引き出すためにも欠かせないもの。そこで今回は、ファンデーションの種類と特徴、そしてお肌の状態に合ったファンデーションの選び方をご紹介します。

ファンデーション

ファンデーションの種類と特徴

ファンデーションを塗る女性

(1)パウダーファンデーション

細かな粒子を固形にしたファンデーションです。毛穴や気になる場所に重ね塗りすることでカバーし、自然なお肌を作ることができます。スポンジやブラシで仕上げるとキレイに仕上がります。

(2)ルースファンデーション

パウダーファンデーションよりもさらに細かい粒子の粉状のファンデーションです。とても軽いつけ心地のため、ナチュラルメイクや液体状のファンデーションを塗った後の仕上げに使うと良いです。

(3)リキッドファンデーション

ファンデーション

液体タイプのもので、油分が多いため少量で伸びがよく、お肌にピッタリと密着するように馴染みます。量を調整することで立体感のあるお顔を作ることができます。

(4)クリームファンデーション

クリームファンデーション

クリームのようなテクスチャーのファンデーションです。少量でも高いカバー力を発揮します。
濃いメイクを楽しみたい方やトラブルをカバーしたい方に向いています。

(5)ミネラルファンデーション

近頃増えているミネラルファンデーション。石鹸だけで落とせるものが多いので、肌に負担が少ないのが嬉しいポイント。つけ心地が軽く、ツヤ感のあるお肌を作ることができます。

肌タイプ別ファンデーションの選び方

ファンデーションを塗る女性

(1)乾燥肌

お肌の水分量が少なく、乾燥しやすい方は、魅せたい肌に合わせてファンデーションを選びましょう。

ナチュラルメイクに仕上げたいならば、パウダーファンデーションやミネラルファンデーションがオススメ。しっかりメイクの場合はミネラルタイプのクリームファンデーションなどがオススメです。

(2)脂性肌

脂性肌の方はパウダーファンデーションやルースファンデーションがお肌に密着しやすいのでオススメです。

油分量の多いリキッドファンデーションやクリームファンデーションはテカリやすかったり、浮きやすくなるのでメイク崩れが目立ちやすくなります。
Tゾーンは薄めに仕上げ、こまめに直すようにしましょう。

(3)混合肌

混合肌の場合、乾燥しやすい場所やカバーしたい場所はリキッドファンデーションやクリームファンデーションをスポンジでなじませ、皮脂の多いTゾーンは、パウダーファンデーションをブラシで乗せるなど場所によって使い分けましょう。


いかがでしたか? どんなファンデーションを選べば良いのだろう? と思った時は肌質に合わせてファンデーションを選ぶと良いでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ライタープロフィール

エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ

某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。

【あわせて読みたい】
クッションファンデの次はこれ!「テンションパクト」の実力がすごい
時間がなくてもキレイになれる!新作の優秀ファンデーション3選
使い心地が格段にUP!クッションファンデを使いこなすコツ3つ
目指すは「生ツヤ肌」!平筆を使ったファンデーションの塗り方

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
本当に使える!美容家が選ぶ高レベルなプチプラファンデ3つ
テカリ、崩れを防止!ファンデの「水スポンジ仕上げ」って?
30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング