LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

ダイエッター必見!ヘルシーなお醤油ランキングBEST6 

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

和食によく使われるお醤油。実は、お醤油にもカロリーが低いものと高いものがあります。大量に使うわけではないため、意識されている方は少ないと思いますが、思っているよりもお醤油の種類によって、カロリーは変わってくるのです。
そこで今回はヘルシーなお醤油とそのカロリーをランキング形式でご紹介。ダイエット中の方は頭の隅にいれておいてくださいね。

お醤油と大豆

こんなに変わるの!?ヘルシーなお醤油ランキングBEST6

第6位 たまり醤油(111kcal/100g)

愛知県を中心に中部地方で使われている醤油。香りが強くトロっと濃度が高いのが特徴です。刺身醤油としてだけでなく、加熱するときれいに赤くなるのでお煎餅やあられなどに使用されます。

第5位 白醤油(87kcal/100g)

色は黄色い琥珀色で、薄口醤油よりも透明度が高い製品です。実は江戸時代末期につくられるようになった新しい醤油。素材の色をきれいに出せるので、高級料理などの隠し味に使われます。塩分は高いタイプです。

第4位 濃い口醤油(71kcal/100g)

日本のお醤油生産量の8割以上は「濃い口タイプ」だといわれています。
そばつゆ、家庭の味の煮物など、万能の醤油です。東日本の方にとっては、馴染みのある使い勝手のよい醤油だといえますね。

第3位 濃い口醤油減塩タイプ(69kacl/100g)

濃い口醤油で塩分が少ないタイプです。馴染みのある味で塩分が少ないので、ダイエットに向いています。そのまま使ってもよし、煮物や炒め物の味付けにも使いやすい醤油です。

第2位 薄口醤油(54kcal/100g)

濃い口醤油よりも色が淡いのが特徴です。色が薄いので、たくさんいれないと味がつかないと思いがちですが、塩分は醤油の中でトップクラス。濃い口よりも野菜の色がそのまま仕上がります。

第1位 だし醤油(37kcal/100g)

醤油に昆布やかつお節を使用して、香りよく仕上げてあります。うまみが強く、塩分が一番少ないので、ダイエット中には向いているタイプ。そのまま使うとだしの味が引き立ちます。


いかがでしたか? お醤油にもカロリーの違いがあることがご理解いただけたと思います。ぜひ普段のお食事にお役立てくださいね。

ライタープロフィール

株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ

栄養士、肥満予防健康管理士上級講師、美肌マイスター講師。「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマにダイエット指導を行う。溢れるダイエット、アンチエイジングや美肌の情報を精査して正確で信頼できる情報をお届けします。

【あわせて読みたい】
食べて脂肪を燃焼!ダイエット中の味方になる糖質
ダイエット中こそ食べて!健康と美を守る食べもの5つ
ダイエット中の食べたい!を紛らわす30のアイデア
むしろ食べれば痩せる!?ダイエット中に摂りたい糖質3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
しょうゆの種類と特徴 – キッコーマン
※香川 明夫/監修(2017年)「七訂食品成分表2017」(女子栄養大学出版部)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング