LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

腸活のために専門家がセレクト!美容家が選ぶヨーグルト3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

腸内フローラのために、ヨーグルトを毎日欠かさないという方も多いのではないでしょうか。ヨーグルトを作る際に使われる乳酸菌には、いくつもの種類があり、それぞれに得意分野があります。

そこで今回は、美養フードクリエイターである筆者が、腸内フローラのために選んでいるヨーグルトを3つご紹介。自分にあったヨーグルト選びの参考にしてくださいね!

ヨーグルト


美容家が腸内フローラのために選ぶヨーグルト3つ

(1)ビヒダス/森永乳業

ビヒダスヨーグルトには、乳酸菌のほか、人間の腸内に棲んでいるビフィズス菌が配合されています。

乳酸菌は、水溶性食物繊維などエサとなるものを発酵分解する際に乳酸を作り出し、腸内を善玉菌が活動しやすい環境に調えます。

ビフィズス菌は、食べものを発酵分解する際に乳酸だけでなく、酢酸などの短鎖脂肪酸を作り出します。短鎖脂肪酸は腸のエネルギーとなり、乳酸菌だけで作られたヨーグルトよりもビフィズス菌が入ったヨーグルトを食べたほうが、腸内フローラを改善する働きが高いことがわかっています。

また短鎖脂肪酸は、血液に取り込まれ、脂肪の吸収を抑える、食欲に関わるホルモンの分泌をうながす、交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながすなど、総合的な肥満の予防効果が期待されていますから、ダイエットにも◎


(2)カスピ海ヨーグルト/フジッコ

カスピ海ヨーグルトは、強いネバリが特徴のヨーグルトです。そのネバリ成分EPSには、免疫力を高める働きのあることがわかっています。

また、EPSは人間の消化液で分解することができないため、そのまま大腸に届いて食物繊維と同じように働き、食べたものからの糖の吸収を穏やかにする働きが期待されています。

(3)プロバイオティクスGBN1/中垣技術士事務所

手作り派におすすめなのがプロバイオティクスGBN1です。こちらの種菌は、牛乳でも豆乳でもヨーグルトを作ることができます。人の腸内に棲むビフィズス菌が5種類配合されています。

豆乳で作った場合、大豆由来のオリゴ糖などがビフィズス菌のエサとなり、牛乳で作った場合の2〜3倍のビフィズス菌が含まれるそうですから、豆乳ヨーグルトがおすすめです。


ヨーグルトの美容・健康効果は、毎日続けることで実感できます。少量でもいいので、毎日続けて腸内フローラをいい状態に保ちたいですね。


(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

    【あわせて読みたい】
    プラスワンで美味しくキレイに!ヨーグルトちょい足し食材3選
    生乳・牛乳・乳製品…ヨーグルトの原材料の違いとは?
    ビフィズス菌でヤセ体質に!?ダイエットのためのヨーグルト
    ネバリが効く!?ダイエットで食べるべきヨーグルトとは?

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
    その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
    “空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
    見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

    【参考】
    ビフィズス菌BB536について – 森永乳業
    粘りの健康効果 – 「カスピ海ヨーグルト」研究会
    プロバイオティクスGBN1の3つの特徴 – 中垣技術士事務所

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら