LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

美くびれには筋肉が必要!スタイルアップが叶うストレッチ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

食事制限などのダイエットで痩せただけでは、美しいくびれを手に入れることはできません! 逆に体重を落とさなくても、美しいくびれを作ることで、スタイルアップを叶えることができるのです。
そこで今回は、CM中にできる続けやすい美くびれストレッチの方法を紹介したいと思います。スキマ時間を賢く使って、キレイになりましょう。

上半身をねじり同時に両腕を左右に広げる

美くびれに必要なのは「筋肉」!

くびれたウエスト

美しいくびれに必要な筋肉は、「腹斜筋(ふくしゃきん)」と「腹横筋(ふくおうきん)」になります。
腹斜筋は、肋骨下部から骨盤に向かって斜めに覆っている筋肉で、お腹のコルセットのような働きをしたり、体幹を支える役割をしています。この腹斜筋が動くことで、上半身をねじることが可能となります。

いっぽう腹横筋は、腹斜筋のさらに奥にあり、筋繊維が横に走っていて、お腹を引っ込める時に使う筋肉となります。
次からは、以上の2つの筋肉を効果的に鍛えられるストレッチの方法を紹介したいと思います。

座ってできる!美くびれストレッチ

STEP1

あぐらをかいて両手を頭上に上げる

あぐらになり、左右の座骨をしっかりマットに安定させ、両手を頭上に上げます。肘をピンと伸ばし、お尻が浮くぐらいのイメージで背骨を長く伸ばします。

STEP2

上半身をねじり同時に両腕を左右に広げる

息を吐きながら上半身を右にねじり、同時に両腕を左右に広げます。骨盤が前や後ろに倒れることなく、長い背骨の状態で限界までねじりましょう。

STEP3

息を吐きながら、STEP1の状態に戻る

息を吸いながらSTEP1の状態に戻ります。さらに背骨が長くなって戻るよう意識することが大切です。

STEP4

上半身をねじり同時に両腕を左右に広げる

今度は息を吐きながら上半身を左にねじり、同時に両腕を左右に広げます。
上半身を左にねじる時は、右のお尻が浮きがち(右にねじる時は左のお尻が浮きがち)なので、左右の座骨をしっかりマットに安定させたまま左右にねじることも重要です。
STEP1→2→3→4の動きを往復で10回繰り返します。


以上の美くびれストレッチであれば「CM中はやる!」と決めてしまえば、習慣にすることも簡単だと思います。
美しいくびれを作れば、バストが大きく見えたり、ボディライン全体を美しく演出することも可能ですよ! ぜひ実践してみてくださいね。

ライタープロフィール

ダイエットエキスパート・和田清香

これまでに体験したダイエットの数は約350種類、自身も15kg痩せに成功。
健康美に効果のある食事、運動、生活習慣に精通。TVや雑誌、WEB連載、講演活動などで活躍している。
書籍や商品開発、最新ダイエット法を自ら生み出すなど、健康美を目的としたダイエットをトータルに提案する。

【保有資格】

・APFA「Nutrition & Wellness Consultant Certification」
・FTP「マットピラティスインストラクター」
・「NY & NJ State Esthetics License」

【あわせて読みたい】
通勤時間を使ってできる!くびれをつくる簡単エクササイズ
ぽっこりお腹に効く!メリハリくびれを作るヨガポーズ2つ
基本が大事!正しい腹筋(クランチ)のやり方
デニムに乗っかるムダ肉解消!くびれ美人になるエクササイズまとめ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
夏の“下半身太りスパイラル”を解消!太もも引き締めエクサ
足の甲がポイント!サンダルが似合う足になるケア&エクサ
“気象病”に振り回されない!自律神経を整える習慣3つ
たったの2分!四十肩、肩コリ対策にも◎な「腕マッサージ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング