LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

これで完璧!? お出かけ前に確認したい『紫外線対策チェックリスト』

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

8月も後半になりましたが、まだまだ油断できない紫外線対策。日焼け止めを塗ったり、アームカバーをつけたりと、夏の朝は紫外線対策で意外に時間をとられがち。
また、完璧にガードしたつもりが、予想以上に焼けてしまうということも。事前にしておくべき紫外線対策をリストアップしておくと、手早くもれなく準備することができますよ。
今回は、お出かけ前に確認したい『紫外線対策チェックリスト』をご紹介します。

日焼け止めを塗る女性

お出かけ前に確認を!紫外線対策チェックリスト

シミ・そばかすだけでなく、シワやたるみなどの原因にもなる紫外線。きちんとブロックしなければ、知らず知らずのうちに老化が加速してしまうことも。下記のチェックリストで、抜け目なく対策してくださいね。

かんきつ類、きゅうりも! 朝食では「ソラレン」含有食品を避ける

グレープフルーツと女性

「美白のためにビタミンCを摂取しておこう!」と朝食でかんきつ類を食べてはいませんか? レモンやグレープフルーツなどのかんきつ類は、ビタミンCだけでなく、光毒性のあるソラレンを含む食品です。
光毒性とは、紫外線を浴びた際の反応が敏感になり、身体にダメージを与える性質のこと。つまり、ソラレン含有食品を朝に食べると、外出時は日焼けしやすい状態になってしまうということです。

また、かんきつ類だけでなく、きゅうりやパセリ、セロリ、キウイなどにもソラレンが含まれているので、朝食にこれらの食品を入れるのは控えたほうがよいでしょう。

UV対応のベースメイクを

ベースメイクをする女性

お使いのファンデーションや化粧下地に「SPF」や「PA」という表記はありますか? この2つの表記は、紫外線防止効果の程度を表すもので、SPFは数値が高くなるほど、PAは「+」の数が多くなるほど強力になります。
多くのベースメイクアイテムはUV対応されていますが、なかには未対応のものもあるので要チェック。未対応のコスメを使う場合は、日焼け止めを併用しましょう。

メイク直し用のコスメもUV対応アイテムを

メイク直しをする女性

盲点になりがちなのが、メイク直しをするときの紫外線対策。朝塗った日焼け止めの効果が失われてしまうため、メイク崩れを直すためのフェイスパウダーやファンデーションにもUV対応アイテムを選びたいところです。
クリームやジェルタイプの日焼け止めを塗り直すのは大変ですが、パウダー状のアイテムなら短い休憩時間でもさっと塗り直せますよ。

日焼け止めは顔やデコルテだけでなく髪や頭皮、細部にも

おでこを触る女性

レジャーの後は、耳の裏や足首、足の甲などが焼けている方はご注意を。
顔やデコルテ、腕などにはしっかりと日焼け止めを塗っていても、他の部分はおろそかになっている可能性があります。耳の裏は日焼けを自覚しにくいですが、人から見られやすい場所なので塗り忘れのないように。

また、夏場は露出することの多い足首や足の甲もきちんと対策をしておきたいですね。見た目には分かりにくいですが、髪や頭皮も紫外線によるダメージを受けやすいので、帽子や日焼け止めスプレーできちんとガードしておくことが大切です。

行く場所やイベントに応じて日焼け止めを使い分ける

日焼け止めを持つ女性

毎日同じ日焼け止めを使っていませんか? 強力な日焼け止めを毎日使うと、肌に負担をかけてしまう可能性があります。
通勤や近所への買い物などは、SPF20・PA++程度あれば十分です。バーベキューや海水浴、プールなど屋外でレジャーを楽しむ日はSPF50、PA++++のような高い数値のものを選びましょう。また、汗や水に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。

用途によって使い分けることで、肌に余計な負担をかけることなく適切な紫外線対策をすることができます。

日焼け止めは必ず持参&塗り直し

振り向く女性

高い数値の日焼け止めは効果が長時間続くとされていますが、汗や皮脂、顔を触るクセなどによって落ちてしまうことも。2〜3時間おきに塗り直すのがベストなので、外出時は持参しておきましょう。
屋外を歩くのは出勤・退勤時だけという方も、紫外線は窓ガラスを通過する性質があるため、塗り直しをするかしないかで差がつきます。

曇りや雨でも紫外線はたっぷり!日傘や帽子の使用を

帽子をかぶる女性

曇りや雨の日は紫外線対策が手薄になってはいませんか? 紫外線は天候にかかわらず降り注いでおり、うす曇りのときは約80〜90%、曇りは約60%、雨なら約30%の量だといいます。
しかも、雲間から太陽が覗いているようなときは、雲からの散乱光が加わって快晴時よりも紫外線量が増えることもあるのだとか。
日焼け止めはもちろん、帽子や日傘も毎日使うことをおすすめします。

アームカバーは手の甲まで覆えるロングタイプがベスト

半袖やノースリーブの服を着る場合は、紫外線から腕を守るアームカバーが欠かせません。さまざまなタイプが販売されていますが、二の腕から手の甲まで覆うことができるロングタイプは用意しておきたいところ。手の甲は手洗いで日焼け止めが落ちてしまいやすいので、アームカバーでの対策が有効です。
ノースリーブの服を着る機会が多い方は、肩まで覆えるボレロタイプを。エアコンによる冷え予防にも使えるので、持っておくと便利でしょう。


紫外線対策は知識の量で差がつくといっても過言ではありません。用途に合わせて適切な方法を選び、美しく健康な肌を守りましょう!


(コスメコンシェルジュ・古賀 令奈)

【あわせて読みたい】
薄曇りの日でも80%の紫外線量!雨や曇りの日の紫外線対策
日焼け止めだけでは防げない!?紫外線からお肌を守る方法
【#美金 vol.38】美しい肌と髪を守り抜く!紫外線対策アイテム
1年前の日焼け止めはNG?OK?日焼け止めの消費期限とは

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
リピ買い率高し!“理想の自分”に導くボディ用引き締め美容液
お疲れ肌に◎“肌の土台”を整える「導入美容液」が心強い!
浴衣にも◎!色香漂う「うなじ」を作るネックケア3ステップ
毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターが選ぶ「夏の化粧下地」6選

【参考】
紫外線の功罪 – オムロン ヘルスケア
日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方 – ドクターシーラボ
紫外線の性質について – 気象庁

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング