LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

体の中からキレイに!食べ痩せダイエットの基本をおさらい

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

薄着の夏。海やプールで堂々と水着姿になれるスレンダーボディはみんなの永遠の憧れ。でも体に負担のかかる間違った「ダイエット」は、すぐにリバウンドしてしまったり、生理が止まってしまったりと何かと女性の体にダメージを与えてしまうもの。
そこで今回は、健康的なダイエットのポイントを今一度おさらいしてみましょう。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

食べ痩せダイエットの基本(1)消費カロリーを増やそう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

ご存知の通り、食べ物から摂る「摂取カロリー」が、基礎代謝や運動などによって消耗される「消費カロリー」を上回った状態が続くと、身体に余分な脂肪が溜まりやすくなります。
健康的な「食べ痩せ」ダイエットを目指すなら、【腹八分目を心掛ける】【間食は控える】【ストレッチなど運動習慣を取り入れる】この3つが大切です。
ジムに通う時間もお金もない……という人は、なるべく階段を使う、電車では座らずに背筋を伸ばして腹筋を意識して立つ、就寝前にストレッチを行う……など、無理せず生活に取り入れられる運動を積み重ねることが大切です。

食べ痩せダイエットの基本(2)20時以降の食事は控える!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

時間栄養学によると、20時以降の私たちの身体は、同じ食事をとっても栄養をカラダに溜め込もうとする働きが強いとされています。
仕事で遅くなってしまうこともあるかと思いますが、そんな時はカロリーの高い揚げ物やパスタなどを控えるように心がけましょう。今夜は残業だな……という日はなるべく20時までにおにぎりを1つ買ってきて食べ、帰宅後にスープや野菜料理など低カロリーな食事をとる、というように「分食」を心掛けることがポイントです。

食べ痩せダイエットの基本(3)ビタミン・ミネラルを積極的に摂る!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

食事は単に「おなかを満たすため」のものではいけません。毎日の食べ物こそが、私たちのお肌や身体の細胞を作っています。
心も体も喜ぶ栄養バランスの良い食事を、可能な範囲で(週末だけでもOK)心掛けることが大切です。
特に野菜や果物に多く含まれるビタミンやミネラルは、身体の各器官の働きを正常に保つ働きが期待されています。ごはん・パン・パスタなどの糖質が多い食事ばかりだと、代謝がうまく行われず、太りやすい体質や生活習慣病のリスクが高まります。毎食必ず野菜や果物を取り入れるようにしましょう。

食べ痩せダイエットの基本(4)細胞のもとになるたんぱく質もしっかりと!

20170214iwata00

「●●だけダイエット」など極端に栄養が偏った食事や、自己流の「断食」は体に負担がかかり危険です。体重はすぐに落ちても、肌が荒れたり髪がパサパサになったり、生理が止まってしまったり……女性にとってあまり良いことはありません。
美しいお肌や艶やかな髪をキープするためには、肉や魚に含まれる良質たんぱく質をしっかり摂ることが大切です。特に魚は肉に比べて脂質が少なくヘルシーなのでおススメ! 
世界でも注目されている一汁三菜の「和食」を基本とした食事なら、野菜料理(お浸しやお漬物、味噌汁の具など)や発酵食品(味噌や納豆など)も簡単に取り入れられ、食べ痩せダイエットにはピッタリです。


いかがでしたか? 食べたいものをなるべく我慢せず食べ、太りにくい体を作るためには、食べる時間や食べる内容をちょっと意識して、ストレッチなど簡単な運動を取り入れればOK! 食欲の秋がやって来る前に、少しずつ生活習慣を見直し、身体の中からキレイを磨き、スレンダーボディを手に入れましょう。


(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

【あわせて読みたい】
仕事の休憩や残業時に!罪悪感なく食べられるビューティーおやつ4選
5分で完成!キレイになりたい女性の朝ごはん「ピタヤボウル」レシピ
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)」(高橋書店)
※吉田企世子/監修(2008年)「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)
※蒲池桂子,川口 由美子/著(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)
※伊達友美/著(2010年)「食べる美女肌セラピー」(エクスナレッジ)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング