LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

海に行く前にチェック!髪を傷ませないためにやるべきヘアケアとは

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

海で夏を満喫したあと、その楽しかった気分とは裏腹に髪はボロボロになりがち。紫外線や海水によってダメージを受けてしまうと、アフターケアが大変です。
そこで今回は、海に行く方に覚えていただきたい髪を痛めないテクニックをご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

海に行く前はトリートメントで髪を保護

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

海で泳いだ日に髪がガシガシになってしまう原因のひとつが『海水』です。アルカリ性である海水がキューティクルを開いてしまい、毛髪内部のたんぱく質や水分が流れ出たり、髪のたんぱく質が変性してしまうことがあります。こうしたトラブルを防ぐためにも、海に行く前はリンスやトリートメントで髪を保護することをおすすめします。
リンスは髪の表面を保護する役割、トリートメントは髪の状態を整える役割を持っています。リンスの働きも併せ持つトリートメントも多くありますので、そうした商品を選ぶとよいでしょう。

シリコーンが髪や肌に与える影響は?

特におすすめなのが、シリコーンが多く含まれたリンスやトリートメントです。シリコーンは熱や光に強く変性しにくく、水に反応しにくい性質を持っているので、レジャー前の保護に最適です。
有害性を疑われやすいシリコーンですが、多くのメーカーが「髪や肌に負担を与えない」、「毛穴のつまりや成分の浸透阻害を起こすことはない」と発表しています。手触りやまとまりも良くなるので、上手に使いたいですね。

海水につけない、紫外線を浴びない工夫を

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

海水浴を楽しむときは、髪を海水につけないようにしたいところ。海水につかりにくくするためにも、アップスタイルにしておくとよいでしょう。
また、海辺では紫外線対策も重要です。水面の照り返しによってダメージが大きくなるので、帽子や髪にも使えるUVスプレーなどでしっかりとブロックしましょう。

海水浴後はすぐに流してヘアカラー用トリートメントを

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

海水浴を終えたあとの髪はアルカリ性に傾いているので、そのまま放っておくのはNG。できるだけ早く洗い流しておくのがポイントです。
おすすめは、髪をアルカリ性から弱酸性に戻してくれるヘアカラー用のトリートメント。開いたキューティクルを引き締めるよう促すので、数日間使い続けると髪の状態が落ちつくでしょう。


髪にとって、海は厳しい環境です。健康な状態をキープするためにも、傷む前に守ることが大切だといえます。毎年、海水浴後のヘアケアにお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね。


(コスメコンシェルジュ・古賀 令奈)

【あわせて読みたい】
【実証】ティントリップをキレイに長持ちさせるコツ
夏の終わりに、うつくしい髪でいるために。今から使うべきアイテム3選
【トリビア】髪の紫外線ケアには、身近なあのアイテムが有効だった!?
化粧直し要らず!?10時間以上もつ崩れない・ヨレないファンデ5選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
アラフォー美容の新定番!2017年上半期LARベストコスメ大賞
プチプラも!美容家が選ぶ、上半期ベスコス〜メイク編4部門
30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱハーフアップ」のコツ
「残念ハーフアップ」が変身!こなれハーフアップのポイントまとめ

【参考】
毛髪は酸性になると一体どのような状態になるの? – アンファースカルプDボーテ
水質用語集 – 瀬戸内海総合水質調査ホームページ
直後のケア – hoyu
ヘアケア製品の選び方 – Kao

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング