LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

気軽にかじってむくみ予防!おすすめ夏野菜3選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

夏は「むくみ」が気になる季節。むくみ予防にはカリウムをたっぷり含む野菜がおすすめ。
そこで今回は、むくみ予防のために気軽にかじれる夏野菜を3つご紹介します。調理の手間いらずなところも◎! 

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

キュウリ

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

一年中出回っている野菜ですが、夏が旬のキュウリ。水分が多く、汗をかく夏の時期には水分補給のためにも食べて欲しい野菜。
シミの予防効果のある「ビタミンC」やカルシウムの働きを助ける「ビタミンK」を含みますが、量が少ないので栄養はあまり期待できません。ですが、「カリウム」が豊富に含まれているので、むくみ予防効果が期待できます。

ミニトマト

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

中南米原産で、ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるくらい栄養豊富な野菜。
若々しさを保つ効果や肌をきれいにする効果が期待できる「ビタミンA,C,E」を含むだけでなく、脳を活性化させる「グルタミン酸」、血液をサラサラにする「ピラジン」も含む、すぐれた野菜です。
カリウムはトマトよりもミニトマトの方が多いので、むくみが気になっているのなら、ミニトマトをワンパックおやつのかわりに食べましょう。

赤いパプリカ

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

ピーマンより肉厚で苦味が少なく、甘味があるパプリカ。黄色、オレンジなどカラフルですが、赤色は他と比べてカリウムが多めです。
肌のコラーゲンの生成にも必要な栄養「ビタミンC」の含有量も多く、美肌効果も期待できます。中心部の種を取って、そのままかじってください。夏のむくみの予防効果が期待できるでしょう。


むくみが気になったら、気軽にきゅうり、ミニトマト、赤いパプリカをかじって下さいね。塩をかけてしまうとむくみの原因の一つである、ナトリウムを摂取しすぎてしまいます。そのまま食べてむくみを予防しましょう。


(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

【あわせて読みたい】
意外と知らない!? ダイエットトリビア10個(前編)
だから痩せない!?成功率の低いダイエット方法4つ
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
※吉田企世子・棚橋伸子 著・監修(2011)『旬の野菜と魚の栄養事典』(エクスナレッジ)

※香川 明夫 監修(2017)『七訂食品成分表2017』(女子栄養大学出版部)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング