LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

薄曇りの日でも80%の紫外線量!雨や曇りの日の紫外線対策

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「曇りの日は紫外線が弱いはず」と安心していませんか? 実は曇りの日でも紫外線はしっかり降り注いでいます。その量は、晴れた日の6割。意外と多いですよね。太陽が出ていないからと油断していると、シミの原因になりかねません。
そこで今回は、油断しがちな悪天候時の紫外線対策についてご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

曇りの日の紫外線量

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

国土交通省 気象庁のHPの「雲と紫外線」によると、晴れた日のUVインデックスを100%とすると薄曇りの日は約80~90%、曇りの日でも約60%という数字がでています。薄雲りの日の紫外線量は晴れの日とほとんど変わりません。曇った日でもかなりの量の紫外線が降り注いでいることになります。

雨の日の紫外線量

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

もちろん、雨が降っていても紫外線の影響はあります。雨の日でも晴れた日のUVインデックスを100%とすると30%は降り注いでいます。こちらも油断できない数字ですね。

レストランのテラス席は要注意

20160730iwata002

この季節、レストランのテラス席でのランチは気持ちの良いものです。特に雲りの日には安心して選びがちですが、紫外線はしっかりと降り注いでいます。シミが気になる……なんて人には室内でランチをとることをオススメします。
それでもテラス席が選びたいのであれば、ランチの前に顔や手に日焼け止めをしっかりとぬってから外出しましょう。

短時間の外出でも日傘を使う

「近くの外出だから」「ちょっとコンビニにいくだけだから」と日傘をささずに出かけていませんか? 曇った日でも紫外線の量は少なくありません。せっかく毎日気を付けている紫外線対策をムダにしないためにも、外出するときはUVカットの日傘を使いましょう。帽子でもよいのですが、日傘のほうが広範囲をカバーできます。軽い日傘をバッグに入れておきましょう。


曇っていても雨でも日焼け止めはしっかり使用することが大切。日焼け止めは朝つければ夕方まで大丈夫、というものではありません。日焼け止め効果のあるプレストパウダーなどもありますので、お昼休みなどは、メイク直しを兼ねて使うと良いでしょう。
まだまだ悪天候が続く梅雨の時期。紫外線対策をしっかりとして、美肌をキープしましょ!


(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

【あわせて読みたい】
だから痩せない!?成功率の低いダイエット方法4つ
どれを飲んだらいい?意外と知らないトクホ茶の選び方
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
心置きなくたっぷり使える!春の保湿に◎なプチプラケア4選
すっきり小顔で印象アップ!たるみフェイスライン改善エクサ
足のむくみとセルライト対策に◎誰でも簡単!麺棒マッサージ
正しい「呼吸」できている?簡単チェックと舌を鍛える顔ヨガ

【参考】
雲と紫外線 – 気象庁

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら