LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

キレイを遠ざける原因!“夏の冷え”から身を守る方法4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

暑くなると、クーラーがついた部屋に長居したり、冷たい食べ物や飲み物が欲しくなったりしますよね。身体から熱を取るのは大事ですが、気がついたら足先や手先まで冷えきってしまっている……なんてことも。身体を冷やしっぱなしにしておくと、冬に冷えを強く感じたり、お肌にも悪影響を与えてしまう恐れも。

そこで今回は、意外と冷えている“夏の身体”をあたためる方法をご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

夏こそ注意したい!冷えた体をあたためる方法

(1)暑くても湯船に浸かろう

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

夏場はシャワーだけで済ませがちな方も多くいらっしゃいますが、日中、汗やエアコンの風などで身体が冷えている場合もありますので、暑くてもできるだけ湯船に浸かるようにしましょう。

38〜42度くらいの熱すぎないお湯に浸かることで、身体の芯からあたたまるので冷えを予防することができます。また、筋肉の疲れを和らげ、むくみや肩こりや腰痛にも効果的です。

(2)入浴中や入浴後は足のストレッチやマッサージを

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

足裏にはツボが密集しているので、刺激を与えたり、足の指を閉じたり開いたり、ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすようにしてマッサージすることでリンパの流れや血液循環が良くなって冷えの予防に繋がります。その日の疲れもリセットしてくれるといわれているので、翌朝スッキリ起きられるメリットも。

(3)普段の生活で“軽い運動”を心がける

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

日頃からウォーキングやジョギングなどの運動が出来れば理想的ですが、お仕事をしているとなかなか難しいもの。そんな時は、普段の生活で“軽い運動”を心がけて! 
エレベーターを使っている人は階段を使ったり、目的の駅の一個手前で降りて一駅分歩いてみたり、ちょっとした休憩時間に肩や腕を回したりと、日常生活の中で運動が出来る機会を見つけて、なるべく身体を大きく動かすことを意識しましょう。

(4)根菜類を積極的にとるべし

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

夏野菜は暑い夏を乗り切れるよう、水分を多く含み体温を下げてくれるものが多くあります。しかし、水分が多い食材は身体を冷やしすぎてしまうことも。
そんな時は身体を温めてくれる根菜類を活用してみて。人参、ごぼう、里芋、さつま芋、かぶ、生姜、大根など、どれも通年でスーパーに置いてありますので、ぜひ食卓に取り入れてみましょう。


体感は暑い日が続きますが、意外にも身体の内側は冷えていることもあります。入浴やマッサージなどで身体の外側を、食事で身体の内側を温める意識をしてみてはいかがですか? 


(エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ)

    【あわせて読みたい】
    エステティシャン直伝!お疲れ顔にさよならマッサージ
    エステティシャンが教える!シートマスクの効果的なつけ方
    毎日90秒で小顔をGET!モテ顔になれるマッサージ法
    簡単だけど効果は絶大!憧れの小顔になれるセルフケアまとめ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ベッドで3分!春に◎な体を開いて疲れをリリースするポーズ
    美脚効果も!春に◎な心も体も楽になるデトックスヨガポーズ
    美脚を妨げるNG習慣をチェック!簡単「脚トレ」で美脚に
    座り仕事の人に◎姿勢のプロが教える、疲れないイスの座り方

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    Most Popularランキング