LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

痩せグセがつく!? 脂肪の燃焼をうながす身近な食べもの6つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

夏に向けてダイエットに取り組んできた方は、そろそろ追い込みの時期ですね。食事をすると身体が温かくなりますが、これはDIT(食事誘発性熱産生)といって、食後安静にしていてもエネルギーが消費されるからです。

このDITは1日の代謝の約1割を占めていますが、食べるものの内容によってさらに高めることができます。食べるだけでエネルギー消費を高める食材を取り入れて、安静にしていてもエネルギー消費できる身体を作りましょう!

20170628iwata001

DITとは?

食べたものが脂肪として蓄積されるかエネルギーとして燃焼されるかは、カロリーだけで推し量ることができません。なぜなら、食べたものの内容によってDITが異なるからです。タンパク質であれば摂取カロリーの約30%、糖質は約6%、脂質は約4%がDITとして、安静にしていても消費されます。

ですから、低脂肪、低糖質の食事がダイエットにはむいているのですが、タンパク質・糖質・脂質の三大栄養素以外にもDITを高める食べものがあります。

DITを高める食べものとは?

食後安静にしていても消費されるエネルギーを高めるには、交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながすことがポイントとなります。植物に含まれるポリフェノールや魚に含まれる脂肪酸に、その効果が確認されています。身近な食べものでは、下記の食品が脂肪の燃焼をうながす成分を含んでいます。

魚(DHA・EPA:脂肪酸)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

エクストラバージンオリーブオイル(オレウロペイン:ポリフェノール)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

ショウガ(パラドール:辛味成分)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

わさび、からし、唐辛子(カプサイシンなど:辛味成分)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

海藻(フコキサンチン:色素成分)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

グレープフルーツ(リモネン:香成分)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

これらの食品を毎日の食生活に取り入れることで、より効率的に脂肪の燃焼をうながす効果が期待できますね。


夏は、すぐそこ! 最後の追い込みにDITを高める食べものを取り入れて、食べた分をしっかり燃焼させたいですね。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【あわせて読みたい】
覚えておきたい!食べるだけで代謝UPできちゃう「DIT」って?
ごはんに混ぜるだけで肥満予防や美肌が叶う!?美人フード3選
ダイエット中こそ食べて!健康と美を守る食べもの5つ
あなたは肉派?魚派?ダイエット中にオススメなのは

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

【参考】
食事誘発性熱生産/DIT – e-ヘルスネット
脂肪燃焼・体熱生産と食品機能:健康維持・送信のための褐色脂肪の再生と活用 – 京都府中小企業技術センター

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング