LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

まるで夢のような話!? お菓子を食べて痩せる3つの秘訣

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「お菓子」「甘いもの」……ダイエットには禁句の食べ物代名詞ですね。ところが、そんな“大敵”である甘いものを、ダイエットの味方につけ、ダイエットの原動力にする秘訣があったのです。もう、ケーキ屋さんの前を見ないふりで通り過ぎなくていい! 
スイーツ大好き女子としてはとっても気になるこの秘密、教えて下さるのは前回に引き続き、ダイエットコーチの小林一行さんです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

甘いものがダイエットの原動力になるってホント!?

倉島:甘いものがダイエットの原動力になるなんて、今までと真逆の発想で想像がつきませんが、どのような事でしょうか。

小林:ダイエットにおいては一般的に、食事や運動などメソッド面にばかり目が行き、メンタル面を軽視している人がとても多いように感じます。
しかし実は、メンタル面はとても重要なのです。甘いものは、そのメンタル面を満たす役割で上手に取り入れれば、ダイエットの敵どころか、原動力にすることが出来ますよ。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

(1)お菓子は量より質を選び、自分ヘのご褒美に

例えば、普段のダイエットでちょっとした目標を達成できた自分へのご褒美として、自分をもてなすつもりで、出来る限り高級なケーキを買って、しっかり味わって食べる事です。
この時のポイントは、量より質を選ぶこと。価格の安いケーキやお菓子は、添加物も多く、太る要素が多いためです。

(2)注意!安いケーキは選ばない

実は同じ種類・大きさのケーキでも、価格の安いケーキの方が高カロリーな傾向があるのです。それは、安いケーキには通常、質の低い甘味料が使用してあるから。質の低い甘味料は甘味が弱いので、大量に入れる事になります。
一方、価格の高いケーキは、それぞれが良質の材料で丁寧に作ってあるので、同じものでもボリューム感があります。

また、パティシエが真心こめて作ったケーキは味わい深く、満足度も高いので、食べ過ぎてしまうということはありません。そしてお値段もしっかりしているので、大量に買ってしまうという危険も回避できるのです。

(3)ストレスではなく、ポジティブで自分を満たす

お菓子は「食べちゃダメ」……こういったタブーや極端な制限がストレスとなり、かえってドカ食いする結果につながり、ダイエットが続かない原因になります。注意しつつ中途半端に食べたり、食べて罪悪感を覚えるのではなく、いいものをしっかり味わって、ゆっくり食べる。
そもそもいいものを食べる時は、自然にゆっくりと味わって食べるものですし、本物の味というのは、大量に食べたいと思わないものなのです。

良質なスイーツとおいしい紅茶で、ゆっくりじっくり味わい、楽しむといったメンタル面を満足させることが大切です。

倉島:スイーツを食べても大丈夫というのは、女性にはうれしいお話ですね!

小林:はい、ぜひ良質な甘いものを楽しく食べて、前向きなダイエットに取り組んでいただきたいですね。

【取材協力】

◆ダイエットコーチ 小林一行さん

1965年栃木県生まれ。約10年前にうつ・過食・肥満を経験し、自ら心理学やメンタルを学びうつを克服。その手法をダイエットに応用することでストレスゼロ・ガマンゼロで挫折しない独自のダイエット法を開発し2年で25㎏の減量に成功。現在はダイエットの個人コンサルティング、セミナー、出版を行なっている。著書は全9冊で累計18万部を超える。代表作は『なぜ一流の男の腹は出ていないか?』(かんき出版)などがある。


(スピーチコンサルタント・倉島 麻帆)

【あわせて読みたい】
プロに聞いた!ダイエットが続かない人の3つの特徴
収入が少なくてもお金が貯まる!?お金からモテる方法 〜メンタル編〜
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ベッドで3分!春に◎な体を開いて疲れをリリースするポーズ
美脚効果も!春に◎な心も体も楽になるデトックスヨガポーズ
美脚を妨げるNG習慣をチェック!簡単「脚トレ」で美脚に
座り仕事の人に◎姿勢のプロが教える、疲れないイスの座り方

【参考】
ダイエットコーチ 小林一行(こばやしいっこう)さん オフィシャルサイト

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング