LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

この時期も冷えは禁物!かんたん手作りバスソルトで温活を

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

あたたかくなってくると、冷え対策がおろそかになりがち。冬でなくても、冷たい飲み物や肌の露出で体は冷えてしまいます。
そんな時に大切なのが入浴。効率よく体を芯から温めるために、自分でバスソルトを作って活用してみましょう。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

■冷えの原因となるものを知ろう

まずはさまざまな冷えの原因となるものを知ることが大切。考えられる冷えのもとは、実はこんなにたくさんあるのです。

・肌の露出
・冷たい飲み物
・白いお砂糖
・コーヒー
・セルライト

これらを全て解消するのは難しいので、少なくするように意識することも必要ですね。


■温活はいいこといっぱい

体を温めることがなぜ良いのかをご存知ですか? まず1つ目のいいことは、基礎体温が上がることで免疫力がアップするといわれていること。これから妊娠したい人にも、基礎体温をあげておくことはGoodです。
またダイエット中の人も、体温を上げておくことは代謝アップにつながるため、太りにくい体質を目指せます。


■体をあたためるバスソルトの作り方

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

<材料>

・死海の塩・・・ 100g

・エッセンシャルオイル(全部で10滴)
ラベンダー・・・ 3滴
ゼラニウム・・・ 3滴
ジュニパー・・・ 4滴

・瓶

・お好みでドライハーブ少々


<作り方>

※死海の塩の全体量に対して1%濃度のエッセンシャルオイルを入れましょう。

(1)瓶に死海の塩をいれます。

(2)(1)へエッセンシャルオイルを入れます。入れる際はゆっくりと90度くらいに傾けて、オイルがゆっくりと落ちるのを待ちます。

(3)瓶のふたをしっかりと閉めたら、振ってエッセンシャルオイルを馴染ませます。

最後にお好みでドライハーブを少量加えれば、見た目もキレイなバスソルトのできあがりです。


だれでも簡単に作れるバスソルト。体の芯からあたたまるには、日々の入浴が大切です。忙しい毎日で時間がなくても、湯船にゆっくりと浸かる時間は確保したいものですね。


※妊娠中、妊娠初期、低血圧、授乳中、小さなお子さまへのご使用は避けてください。


(Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子)

【あわせて読みたい】
#私のごきげん習慣『お肌も心も癒やされるお守りスキンケア』
余裕のある日々のために。ハーブティーを生活に取り入れよう
ドリンク×スパイスで、冷えからカラダを守って。おすすめの組み合わせ4つ
生理前ってどうして冷えるの?身体を温めるコツ2つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
美容家が使って良かった!進化したオーガニックヘアケア材
パーソナルカラー別!“美人の法則”でピンクリップに挑戦
【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング