LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

あなたはいくつ当てはまる?PMSになりやすい人の傾向4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

生理前になると明らかに心も身体も不調になる自分。一方で、生理前でもなんの変化もなく「気づいたら生理が来る!」という友人……。
PMS(月経前症候群)に悩む人とそうでない人は、一体何が違うのでしょうか? そこで今回は、PMSになりやすい人の傾向をご紹介します。
「甘いものが好き」「食事バランスが悪い」「湯船につからずシャワー」「よく悩む、自分に厳しい」という人は、PMSになりやすいかもしれません。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

■PMSになりやすい人の傾向4つ

(1)甘いものが好き

生理前ってとくに甘い物が食べたくなる! という方も多いですよね。
お腹が空いているとき血糖値は低い状態。そんな時に甘い飲み物やお菓子、ケーキを食べてしまうと血糖値が急激に上昇し、その後急降下して低くなりすぎてしまい、低血糖状態になることがあります。血糖値が低いとイライラしやすかったり、食欲が増してしまったりするので、甘いものはほどほどにされてくださいね。


(2)食事バランスが悪い

主食(ごはん、パン、麺など)、主菜(肉、魚、卵、大豆製品)、副菜(野菜、きのこ、海藻)が揃う食事を意識していると、そうでない場合よりPMS症状が軽いことがわかっています。難しく考えずに、まずは納豆ご飯にミニトマトなどのすぐに食べられる野菜を加えたらOKです。なれてきたら野菜をたっぷり煮込んだものだけは家にストックしておくと、不足しがちな副菜の補給になり便利ですよ。


(3)湯船につからずシャワーのみで済ます

湯船につかる習慣があると、そうでない人より生理前の胸の張りが少ないそうです。また、湯船につかると浮力により筋肉がゆるみ、脳への刺激が減って身体と心のリラックスにつながったり、水圧により血流も良くなるといわれています。食事で摂った栄養分を体中に巡らせるために、ぜひ湯船につかりましょう。


(4)よく悩む、自分に厳しい

ストレスはPMSの大敵! PMSになりやすい性格として普段から良く悩む、我慢するタイプ、真面目で完璧主義、自分に厳しいなどが挙げられます。なんでもきちんとしっかりやって、誰からも文句を言われないようにと、自分で自分を見張っていませんか? これからもずっとお付き合いしていくのは『自分』です。ホッとするようなひと時や、ワクワクする出来事をあえて作ってあげてくださいね。


毎月やってくる憂鬱期間が少しでも楽になりますように。まずは解決策を1つ取り入れてみてはいかがでしょうか?


(生理前の不調(PMS)改善カウンセラー/管理栄養士・海老沢 直美)

    【あわせて読みたい】
    疲れやすい原因は食事前後のコーヒー!? 飲み方のコツとは?
    するべきことと、手放すべきこと。PMSを楽にする3つの習慣
    放っておいて大丈夫?生理を遅らせる原因3つ
    生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    【参考】
    PMSの症状を緩和するために知っておきたい食事とは? – ゼリア新薬工業
    成熟期女性のライフスタイルとPMSとの関連についての検討 – 日本女性心身医学会雑誌
    入浴でカラダ作り お風呂でリカバリー – バスクリン
    PMSになりやすいタイプ – 小林製薬

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    Most Popularランキング