LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

「ある行動」をしっかりするだけ!脂ギッシュなこってり頭皮を回避する方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ちょっぴり気分屋な春が過ぎ、ゴールデンウィークが終われば梅雨と夏が到来しますね。特にこの時期は、ヘアや頭皮にトラブルを感じやすくなります。
そこでトラブルを軽減するためにも、ぜひとも今から始めてほしい頭皮ケアがあります。何も難しいことではありません。いつもしている「ある行動」をしっかりとするだけです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

シャンプーで一番大事なこと。それは…

こってり頭皮を回避する頭皮ケア。それはいつも洗髪時に行っている『すすぎ』です。実はシャンプーという行為の中で、一番と言っても良いほど大切なのがすすぎなのです。詳しい話はまた別の機会にと思い、割愛しますが、

頭を洗う順番は

すすぎ→シャンプー→すすぎ→リンス→すすぎ

というのが一番スタンダードだと思いますが、シャンプーには“洗う”、すすぎやリンスには“流す”という概念があります。

もともとリンスは、シャンプーの成分が今よりずっと刺激が強かった時代に、その成分が残らないようにするため使用されるようになったものなんです。

つまり、しっかりと予洗いをしてシャンプーをし、しっかりすすぎきるということが大事だったのです。

確かに昨今のシャンプーは優秀ですが、流し残しがあったり、頭皮の皮脂が流れきっていない状態でコンディショナーなどをし、さらにきちんと流せていなければ……。想像できる通り、頭皮トラブルやニオいの原因にもなりかねません。

じゃあ具体的にどれくらいすすげばいいの?

それはずばり、『ぬるめの流水でしっかり頭皮をもみながら最低2分間』です。流し続けての2分間、もちろん頭皮だけです。ぜひやってみてください。

この2分間をものすごく長く感じる方も多いはずです。もし長いと感じたあなたは、今日から必ず気をつけて2分を目標にお流ししてください。きっと頭皮の軽さやトップのふんわり感が変わってくるはずです。


湿度も高くなり、気温も上がる季節がやってきます。こってり頭皮はオシャレ女子の敵。しっかりすすいでおさらばしましょう。


(スタイリスト・AIJI)

    【あわせて読みたい】
    「ノーシャンプー」習慣があなたの人生に余裕と美しさを与える。
    この春は #ハイ透明感カラー で上質な大人髪を楽しむ
    トリートメントよりも大切!美髪を作る条件はシャンプーだった
    第一印象が変わるほど目力UP!美髪までも作る「シリカ」とは?

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    美容家が使って良かった!進化したオーガニックヘアケア材
    パーソナルカラー別!“美人の法則”でピンクリップに挑戦
    【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
    30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら