LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

薄着の季節!わきの黒ずみの原因&自宅で出来るケア法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

初夏のような陽気を感じる今日この頃。薄着の季節ですが、そうなってくると気になる脇の黒ずみ。チラッと見えて「ハッ」となることはありませんか? 今年こそ、薄着になっても気にならない黒ずみレスなお肌作りを始めましょう。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

■黒ずみの原因はお肌にあるメラニン色素

『メラニン色素』という言葉をよく聞くと思いますが、人の肌の色を決めたり、有害なものから身を守るために発生します。

「日焼けするとシミになる」というのは日光に含まれている紫外線から身を守ろうとした結果、メラニン色素が過剰に反応し、シミとなってしまうのです。

メラニン色素は日焼けだけではなく、摩擦などの物理的刺激によっても活性します。

デリケートな部分は特に皮膚を守るためにメラニンの生成が盛んになります。脇は元々メラニン色素の多いエリアであり、黒ずみが目立ちやすい場所です。

メラニン色素の他にも、皮脂や古い角質などの汚れが毛穴に詰まったり、酸化して黒ずんだりすることも原因のひとつです。

(1)摩擦による刺激

体を洗う時や腕を動かす時なども脇の摩擦は起きています。気になるからといってゴシゴシ洗うのは良くありません。


(2)汚れが詰まる

毛穴に汚れが詰まって、ブツブツした脇になる方も。それはお鼻まわりの毛穴がブツブツする原理と同じです。
お肌が乾燥していたり、新陳代謝がうまく起きていなかったりする場合に起こりやすくなります。


(3)乾燥によるダメージ

意外かもしれませんが、脇が乾燥している方は多くいらっしゃいます。お肌が乾燥することで外からの刺激や摩擦を余計に強く感じ、皮膚を守ろうとしてお肌が分厚くなったり、くすみや黒ずみの原因となります。


■毛抜きによる自己処理はNG

脇の毛を毛抜きによって処理をすることでブツブツと毛穴が盛り上がってしまいます。脇の毛は他の毛に比べて根深いけれど皮膚は繊細なので、他の場所に比べてダメージを受けやすいのです。

なので、生きている毛を無理に引っ張ったり、抜いたりする刺激でお肌が炎症し、色素沈着を起こして黒ずみの原因となります。


■自宅で出来る黒ずみケア法

自己処理はむやみやたらに行わず、剃毛の場合はお肌を傷つけないように行いましょう。

(1)毎日化粧水をつける

脇も乾燥しやすい場所ですので、毎日化粧水をつけ、コットンを脇に挟んで5分置くなどの保湿を心がけましょう。


(2)美白パック

長年黒ずみに悩んでいるという方は、酵素パックやクレイマスクなどの角質を柔らかくし、古い角質を除去してくれるパックを週に1度ペースで行いましょう。パック後は必ず化粧水を塗布しましょう。


チラリと見えてしまった時にも恥ずかしくならないためにも、日頃から皮膚に過剰な刺激を与えないこと、パックや保湿をすることを意識してみてはいかがですか?


(エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ)

【あわせて読みたい】
コツコツ続けて毛穴レスな肌に!お家で出来る黒ずみケア
エステティシャンが教える!シートマスクの効果的なつけ方
花嫁さんも使用!ワキの黒ずみを改善する神アイテム3つ
マツエクの形別!マツエク愛用者に捧げるまつ毛美容液3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
心置きなくたっぷり使える!春の保湿に◎なプチプラケア4選
すっきり小顔で印象アップ!たるみフェイスライン改善エクサ
足のむくみとセルライト対策に◎誰でも簡単!麺棒マッサージ
正しい「呼吸」できている?簡単チェックと舌を鍛える顔ヨガ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング