LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

休日に作りたい!SNS映えするおしゃれでおいしい朝ごはん Vol.1

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

一日のはじまりに食べる「朝ごはん」。日中のエネルギーのもととなるのはもちろん、キレイなお肌作りやポジティブな気分になるためにも欠かせません。でも平日の朝はついドタバタと過ごしてしまう…という人は、朝ごはんを「休日のたのしみ」として位置付ければいいのでは? 普段できないことをゆっくり楽しむのが「休日」の醍醐味なのだから!

そこで今回から、休日にゆっくり作ってのんびり味わいたい「SNS映えするおしゃれでおいしい朝ごはん」を、フードコーディネーターの筆者がシリーズでご紹介します。第一弾は今注目の「シャクシュカ」レシピです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

■シャクシュカってどんなお料理?

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

「シャクシュカ」とはイスラエルの卵料理で、トマト、卵、スパイスをお好みのお野菜やソーセージなどと一緒に楽しむお料理です。数年前からじわじわと注目されている新しいお料理ですが、カレーやチャイなど、スパイス料理が大好きな日本人の口に合うこと間違いなし! 何よりフライパンひとつで簡単に作れて、そのまま食卓に出して食べられるのが嬉しいポイント。


■シャクシュカのおススメレシピ


<材料>2人分

・卵 2個

・ソーセージ4-5本

・トマト缶 1/2缶(約200g)

・赤パプリカ 1/4個

・ブロッコリー 適宜

・ニンニク ひとかけ

・オリーブオイル 小さじ1/2

・ナツメグ 少々

・ジンジャーパウダー 少々

・クミン 少々

・カルダモン 少々

・塩 少々

・黒こしょう 少々

・食パン 適宜


<作り方>

(1)ニンニクは皮、芯を除いてみじん切りにする。パプリカはヘタ、種を取って細切りにする。ブロッコリーは小さく刻む。

(2)フライパンにオリーブオイルをひき、弱火でニンニクを香りが立つまで炒める。次にパプリカ、ブロッコリー、ウインナーを入れサッと炒めたら、トマト缶とスパイス類をすべて入れて中火で1~2分加熱する。

(3)真ん中に卵を割り落とし、蓋をして蒸し焼きにする。卵は半熟くらいがおすすめ!

(4)出来上がったらそのままテーブルへ。スティック状にカットした食パンをつけて食べるとおいしいですよ。


<スパイス使いのポイント>

・スパイスの量はお好みに合わせて調整を。身体を温めてくれる『ジンジャーパウダー』は、体が冷えがちな女性におススメのスパイスです。『カルダモン』は清涼感のある風味なので、これから気温が高くなる季節には少し多めに入れるのがおススメです。


<インナービューティーポイント>

オリーブオイルには抗酸化作用の高い『ビタミンE』が豊富。トマトに含まれる『リコピン』やパプリカに含まれる『ビタミンA』や『ビタミンE』は油との相性が良いので、アンチエイジングや美肌作りに嬉しい栄養を効率よく体に吸収することができますよ。


おしゃれなスキレットでシャクシュカを作り、おいしいパンや季節のフルーツ、ヨーグルトなどと一緒に食卓に並べればSNS映えする華やかなテーブルに! 次の週末には、栄養バランスも整ったおしゃれな朝食で素敵な休日の朝ごはんタイムを楽しんでみてはいかが?


(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

    【あわせて読みたい】
    毎日ごきげんな「穏やか美人」でいるために、必要な栄養素とは?
    【写真付き解説】インスタ映えするフード写真の撮り方コツ3つ
    痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
    下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
    料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
    これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
    ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

    【参考】
    上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    Most Popularランキング