LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

#私のごきげん習慣「『朝活』でできる丁寧な生活」

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

仕事柄、エステ業界に美容ライターと、常に情報がたくさん入ってくる生活の中で、食べ物やスキンケアにも気を遣っているほうかもしれません。

でも、仕事とプライベートは別物、という時期もあり、美容にばかり重点を置いて、健康をおろそかにしていた時期もありました。若さでカバーできていた20代とは違い、やはり30代は土台の健康があっての美容。

中でも痛感しているのが、夜型生活から朝型にシフトし、体調がすこぶる良好なこと。私の#ごきげん美容 は「朝活」です。
とはいえ、アクティブなものではないのですが、朝じかんに余裕があるだけで日々の生活は変わると実感しています。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

■二度寝もスヌーズもなし。目覚ましをかけない生活

基本的に5~6時に目が覚めます。遅くても日付が変わる前には寝ているのですが、眠たくなれば22時に寝る時もあるし、目が覚めれば4時に起きることもあります。

遮光カーテンをわざと少しだけ開けておいて、外が少し明るくなると自然に目覚める生活。ですので、冬はちょっと遅め、夏は5時前に起きています。

目覚ましで無理に起きているわけではないので、朝いちから頭もスッキリ、身支度をしたらすぐメールのチェックや仕事に取り掛かることも。思考回路が停止しがちな夜に眠たい目をこすりながら仕事をするよりも、潔く早めに寝て、朝集中して行ったほうが効率が良いと思います。


■朝食前のお散歩

犬がいるので、朝食前に小1時間お散歩をしています。ゆっくり歩いているのでウォーキングの効果は得られていないのですが、ドローイングをしながら歩いたり、人がいないければ舌回しをしながら歩くことも。

私にとっては、お散歩は「ながら美容」をしたり、今日1日のスケジュールを立てたりする時間。その日のTo do リストを日々作っているのですが、時間の使い方がうまくなったような気がします。

仕事前に体力は使いたくない、という人も、丁寧に淹れたコーヒーやお茶をゆっくり飲みながら、その日のリストづくりをしてみては。仕事以外の“帰りに買って帰らないといけないもの”や“家事”もOK。リストがこなせた日は達成感があると思います。

気持ちに余裕があるスタートが切れ、1日の過ごし方がきっと変わりますよ。


■朝食はしっかり

夜は炭水化物を食べないので、朝起きた瞬間からお腹が空いていることも。時間に余裕があるので、朝食はしっかり食べています。

我が家は和食派で、理想としているのは、旅館の朝食。手作りの味噌や鶏ハム、塩麹漬けの魚、納豆など、朝からタンパク質をたっぷり摂っています。

午前中におやつを食べたいと思うこともないですし、昼食まで腹持ちも◎。朝食は1日のエネルギー源。しっかり食べることで、午前中から活動的に動けます。


すごい早起きだね、とよくいわれるのですが、以前は2~3時に寝て9時まで寝ているような生活でした。睡眠の長さはあまり変わっていないのですが、睡眠の質が良いので、疲れを翌日に持ち越すようなことがありません。

アクティブな朝活ではなくても、早起きをしてリズムを整えるだけでも、体調が上向きになることもあると思います。

急に生活サイクルを変えるのは難しいと思いますが、朝バタバタ慌ただしく過ごしている人は、今より少し早起きしてみてはいかがでしょう。余裕のある朝じかんを過ごすことで、気持ちにも余裕ができ、丁寧な生活が送れると思います。

【あわせて読みたい】
100円グッズでプロ級エステ!太もも痩せセルフマッサージ
うっとり脚をキープ!エステ講師が教えるむくみ解消マッサージ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方
ドラッグストアで手軽に買える!むくみに効く漢方薬3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お肌と時間に合わせて使い分け!1stステップコスメ3選
「乳液」使いこなせてる?肌も気持ちも柔らかになる乳液3選
美容研究家おすすめ!冬の肌に潤いをチャージするマスク4つ
すっきり小顔なフェイスラインのための厳選アイテム3つ
冬太りを撃退!美容家おすすめ引き締めボディケアコスメ3選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング