LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

役立つクレンジング辞典!全タイプと使用感をご紹介

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

クレンジングってたくさんの種類がありますよね。結局違いって何だろう? 私に合うものはどれ? と悩みどころ。そこで今回は、全クレンジングのタイプ別でそれぞれの使用感と効果をまとめてみました!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■洗い流すタイプ

・クリーム

マッサージをしながらゆっくりと落とすので、血行促進効果があります。クレンジング力が高いのでしっかりメイクをされる方でもOK。時間をかけることでお肌を労わっているというような満足感も得られます。
洗い上がりはしっとりしますが、摩擦に弱いお肌の方は避けたほうが無難。


・バーム

半固形。肌にのせると溶けるタイプになります。バターのようなイメージです。クレンジング力も高いのでクリームだと少し重たいかも、と感じる方にぴったりです。


・ジェル

みずみずしい清涼感のあるタイプが多いので、夏場に使用するとすっきり感が心地いい。洗い上がりはさっぱりします。油性感が苦手な方に。オイルフリーのものならまつエクをしている方にも◎!


・オイル

軽くなじませただけでスピーディーに且つ確実にメイク料を落としてくれます。しっかりメイクをされる方に、さっぱりとした洗い上がり感を好む方にもおすすめです。


・ミルク

やさしく落とすタイプ。洗浄力は高くないので、お肌が敏感になりやすい方やナチュラルメイクの方に。


■拭き取りタイプ

・ポイントリムーバー

目元や口元などポイントメイクを落とすタイプ。落としにくいアイメイクも素早く落とすことで色素沈着を防いでくれます。様々な種類のクレンジングの中で、最もクレンジング力が高いです。


・ローション

コットンに含ませて拭き取るタイプ。手に付いたメイク料を拭き取りたい時や急ぎのときにサッと使えて便利です。簡単・便利を好む方に。洗い流すタイプと違ってメイク料を拭き残しやすいので、日常使いはあまりオススメしません。


いかがでしたか? ぜひ自分に合うクレンジング選びの参考にしてみてくださいね。


(化粧品成分スペシャリスト・松倉 明日香)

【あわせて読みたい】
【#美金 vol.19】至福のクレンジングですっぴん美人へ♡
美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
口ポカンになってない?艶唇に導く“チューください”ポーズ
お肌と時間に合わせて使い分け!1stステップコスメ3選
「乳液」使いこなせてる?肌も気持ちも柔らかになる乳液3選
美容研究家おすすめ!冬の肌に潤いをチャージするマスク4つ
すっきり小顔なフェイスラインのための厳選アイテム3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング