LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

エステティシャンが教える!シートマスクのメリットと使い方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

つけるだけでしっとりと潤い、もちもちとしたお肌を叶えてくれる「シートマスク」。

保湿や美白など、お肌のお悩みに合わせて選ぶことができ、お値段もお手頃なものから高級なものまでさまざまです。

そこで今回は、シートマスクの種類から使うメリット、使用時の注意点や効果的な使い方まで、シートマスクに関することを全部まとめて、エステティシャンである筆者がご紹介します。

シートマスクをしている女性

賢く取り入れて、理想の肌を目指しましょう!

シートマスク・シートパックとは?

マスクをする女性

シートマスクの特徴

「シートマスク」や「シートパック」は、顔状の形をしたシートに美容成分が含まれているスキンケアアイテムです。

シートマスクには美肌を作るための美容成分が含まれているため、お肌に栄養をたっぷりと与えることができます。

毎日使用する方もいれば、ちょっと気合いを入れたい日やデート前などのスペシャルケアアイテムとして活用している方もいらっしゃいますね。

シートマスクの種類

個包装の使い切りタイプや、約1ヶ月分入っている大容量タイプなどがあります。

ドラッグストアやバラエティショップ、コンビニエンスストアや百貨店、インターネットなど、あらゆる場所で販売されています。

シートに含まれている美容成分やシートの素材によって値段もさまざまで、大容量で販売されているものだと1枚あたり数十円、個包装のもので1枚あたり数百円とプチプラなものから、1枚数千円の高級なものまであります。

シートマスクのメリット

肌がきれいな女性

シートマスクに含まれている美容成分によって美肌効果が得られることはもちろんのこと、他にどのようなメリットがあるのかご紹介します。

自分の肌にあったものが選べる

シートマスクには大きく分けて「保湿タイプ」「美白タイプ」「エイジングタイプ」のものがあります。

お肌は体調や環境によってコンディションが変化するので、その時々に合わせたシートマスクでケアをするようにすると良いですね。

乾燥肌・くすみ予防、潤いや透明感が欲しい時・・・保湿タイプ

ニキビ跡改善・シミ予防、美白力をアップさせたい時・・・美白タイプ

シワ・たるみ予防、ハリやツヤが欲しい時・・・エイジングタイプ

自分の肌に合わせて使い分けることができるのが嬉しいポイントです。

メイクをして寝てしまった後のレスキューアイテムに

うっかりメイクをしたまま寝てしまってお肌がカサカサに。そんな時の肌への水分補給スキンケアアイテムとしても使えます。

ながらケアとして使える

シートマスクは数分間お肌に乗せて美容液を肌に浸透させるタイプのものが多いですが、そのスキマ時間にダイエットエクササイズをしたり、家事をこなしたりと、ながらケアとしても使うことができるのでとても便利です。

シートマスクの基本的な使い方

シートマスクの基本的な使い方をご紹介します。

(1)クレンジングや洗顔などでお肌の汚れや皮脂をOFF

クレンジングをする女性

お肌にメイク汚れや皮脂汚れが残っていると、せっかくのシートマスクの成分が上手く浸透されない可能性があります。また、肌トラブルの原因になることもあるので、メイクや汚れはしっかりと落としてください。

まずはクレンジング料でメイク汚れを落とし、次に洗顔料で残ったメイク汚れや皮脂汚れを優しく丁寧に落としましょう。(※ダブル洗顔不要のものは、1度の洗顔で大丈夫です)

(2)化粧水をたっぷりお肌に浸透させる

スキンケア中の女性

シートマスクで保湿するからといって、化粧水を省いてシートマスクを乗せてしまう方もいますが、シートマスクの役割は美容液のようなものです。

水分のない乾燥したお肌に美容液を塗るよりも、化粧水でたっぷりと保湿をしてから美容液を塗る方が効果的であることは、わかっていただけるかと思います。
それと同じですので、必ず最初は化粧水を丁寧にたっぷりと重ねるように浸透させ、お肌の水分バランスを整えてからシートマスクを乗せましょう。

(3)パッケージの使用時間を守る

パックをする女性

マスクをつける際は、メーカーが推奨している使用時間を必ず守るようにしましょう。

「長くつけておいた方が効果が上がりそう」「マスクがまだ乾いていないから大丈夫」と長時間つけている方がいらっしゃいますが、マスクから美容液がなくなり蒸発すると、お肌にせっかく入った水分までもが奪われてしまい、乾燥の原因になってしまいます。

勿体無いという気持ちは分かりますが、必ず時間内には外すようにしてくださいね。

(4)乳液・クリームをなじませる

保湿ケアをしている女性

シートマスクを外した後は、必ず乳液やクリームで油分を補いましょう。水分量と油分量のバランスが取れてこそ、お肌のコンディションが整います。

化粧水、シートマスク、美容液は大半が水分。その水分を逃さないためには乳液、クリームを重ねてしっかりと蓋をするようにしましょう。

シートマスクの効果的な付け方

せっかくシートマスクを使っているのに「ただ乗せているだけ」になっていませんか? それではもったいない! 

より効果がアップするシートマスクの付け方をエステティシャンの筆者が伝授します。

STEP1

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

お顔の中心とマスクの中心を揃えてお肌の上に乗せます。

STEP2

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

眉頭、目の下、小鼻、口角、顎と抑えて矢印に向かって貼り付けます。

STEP3

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

フェイスラインや頬をこめかみに向かって持ち上げるように固定します。

STEP4

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

写真のようにできるだけ、お肌とシートマスクがピッタリ密着するように、少し上に持ち上げるように乗せることがポイント。フェイスライン、頬を少し持ち上げることでキュッと毛穴が締まり、フェイスラインのたるみ予防にもなります。

シートマスクを使いこなすワンポイントアドバイス

スキンケアする女性

(1)あらかじめ冷蔵庫で冷やしておく

シートマスクを事前に冷蔵庫で冷やしておくと◎。お風呂上がりに化粧水をつけた後、冷たいシートマスクを乗せることでほてりを沈めたり、毛穴の引き締め効果が期待できたりします。

(2)シートマスクのベストタイミングは「入浴後」

入浴後は毛穴が開いてメイク汚れも落ち、血液循環もよくなっているので浸透させるためにはベストタイミング!

目元や法令線など専用の美容液をお使いの方はシートマスクを乗せる前に部分的に塗るのもオススメ。

(3)シートマスクにラップをONして保湿

空気が乾燥しているとシートマスクも乾燥しやすいので、ラップを乗せて乾燥しにくい状態にしましょう。

シートマスクをした上から(鼻と口は開けておく)ラップを乗せます。スチーマーなどをお持ちであれば、スチーマーを当てながらでも良いですね。

スチーマーを当てて、シートマスクがうるおっている状態でも、シートマスクを乗せる時間はパッケージに書かれている時間を目安にしましょう。

(3)特別な日だけではなくデイリー使いにも使い分ける

特別な日の前日や、週末のスキンケアアイテムとして使われることも多いシートマスクですが、デイリーアイテムとしても使えます。

たまに使うよりも、毎日のアイテムとして使うことで、お肌の透明感やツヤ感、お肌のコンディションは確実にアップします。

毎日使うとなるとコストもかかりますので、デイリー使いは大容量のプチプラシートマスク、週末やデート前日、ご褒美DAYには高級マスクと使い分けてもいいですね。

目元の小じわ、口元のカサカサなど、潤いがほしい場合は保湿タイプのシートマスク、くすみやシミ予防、美白力を高めたい場合は美白タイプのシートマスクを選びましょう。

(4)使い終わったシートマスクを絞ってみて

使い終わったシートマスクをすぐに捨てていませんか? ぎゅっと絞ってみると美容液が出てくることもあります。

シートをつけたあとのお肌になじませたり、首や手の甲、腕や肘、足などの乾燥している部分につけてもいいですね。

また、マスクが入っていた袋にも美容液がたっぷりと残っていることがあります。そのまま捨ててしまうのは勿体無いので、袋を折りたたんで、絞り出して使用すると良いでしょう。

シートマスクの選び方

美肌の女性

コラーゲンやヒアルロン酸、プリテオグリカンやプラセンタ、EGF、ローヤルゼリーエキスなどの保湿成分、ビタミンC誘導体やアスタキサンチン、トラネキサム酸やプラチナ、4MSKやアルブチンなどの美白成分、コエンザイムQ10やフラーレン、甘草エキスなどのエイジング成分といった美容成分が含まれたシートタイプのマスクやパックがありますので、パッケージや商品説明を参考に「自身の肌に欲しい美容成分のもの」を選んでみると良いでしょう。

下記ではおすすめのシートマスクをご紹介します。

フェイスマスク ルルルン

ルルルンONE

ドラッグストアやバラエティショップ、公式サイトなどでも販売されており、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 

ルルルンシリーズはシートが厚めでしっかりしており、美容液がたっぷり含まれていることが特徴です。

毎日使いのフェイスマスク「レギュラーシリーズ」にはうるおいタイプ、高保湿タイプ、透明感タイプがあり、「エイジングシリーズ」には濃縮保湿タイプ、徹底透明感タイプなどがあります。

他にもアロマの精油配合の「ルルルンプラスシリーズ」、マイクロオイル製法の「ルルルンONEシリーズ」、ご当地原料を使った地域限定「プレミアムルルルンシリーズ」など種類も豊富です。

シリーズによっては約1ヶ月分入っている大容量のもの、個包装のものなど豊富なので、使い分けにも便利。

お値段もお手頃で、プチプラシートマスクの中でもダントツで安定感がある印象です。

デイリー使いもスペシャル使いもこの中で選べるほど充実しています。

(※写真はルルルンONE)

メラノシールドマスク/HAKU

30ml 上用・下用各1枚入り 1,500円(税抜)

HAKUメラノシールドマスク

美白有効成分である「4MSK」と「m-トラネキサム酸」と保湿成分である「シグナルシューター」が配合されています。

2種類の美白有効成分がシミができやすい部分にアプローチ。メラニンの抑制と排出を促しながら、透明感のあるお肌に導きます。

顔の上下に分かれているタイプのシートマスクなので、シミの現れやすい頬からこめかみまでしっかりと包み込むようにカバーできるようになっています。

シートの質感もしっかり厚めで美容液がたっぷり含まれています。美白ケアしたい時、ニキビ跡などの赤みを改善したい、シミ予防したいという方におすすめです。

少々お値段が高いので、デイリーはビタミンC誘導体の入ったシートマスクにして、月に数回スペシャルケアとして使うのが良いでしょう。

モイスチャーシートマスク/エイジングラボルテ

3枚入り 1,800円(税抜)

薬剤師が開発したナタデココのようなプルプル質感のゲル状シートマスクです。

精密な3Dネット構造なので、お肌にピッタリとくっつくような密着感があります。

コラーゲンよりも優れているといわれている「水溶性コラーゲン」をはじめ、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、ヒメフウロエキスなど、保湿効果が高く、お肌の弾力をアップさせてくれる効果のある成分がマスクの中にギュッと閉じ込められています。

保湿力がとても高く、いつも使用した後にお肌の透明感やうるおい感が復活したかのように感じます。

1枚あたり数百円で購入できます。3枚入り、5枚入り、10枚入りや定期購入のコースもあるので、ご自身の取り入れたい頻度で購入できるのもオススメです。

ゴールドキャビアコラーゲン マスクシート/スキンフード

35g 800円(税抜)

ゴールドキャビアコラーゲン マスクシート

コラーゲン、キャビアエキス、ゴールドが含まれているリッチなシートマスク。

マスクの厚みがしっかりとしていて、美容液も袋に余るほどたっぷり入っています。つけているだけでとっても贅沢な気分になれる、満足度の高いシートマスクです。

お肌の透明感、潤い感がアップすることはもちろんのこと、テンションを高めたい、頑張っている自分にご褒美したい時などにもおすすめのシートマスクです。

お値段少々お高めですが、その価値は充分あり。ぜひ試してみてください。

シートマスクを使用するときの注意点

肌を触る女性

(1)肌に合わないシートは使わない

シートマスクをのせてしばらく置いていたら、お肌がピリピリとしてきた……。なんて経験はありませんか。

そのまま使用を続けると、赤みや肌荒れの原因に繋がりかねません。

出したばかりのシートを捨てるのは勿体無いとは思いますが、そこはお肌のためを思って控えてください。

(2)パッケージに書かれている使用法を守る

朝専用のパックを夜に使用したり、パッケージに記載されている使用時間を守らなかったりなど、自己流で使用すると、せっかくの効果が得られないことも考えられます。

メーカー推奨の使用方法で正しく使用して、パックの美容効果を充分に取り入れるようにしましょう。

(3)肌荒れ、肌トラブルがひどい時は使用しない

シートマスクは、肌荒れを改善するアイテムではありません。赤みや炎症、肌荒れがひどい時はシートマスクは控えておきましょう。

化粧水、乳液をたっぷりとなじませてクリームでしっかりと守るシンプルな保湿スキンケアでお肌を整え、お肌の状態が落ち着いたら使用するようにしましょう。

まとめ

さまざまな種類のものがあるシートマスク。
ドラッグストアやバラエティショップ、百貨店やインターネットでも気軽に購入できるので、自身のお肌のお悩みや、なりたい肌に合った美容成分が含まれているものを選びましょう。

また、好みのシートの質感や素材を見つけて、その時々に使い分けたり、日頃のスキンケアアイテムや特別なスペシャルケアのアイテムの一つとして取り入れてみるのもいいですね。

活用する際の注意点やワンポイントアドバイスなどを参考に活用して、美肌力を高めてみてはいかがですか?

ライタープロフィール

エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ

某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。

【あわせて読みたい】
顔のパック・シートパックの正しい使い方と効果を高める方法
紫外線に負けない美白肌は、朝の「リコピン」でつくる!
美白効果絶大!肌に優しいオーガニックホワイトニング3選
寝ている間に美容成分がじんわり浸透!おすすめスリーピングパック3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

【参考】
フェイスマスク ルルルン
HAKU メラノシールドマスク – 資生堂
モイスチャーシートマスク – エイジングラボルテ
ゴールドキャビアコラーゲン マスクシート – スキンフード

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら