LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

だから痩せない!?成功率の低いダイエット方法4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

友人から「これをやったら痩せた」という話を聞いたり、新しいダイエット方法を見つけたりしたら試したくなっちゃいますよね。……でも続かなかったという経験はありませんか? それは無理のあるダイエットだったのかもしれません。今回は上手くいかない成功率の低いダイエット方法を4つご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


■ひとつの食品にたよる

単品の食品だけを食べ続ける、というダイエット方法を試したことはありますか? どんなにカロリーが低くても、体に良い成分が含まれていても、単品を食べ続けるダイエットは飽きやすく、途中で嫌になり長続きしません。また、栄養的にも偏り、キレイに痩せることが難しくなります。


■食事だけを減らす

食べる量を少なくすると、面白いように体重は落ちると思います。でも、脂肪以外の骨や筋肉など体に必要な組織まで痩せてしまいます。食べる量を戻したときには、エネルギーの代謝を助ける筋肉が少なくなりますので脂肪だけが以前よりも増えてしまい、ダイエット前よりも痩せにくくなる恐れがあります。


■短期間で痩せすぎる

ダイエットは短期間で体重を落とし過ぎてもいけません。体に負担が掛かり、気力や体力が落ちたり、肌荒れや髪のパサつきなどが起こりやすくなる原因にもなりかねません。
理想は、6ヶ月~1年間で今の体重の5%~10%を目標に減らすことです。例えば、体重が60㎏の方なら3kg~6㎏になります。このゆるい設定こそが、ダイエットを成功に導きます。目標を厳しく設定しないようにしましょう。


■自己流のダイエットを実践する

自分にとって都合の良い部分をチョイスしている方を見受けられます。例えば、糖質制限ダイエットを始めたのに、朝スムージーダイエットと聞くと、朝だけスムージーにしてしまう。スムージーは意外に糖質を多く含んでいますので、低糖質ダイエットには向かないメニュー。バランス良く食べて一日の摂取カロリーを制限するダイエットなら、朝をスムージーにすることで、一日の摂取カロリーを少なくできます。しかし、それを組み合わせることで、実は逆効果になることもありますので、自己流ダイエットはやめましょう。


ダイエットはとてもシンプル。食べた量よりも活動したエネルギーが多ければ痩せる、少なければ太るだけです。自分の生活を振り返って、ファジーな目標でストレスのかからない長続きするダイエットをしてくださいね。


(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

【あわせて読みたい】
生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
「怠け尻」になってない?朝晩の尻トレで上向きヒップに
今年こそ太ももホッソリ&くびれを手に入れる!美脚エクサ
ダイエット中でも美バストキープ!美胸メイクのメソッド3つ
正しく知っていますか?ダイエットに役立つもち麦の食べ方
ダイエットの強い味方!血行がUPする「牛の顔のポーズ」

【参考】
健康的なダイエット:適切な体重管理で、健康づくりをしよう! – 厚生労働省

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング