LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

生理前の症状を落ち着かせる。PMS対策ハーブティー5選

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

生理前になるとイライラする、気分が落ち込む、食欲が増す……。そんなPMS(月経前症候群)の症状にお悩みの方は多いのではないでしょうか? そんなお悩みを和らげるといわれているハーブがあります。
今回はそんなPMS期間に飲んでほしいハーブティー、「レモンバーム」「ジャスミン」「カモミール」「マテ」「ペパーミント」をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■PMS対策ハーブティー5選

・レモンバーム

レモンバームはレモンのような香りが特徴的なミントの仲間です。「シトロネラール」や「シトラール」という成分が、心を落ち着けたり、頭痛や腹痛などを緩和するという効果が期待できるといわれています。ホームセンターなどで苗も手軽に購入でき、寒さに強いので真冬の外に放置しても、また次の年にたくさん収穫できるんです。ハーブ初心者におすすめ!


・ジャスミン

ジャスミンの魅惑的な香りがリラックスさせたり、気持ちを上げてくれるといわれています。一般的なジャスミン茶は、緑茶にジャスミンの花の香りを移したものなのでカフェインは含まれます。カフェインを飲むと眠れなくなる方は気を付けてくださいね。


・カモミール

リラックス効果があり、不眠や不安を落ち着かせる効果が期待でき、風邪の引きはじめにも飲むと良いといわれています。カモミールは花そのものを使用しているので、キク科のアレルギーがある方は注意してくださいね。


・マテ

マテはカルシウム、亜鉛、鉄、食物繊維を含み、「飲むサラダ」ともいわれています。生理前はついついジュースにお菓子のドカ食いなど、食が乱れがちです。そんな時はまず、飲み物だけでもマテ茶にしてみてはいかがでしょうか?


・ペパーミント

ペパーミントの清涼感ある香りには、精神を落ち着かせる効果があるとされています。また、肌の水分と油分のバランスを調節する働きがあるため、ニキビを防いだり肌の調子を良くする効果も期待されています。生理前になるとニキビができやすくなったり乾燥しやすくなったりする方におすすめです。


色々試してみて自分のお気に入りを見つけてくださいね。PMS期間をハーブの力を借りて乗り切りましょう!


(生理前の不調(PMS)改善カウンセラー/管理栄養士・海老沢 直美)

【あわせて読みたい】
3日遅れたら要注意!生理を遅らせる原因3つ
生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物
アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密
手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ
美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方
アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
※ジャパンハーブソサエティ 著(2013)『ハーブの教科書』(草土出版)
梅原亜也子 著(2016)『新版 これ1冊できちんとわかるアロマテラピー』(マイナビ出版)
佐々木薫 著(2015)『症状別でわかりやすい! はじめてのハーブティーの教科書』(PHP研究所)
マテ – わかさ生活
ペパーミント – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング