LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

メイクのマンネリ解消!なりたい自分になれる簡単チークテク

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「最近のメイク、マンネリ気味かも……。」
毎日のように行うメイクは、流れ作業になりがちで飽きてくることもありますよね。雰囲気を変えるには新しいコスメを買わなきゃ、と思っていませんか? それも方法のひとつですが、もっと手軽にできる方法があります。それはチークの入れ方を変えてみること!
そこで今回は、元美容部員の筆者が“小顔クール”・“ふんわりフェミニン”・“カジュアル”とそれぞれの雰囲気が出せるチークの入れ方をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■小顔クール

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

こめかみの少し下あたりから口元に向かってチークをいれましょう。縦を強調することでシュッと引き締まっているような印象を与えます。
クールなイメージに仕上がるだけでなく、ふっくら頬もカバーできて小顔効果が高まりますよ。


■ふんわりフェミニン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

小鼻の横と目の下あたりを目安に、丸くチークを入れましょう。鼻より下につけてしまうと顔が大きく見えてしまうので気をつけてくださいね。ふんわり血色感のにじみ出るキュートな頬になります。


■カジュアル

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

頬の高めの位置に横長にチークを入れます。両頬のチークをつなげるようなイメージで鼻にも薄くオン。濃くしすぎると奇抜になってしまうので、少しずつ塗るのがポイントです。オレンジ系にすると日焼けしたようなヘルシー頬に、レッド系にするとほろ酔い感が出せます。


毎日のメイクに飽きてきたら、チークの入れ方を変えたら新しい自分に出会えるかも!? ぜひお試しあれ。

(美容ライター・松倉 明日香)

【あわせて読みたい】
つけすぎちゃった!おてもやんチークのお直し方テク
絶対に崩れない!美容ライター溺愛の最強下地6選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ
30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ
おしゃれ度がアップ!メイクとファッションのリンクのさせ方
イタくない!大人可愛くなれる「ピンクアイシャドウ」3選
肌悩み別、くすみを払拭して透明感をアップするチーク4選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング