LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

逆にお肌に悪い!?お風呂でやりがちな3つのNG洗顔習慣

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

少しずつ春の陽気になりつつありますが、まだまだ肌の乾燥が気になるところ。お手入れをしっかりやっても「うるおいが足りない……。」と感じている方は、洗顔方法が間違っているのかも。
体や髪を洗うときに洗顔をする方も多いと思いますので、今回はお風呂でやりがちなNG洗顔についてご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(1)シャワーで洗顔

洗顔後、手にお水をくんでバシャバシャと流すよりもシャワーで洗い流した方が肌に負担が少ないと思っていませんか? 実はシャワーは水圧が思った以上に強く、ボディには心地よい強さですが、顔には向かないのです。強すぎる水圧が肌の一番上の層である、“角質層”を傷つけてしまう恐れがあります。角質層は肌の水分を保持する役目もあるので、シャワーを当てすぎると肌が乾燥しやすくなるといえます。
シャワーを使うときは、温度を下げて手のひらに水をためてそっと洗いましょう。


(2)ボディーソープで洗顔

みなさんはどんなボディーソープを使っていますか? ラベンダーやローズなど、好みのボディソープの香りに包まれるとバスタイムも楽しくなりますよね。体を洗うついでにボディーソープで顔も洗ってしまう、という方も中にはいるのでは。しかし、それは肌のうるおいを奪ってしまう原因になりかねません。
ボディーソープは体の汚れを洗い流すのに適していますが、顔を洗うには洗浄力が強め。顔には洗顔料を使いましょう。


(3)熱いお湯で洗顔

熱めのお湯で洗えば顔の汚れが落ちやすくなると思っていませんか? 今の季節は夏の気温よりも少し高めの温度、だいたい42度くらいが温かくて気持ちが良いと感じます。でもその温度の水で洗うと、皮膚に必要な油分や肌を保護している保湿成分を洗い流してしまいます。
洗顔に最適な温度は32~36度といわれています。「ちょっとぬるいな」と感じる温度でOK。乾燥を防ぐためにも、蛇口のぬるま湯でそっと洗いましょう。


今日のケアが明日の美肌をつくります。3つのNG洗顔法にひとつでも当てはまった人は、洗顔方法を見直して、肌のうるおいをキープしていきましょう。


(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

【あわせて読みたい】
冷水もNG?元美容部員が教える!正しい洗顔ポイント4つ
美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
夕方のお疲れ顔にギョッとしたら!オフィスで出来る顔ヨガ
老け顔の原因は顔のコリ!?老け見えポイントとコリほぐし法
鏡がタイムマシーンに!自分の「10年後の顔」チェック法
「笑顔の癖」がシワを生む!?老け見えポイントと顔ヨガ2つ
口ポカンになってない?艶唇に導く“チューください”ポーズ
お肌と時間に合わせて使い分け!1stステップコスメ3選
「乳液」使いこなせてる?肌も気持ちも柔らかになる乳液3選
美容研究家おすすめ!冬の肌に潤いをチャージするマスク4つ
すっきり小顔なフェイスラインのための厳選アイテム3つ
冬太りを撃退!美容家おすすめ引き締めボディケアコスメ3選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング