LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

ポカポカあたたまる♡美味しい「ジンジャーワイン」レシピ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

日中は暖かい日も増えてきましたが、朝晩はまだまだ冷えますよね。冷えを感じる時に食べたい「しょうが」。身体を温める作用があるしょうがは、もはや日本人女性には1年中食べて欲しいくらい。
筆者は寒い季節にはよく「ジンジャーワイン」を飲みます。温めて飲むと体の芯から暖かくなりますよ! 今回はおうちで作る簡単ジンジャーワインレシピをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■簡単ジンジャーワインの作り方


<材料>

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

・しょうが・・・ ひとかけら

・はちみつ・・・ 大さじ3(もしくは好みの量)

・シナモンスティック・・・ 1本

・八角・・・ 1〜2個

・赤ワイン・・・ 1本(ワインは安いもので大丈夫です。)

・水・・・ 200cc

・ホットワインのもと*・・・ 2~3パック(筆者はカルディコーヒーファームで買いました。)

*この他にも、ポンパドールのものもオススメです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

ポンパドール グリュー (ホットワイン用) 15p/カルディコーヒーファーム ¥432(税込)


<作り方>

(1)小さなお鍋にカップ1杯分(200cc)の赤ワインと水、はちみつ、しょうが、シナモンスティック、八角、ホットワインのもとを入れて15〜20分くらい煮込みます。(沸騰させないように気をつけましょう。)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

20分くらいすると、しょうががピンク色になってきます。

(2)(1)の熱が冷めたら、大きめの容器に残ったワインと(1)を入れて軽く混ぜて完成。冷蔵庫で保存すれば1ヶ月くらいはもちます。

冷えた状態で飲んでも、もう一度温めて飲んでも美味しいですよ。寒い冬はホットで飲むと体の芯からあたたまります。甘さがもう少し欲しい場合は、はちみつを好みで追加して飲んでも美味しいですよ。


■美味しくつくるコツ


時間が無い時は…

赤ワインとホットワインのもとのティーバックのみを煮込むだけでも作れますが、しょうがやシナモンなどのスパイスと一緒に煮込んだ方が断然美味しく仕上がります。


一度「しょうが」を煮込むのがミソ!

ワインに生のしょうがをそのままスライスして入れると、しょうがの辛さが強く出てしまいます。しょうがは煮込めばまろやかな味になります。これは美味しいジンジャーワインを作る上での大切なポイントです。しっかりと煮込みましょうね、


冬の間だけでなく、1年中オススメできる「ジンジャーワイン」。これを飲んで、冷え知らずの美人BODYを目指して下さいね。


(フィットネス美トレーナー・MIKA)

【あわせて読みたい】
飲む点滴で美肌になろう♡米麹を使った甘酒の超簡単レシピ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物
アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密
手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ
美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方
アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
ポンパドール グリュー (ホットワイン用) 15p – カルディコーヒーファーム

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング